Webライターになるには

Webライターがブログを運営するメリットとは?

ブログを書いているWebライターは数多くいます。ブログは、ただの情報発信のツールだけではなく、ライターの知識やスキルを披露する場ともなり得るからです。

本記事では、Webライティングをスキルアップさせる方法について詳しく解説していきます。

Webライターがブログを書く理由とは?

Webライターとは、文字通りWebに載せる記事の原稿を書く人のことです。

何千・何万もの記事を書き続けている有名なWebライターもいれば、昨日今日始めたようなWebライターもいます。

そのうえ、Webライターになるには特別な資格が必要な訳ではありません。「自分はWebライターだ」と名乗り出た時点でWebライターとなります。

そんな実態の分からないライターもいる中で、自分の実力を示す手段の1つがブログです。

ブログを運営するメリット

ライティングの練習ができる

Webのブログはどれくらいの頻度でアップされているのでしょうか。毎日書く人もいれば、1週間に1本程度という人もいれば、中には数か月に1本という人もいます。

更新頻度が多ければ多いほどライティング力は身に付きやすくなりますが、自分の日常について惰性で書き続けているようではあまり意味がありません。

読者がいるので、読者目線で見た時にどのような内容・書き方であれば読んでもらえるかということを意識する必要があるのです。できるライターほど実践しています。

このような地道な作業を続けることによって、ライティング力の向上が見込めると言えるでしょう。

専門知識をアピールできる

Webライターは、クライアントから執筆依頼をされて記事を書くという場合がほとんどです。事前に自分の得意分野を紹介していても、それとは無関係の記事について執筆依頼を受けることもあります。

自分が得意ではない分野の記事であっても引き受けるライターも少なくありません。一方でブログはというと、自分の専門知識について制約なしに書くことができます。

依頼案件の場合であれば、一から情報を集めて整理してから記事にしなくてはなりませんが、ブログであればこの手間を大幅に省けます。自分の専門性をアピールするにはもってこいの場であると言えるでしょう。

実績を提示できる

Webライターとして仕事を得る場合、何らかの形で自分の実力をアピールする必要があります。クライアントからすれば、その人のライティング力がどれだけあるかを見極めた上で仕事を依頼したいと思うはずです。

ポートフォリオをpdfファイルにして提出することもありますが、それがない場合はテストライティングを経るか、もしくは過去の実績を提示するしかありません。

依頼されて書いた記事は様々なページにあるため、そのリンク先を集める作業はなかなかの労力を強いられます。

また、確認するクライアントからしても1回1回クリックした上で内容を確認しなければならないため手間がかかります。

それがブログであれば、1つのページに全て集約されているため、依頼する側もされる側も過去の実績を確認する作業がスムーズになります。ブログ自体が自身のポートフォリオとなるという訳です。

仕事につながりやすい

ブログを見たクライアントから仕事依頼の連絡を受ける、いわゆるスカウトを受けやすくなります。名もなきWebライターが突然執筆依頼を受けた、などという話も・・・。

先述の通り、ブログがWebライターのポートフォリオとなっている訳です。クライアントへ営業する場合、自分が何者でどのような記事をこれまで書いてきたかを一から説明しなくてはなりません。

ですが、ブログであれば、読んだ人がその人ライターの専門性やライティングスキルを一目で判断することができます。

収入を得られるケースがある

ブログに広告を掲載することにより、収入を得ることも可能です。しかも自分が営業をして掲載主を探す必要がありません。インターネット上の手続きだけで広告を媒体かすることができるのです。

代表的なものに、アフィリエイトというものがあります。広告主がアフィリエイトプログラムの運営会社へ依頼。ライターがその中から好きな広告を選び、自身のブログに掲載することによりシステムが成立します。

ブログ経由で売り上げが立てばライター側も報酬が得られるという仕組みです。このようなシステムの例として、Amazonアソシエイトなどが挙げられます。

googleアドセンスであれば、さらに簡便に報酬を得ることが可能です。一度設定したら、ブログに掲載した記事に全自動で広告が載せられます。

インプレッション課金とクリック課金という2つの収入源があり、ページビュー数を高めるだけで一定額の報酬を得ることができます。

基本的にページビュー数によるので始めはなかなか収入にはならないかもしれませんが、中には広告収入だけで年間100万円を超える人などもいるようです。

ブログを書く際のコツ

Webライターがブログを書くメリットについて触れてきましたが、ただやみくもに書けばよいというものでもありません。では、実際にブログを書く際にはどのような点に気を付けなくてはならないのでしょうか。

ターゲットを決める

多くの読者は、インターネットでキーワード検索をし必要な情報を得るためにブログを閲覧します。

したがって、書く側も自分のブログを読んでくれる読者像(ターゲット)をイメージすることが大切です。

ターゲットはできるだけ具体的である方が、ニーズにマッチした記事を書きやすくなります。

例えば、『警察官の仕事』に関する記事を書く場合は

・卒業後に警察官を目指す大学生

・民間企業に勤めたが警察への転職を考えているサラリーマン

・スピード違反で警察に違反切符を切られた人

などといったターゲットが候補として挙げられます。誰をターゲットにするかによって、ブログの内容も全く異なるものとなります。

題材を決める

設定したターゲットに対し、どのような情報を提供するかを設定しなくてはブログは書けません。

様々なジャンルの情報を散りばめたブログよりも、自分の専門性を活かせたり自分だけが知っている情報を盛り込んだブログの方が好ましいと言えます。

知識や知見があるため書きやすいのに加え、一貫したテーマを持つことによりブログ内にある複数の記事を読んでもらえることにも繋がるからです。

目次から書き始める

書きたい記事の構成を書きながら考えると、執筆中に本当に書きたいことを見失ってしまったり、書き始めの頃とは違う結論となったりしまいがちです。

目次から書き始め、その記事の構成についてあらかじめ外堀を固めておくことが良い記事を書くことに繋がります。見出しは、大見出し・中見出し・小見出しと階層を意識して設定することにより、ネタが発散することを防ぐことができます。

タイトルに気を付ける

タイトルは記事の命です。多くの読者が読みたいかどうかをタイトルの内容で判断するからです。

タイトルに含まれるワードは検索で引っかかりやすいため、集客効果を得ることができます。特に、伝えたいキーワードをタイトルの前半に置くとよいでしょう。

また、「初心者必見」「5分でわかる』「〇個のコツ」などといったワードと併せると、読者の気を引きやすくなります。

まとめ

Webライターがブログを書くことには様々なメリットがあることをご紹介しました。ブログを見たクライアンントが執筆依頼をするケースもあるため、運営して損はありません。

ただし、いくら頑張っても仕事に結びつかないことも多々あります。ライターとして経験を積むのであれば、定期的に仕事をもらいながら運営をした方が良いでしょう。

ライターステーションは案件数が豊富であり、自分で探さなくても仕事が舞い込んできます。ライターステーションに登録し、自分のスキルにさらに磨きをかけてみてはいかがでしょうか。

タグ:
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : kosaka