Webライターになるには

Webライター必見!Webライティングの基本とは?

Webライターは特別な資格が必要なく、だれでも気軽に始められるということで注目を集めていますね。しかしWebライティングにも基本となるルールが存在します。今回はWebライティングの基本について見ていきましょう。

文章を書く事ならば特別な技能は必要ない、誰にでもできることだと思われますが、実は文章を書くのにもコツがあるのです。誰かに読んでもらうのですから読みにくい文章よりも読みやすい文章の方がいいですよね。

一口にライティングと言ってもどの媒体に記事を書くかによって、どのような文章が求められるのかが変わってきます。Webコンテンツで求められる文章の特徴は「簡単であること」「短時間で読めること」が中心のポイントになっていきます。

この記事ではWebコンテンツで求められる記事の書き方について基本から説明していきます。Webライティングを始めてまだ日が浅い、どのようにライティングの仕事をすればいいか分からないという方は、まずこの基本のポイントを押さえることを意識してWebライティングを始めてみましょう。

Webライティングの基本

根拠のある証拠を示す

昨今のネット社会、Webメディアというだけで真偽を疑われることもあります。そんな状況を避けるためにも根拠となる情報を明らかにしましょう。その際気をつけなければいけないのは出典元のリンクをしっかり張ることです。

ひとりよがりな文章はWebライティングでは必要とされていません。参考となるものが複数あると情報の信頼性はぐっと高まります。なにか情報を提示する際は、参考となる資料や具体的な例をを明示しましょう。

結論ファースト

Webライティングの基本のひとつは「結論を最初に持ってくる」ことです。Webページにアクセスする際、読者は何を求めているでしょうか、自分が調べ物をするときにアクセスしたページをどのように閲覧しているか思い出してみましょう。検索した言葉についての情報がすぐに欲しいですよね。

欲しい情報にたどり着くまでに前置きが長いと、多くの読者は途中で飽きてしまいます。結論が先に書いてあることで、詳しい情報も読んでみようという気持ちになるので、結論はもったいぶらず最初に書いてしまいましょう。

また、ライティングする側にとっても最初に結論を書くことはメリットになります。最初に何を書くか宣言することで、横道にそれてしまうことを防ぐことができるからです。

ユーザーに対してメリットを提示する

例えばなにかの商品について検索した場合、まずどのような結果が出てくるでしょうか。その商品を使った場合に生じるメリットですよね。自分が探し物をしている時のことを考えましょう。悪評よりも良い評判を求めて検索することが多いかと思います。魅力や美点について書くことで読者の読後感も◎です。

写真やイラストなどを活用する

文字だけの情報は味気なく、寂しい気持ちになりませんか?なにか商品を紹介するページであれば、実物の写真があった方が情報を求めている方にとっては嬉しいですよね。さらに文字だけでは読者の想像力に頼ってしまうことになり、誤解が生じてしまう可能性もあります。

写真やイラストを使い、イメージの補助をすることで読者に分かりやすいページを作ることを意識しましょう。その際気をつけなければならないことは著作権です。著作権を放棄しているサイトなどもありますが、写真でもイラストでも使用するときはまず使いたい画像の著作権についてチェックしましょう。

著作権の侵害にならないよう気をつけながら、写真やイラストを活用してください。

1日経ってからチェックする

書き上げた記事はまずすぐに誤字、脱字等が無いかチェックするのは当然ですが、一日経ってからもう一度チェックします。書き上げた直後は一仕事を終えた満足感と高揚感でどうしてもミスを見落としがちになるので、一日程時間を設け冷静な状態で読み直してみましょう。

そうすると、書き上げた直後読み直した時には気がつかなかったミスや、もっと良い表現があると気がつくこともあります。ぜひ一日程度時間を置いて、原稿を読み直してみましょう。

一文を短くする

文章は短く区切りましょう。Webコンテンツはパソコンやスマートフォン、タブレットと色々な機器で読まれます。パソコン上では一行分のつもりで書いていてもスマートフォンから見ると、どうしても行数が多くなってしまい、見にくくなってしまうのです。

情報を大量に並べる時は箇条書きに整理するとよいでしょう。要点が分かりやすくなります。

あまりやりすぎると逆効果になってしまいますが、一文が長くなるようなら文の切れ目(いつ、どこで、だれが、どうした等)を意識して句読点を入れると読みやすくなります。

またプレビュー画面で3行以上文が続くようなら文章を分ける、くらいを目安にするとよいでしょう。可能ならばパソコン、タブレット、スマートフォンそれぞれでプレビュー画面を確認してみるとより読みやすい画面作りができますね。

小見出しをわかりやすくする

見出しはその後に続く文章の要約、とも言いますね。小見出しの内容で続く文章の内容がある程度把握できると、読者も情報の取捨選択がしやすいです。

だからと言って、見出しの内容にあるからといって本文で主語を省略するのはよくありません。主語がはっきりしない文章は理解しにくくなってしまいます。あくまで小見出しは小見出し、本文は本文と考えましょう。

小見出しはそこで伝えたいことを一言でいうとどうなるのか、を意識すると考えやすいでしょう。普段目にしているWebコンテンツは、どのように小見出しを作っているかを意識しながら読んでみると、自分で小見出しを考える時のよい訓練になりますね。

改行を上手く使用する

一文が短くても文章が何行も続くと読者にとってストレスになってしまいます。日本人は横書きで書かれた文章を読むことに慣れていません。内容に一区切りついたら改行を心がけましょう。また、見出しで一つの話題が終わった後にも一行改行を入れることで読みやすくなります。

プレビュー画面を確認しながら、ちょうどよい「間」を取れているか見てみましょう。文章であれば35行に一度ほどを目安に改行を入れると見やすいです。

指示代名詞を多用しない

それ、あれ、これなどの指示代名詞はあまり多用しないようにしましょう。読者は文章の必要なところだけを読んでいる場合が多いです。指示代名詞が多いと、該当する部分を探す手間を読者に与えてしまいます。

同じワードがあまりにも何回も出てきてしまうと逆に回りくどくなってしまいますが、指示代名詞の使用はなるべく控え、どこから読んでも意味が通る文章を目指すとよいでしょう。

簡単な表現に言い換える

難しい表現は避け、できるだけ簡単な言葉で表現しましょう。Webライティングではだれにでも分かりやすい文章を書くことを求められます。読者の読解力によらず、より多くの人に理解してもらえる文章とはどういうものでしょうか。

Web上の読者は年齢層も読解力も限定されていません。ですから難しい言い回しや漢字は避けた方がいいです。

しか記事の内容によってはどうしても専門用語を使わなければならない場面が出てきますよね。そのようにどうしても必要な場合は、用語については簡単な説明を入れる、漢字の場合は読みがなを添えるなどの配慮をするとよいでしょう。

キーワードを前方に入れる

ページ全体のキーワードは前方に入れるようにしましょう。SEO(検索エンジン)対策、という点を意識したライティング技術は、Webライティングの世界において必須とも言われています。

タイトル、見出しに加え本文の前方にキーワードを入れることによって、このページはこのテーマを扱っているということを検索エンジンに認識してもらうのです。あとは書いている内に自然とキーワードは使うことになりますので、キーワードを意識しすぎて不自然な文章にならないよう気をつけてください。

同じ語尾は連続で使用しない

~です。なので~です。のように同じ語尾を連続で使うのは避けましょう。同じような語尾が続いてしまうと、どのように感じるでしょうか。なんだか機械的で、読みにくい文章だと感じませんか。

文章にはリズムがあります。~です。以外にも~ます。や、~でしょう。など少し語尾を変えるだけでもぐっと読みやすさが変わってきます。読み直してみて違和感があるようだったら、文章に合う範囲で語尾を変えてみるとよい文章になるかもしれません。

トーン&マナーは統一する

語尾を変えると読みやすくなる。という話をしましたがそこにも最低限度のルールがあります。例えば、~です。~ます。という文体で書いている文章の語尾をいきなり~だ。~である。のような文体に変えるのはよくありません。

このように柔らかい文体なら柔らかい文体、固い文体なら固い文体で文章の雰囲気を統一することを「トーンの統一」と言います。

また、こと・事、もの・物などの表記ゆれはマナーとしてよくないので読み返す時の一つの目安にするとよいでしょう。

コピペはしない

「コピペ(コピー&ペースト)」とは他のサイトの文章からコピーしたものをそのまま自分のコンテンツに使用することです。コピペはしない、これは最低限のルールですね。自分の言葉で書きましょう。

多くの会社は納品の際にコピペチェックツールというものを使用しています。この部分で引っかかってしまうと、納品を拒否され修正することになります。コピペをしたつもりはないのに機械の判断でコピペ判定されてしまう場合もありますが、その場合は仕方ないと割り切って書きなおすしかないです。

また、どうしてもこの文を使いたい、という場合は「引用」をしましょう。他の媒体のものを引用する際は引用であること、引用元をはっきり明示すること。これでコピペではなく引用として堂々と同じ内容の文章を使うことができます。

しかし、だからと言って引用ばかりではあなたの書いた文章とは言えません。引用は必要な部分だけにし、自分の文章で伝えるのが大切だということを頭に入れておいてくださいね。

まとめ

Webライティングの基本について理解することができたでしょうか。こうして書きだしてみると、簡単なように見えて実際はたくさんのルールやマナーがあることが分かりますね。 しかし上記の項目を守ることである程度は原稿の質を保証することができます。クライアントの求める最低限の原稿を作成することはできるでしょう。

これらのルールを見てみてみなさんはどのように思いましたか?こんなにやることが多いなんて無理!大変だ!と思ったでしょうか。たくさんルールを並べてきましたが、実際これらを完璧に守った原稿を初心者がいきなり作るのは難しいです。これらのことは一度に身につくものではないのです。

では、これらのルールを守りながら原稿を作れるようになるためにはどうしたらいいのか?答えは単純です。「とにかく書くこと」、世の中にあるスキルのほとんどが一朝一夕で身につくものではありません。同じように文章も書くことが上達への近道です。世のスキルと同じように文章も書けば書くほど上達していくものなのです。 最初は覚えることや守らなければいけないことが多くて大変だと感じるかもしれませんが、多くの案件をこなしていくうちに自然と身について行くでしょう。まずは多くの案件に触れ、着実に原稿を仕上げることでスキルアップをはかっていってください。

ライターステーションには豊富な案件が揃っており、安定して仕事を受注することができます。自分のレベルにあった案件を紹介してもらえるので、ライティングは初心者という方も安心して取り組むことができます。

また、担当の編集者がつくので、自分の原稿に対してのフィードバックがしっかりとしているのも魅力のひとつです。人は自分の弱点についてなかなか気づきにくいものです。まだ原稿作成に慣れていない内は、自分に何ができていて何ができていないかを知るのも難しいですよね。ライターステーションでは担当編集の方から足りない部分を指摘してもらいながら原稿を作っていくことができます。安心してライティングの技術を伸ばしながら、お仕事をすることができます。

タグ:
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : takizawa