Webライターになるには

コンテンツSEOとは?webライターが実践すべきポイントを解説

コンテンツSEOとはなんでしょうか?
ユーザーにwebページを読んでもらうために、発信側はさまざまな工夫をします。
ここでは、「コンテンツSEO」のWebライターとして知っておくべき内容について解説します。

コンテンツSEOとは

コンテンツSEOの「コンテンツ」は情報の中身、「SEO」はwebページを検索結果の上位にあがるように対策をすることです。
SEO対策というと、

  • 優良なリンクを集めるなどの外部への対策
  • 記事自体を優良なものにする内部の対策

と、大きく二つに分けられますが、コンテンツSEOは「内部の対策」にあたります。

質の良い記事をつくることで検索エンジンから高評価を得て、webページをユーザーに見つけてもらいやすくするための施策、それが「コンテンツSEO」です。

コンテンツSEOの特徴

ユーザーにとって有益な情報がつまった記事を積み重ねる

現在では、検索エンジンがwebページの評価をするとき、「ユーザーにとって有益かどうか」で判断するようになりました。
これによって、ユーザーが知りたい情報に応えるwebページを積み重ね、情報を網羅するwebサイトをつくることが重要になったのです。

さまざまな検索キーワードで検索上位を狙う

コンテンツSEOではユーザーが検索するであろうキーワードに多様性をもたせ、関連するさまざまなキーワードに対応できるようにします。
ひとつのwebページが検索上位にあがるキーワードがひとつやふたつではないため、webサイト自体へのアクセスは安定するといえます。

なぜ注目されているのか?

Googleなどの検索エンジンのロボットが進化したことが大きく関係しています。
検索エンジンのロボットのひとつである「クローラー」などは、年に数百回ものアップデートをおこなうこともあります。
以前では、検索エンジンがwebページを評価するとき、リンクの数を稼いだりキーワードを無理やり詰め込むなどの技術的な部分が対象となっていました。 しかし、点数を稼ぐだけのようなwebページはユーザーにとって読みにくく、有益な情報も得られません。

ユーザーファーストの結果、情報の中身が重視されるようになった

Googleなどの検索エンジンは「ユーザーファースト」を掲げており、これはユーザーにとって有益かどうかを重視するということです。
ユーザーにとって有益である情報とは、「知りたい情報」であり、「事実に基づいて」「詳しく」「わかりやすく」かいてあるwebページこそが高評価を得るべきだと見直されたのです。
情報の中身を良質なものにしなければ、ユーザーの需要は得られない。これが、コンテンツSEOが注目されるようになった理由です。

コンテンツSEOの手順は?

①自社の商品やサービスを分析する

自社の商品やサービスはどんなものか?どんな人が購入する商品なのか?を把握することから始めます。
例えば、自社の商品が「ベッド」だとします。 この段階では、どんなベッドを商品としているのかを書き出して把握します。

②その商品やサービスを購入する人がどんなことを知りたいかを予測する

その商品を購入したいと考える人は、どんな疑問をもっているのか?知りたい情報はなにか?をリストアップします。
例えば、自社の商品がベッドの場合、シングルサイズからクイーンサイズ、二段ベッドまで幅広く取り扱っています。
ユーザーが検索するとき、「自分用のシングルベッドがほしい」と考えているのか、「最近朝起きると腰が痛むのはベッドが原因かも?」と考えているのかでは、検索キーワードが同じ「ベッド」だとしても、知りたい情報は違います。
この他にも、「足腰が弱くなってきた父親に電動リクライニングのベッドをプレゼントしたい。おすすめは何だろう」と考えているかもしれません。

③作成するコンテンツを選ぶ

ビッグキーワードである「ベッド」だけでは、ユーザーが何を知りたくて検索しているかの検索意図がわかりません。

ロングテールワードからコンテンツを考える

そこでロングテールワードに注目します。ロングテールワードとは、ビッグワードに続いて長い尾のように連なる複合ワードです。
例えば

  • 自分用のシングルベッドの購入を考えている人は、「ベッド シングル 安い」など
  • 朝起きると腰が痛む人は「ベッド 腰が痛い 原因」「ベッド 合わない 腰」
  • 足腰の弱い父親にリクライニングベッドを検討している人は「ベッド リクライニング 電動」

など、ユーザー自身が知りたい情報に効率良くたどり着けるように、明確な検索意図をもって検索するのがロングテールワードです。
ロングテールワードは検索頻度は少ないものの、ユーザーは強い興味をもって検索しています。
ユーザーが知りたい情報を網羅したコンテンツをつくれば、ユーザーの満足度は高くなり、商品の購入などの成果につながりやすくなります。

④複数あるロングテールワードにそれぞれ対応する

ひとつの商品に関するロングテールワードは多数あります。それぞれに対応したコンテンツを積み重ねていくことで、webサイトに対するユーザーの評価はぐっと高まります。

例えば、朝起きると腰が痛い人が知りたい情報にはどんなものがあるでしょうか。

  • ベッドで腰が痛くなる原因 「ベッド 腰 痛くなる」
  • 自分に合ったベッド選びのポイント 「ベッド 自分に合う 選び方」
  • 良質な睡眠を得るためのコツ 「よく眠れる コツ」

など、ベッドそのもの以外にも知りたい情報は隠れています。 この場合、それぞれのロングテールワードに対してコンテンツを用意します。

⑤ライバルとなるサイトのチェック

設定したキーワードで実際に検索をしてみて、現在どのようなサイトが検索上位にあがっているのかをチェックします。
検索上位にあるwebページは、ユーザーの需要が高い記事だといえます。タイトルだけではなく、構成や情報の量、文章の内容など、検索エンジンやユーザーに評価されている理由を探りましょう。
ただし、検索上位のページをそのままマネしてはいけません。検索エンジンにオリジナリティのないコンテンツと認識され、評価がさがります。
検索上位のページの内容をさらに詳しく、新しい情報を加えたりして、もっとユーザーに有益な情報の提供の仕方はないか?を考えましょう。

⑥対策するキーワードを選ぶ

ロングテールワードに関連するキーワードは、同じ記事に対応する内容を入れこむことで、ユーザーは効率良く情報を得られます。
ひとつに収まりきらない場合は、関連する情報まで誘導する工夫をすると良いでしょう。

関連キーワードをチェック

関連キーワードは、GoogleのキーワードプランナーやGoogleトレンドなど、関連語調査ツールを活用することで把握できます。
もっと簡単に予測する方法としては、Googleなどの検索結果ページの下部に表示される「関連キーワード」があります。その検索キーワードと関連する他のキーワードの候補が表示されるため、ユーザーの知りたい情報を予測することができます。

例えば「ベッド シングル 安い」の関連キーワードでは、「シングルベッド サイズ」や「シングルベッド マットレス」などが表示されました。
自分用のシングルベッドの情報を探しているユーザーは、シングルベッドの大きさを知りたい人やシングルベッドのマットレスも合わせて検討していると予想できます。
つまり「ベッド シングル 安い」で検索している人に、シングルベッドのサイズを明記したり、おすすめのマットレスの情報を提供することで、ユーザーが知りたい情報がつまった有益なコンテンツと認識されるのです。

⑦原稿を作成後、公開。次のコンテンツ作成を始める

ユーザーにとって有益なコンテンツを発信したら、また他のロングテールワードに対応するコンテンツを作成しましょう。 商品に関するさまざまなロングテールワードにひとつずつ対応して積み重ねていくことで、ユーザー評価の高いwebサイトになります。

WebライターとしてコンテンツSEOで気をつけるポイント

検索エンジンを意識したポイント

コンテンツを検索上位にあげるためには、検索エンジン視点での対策も重要です。
検索結果のランク付けは検索エンジンロボットがおこないます。では、そのwebページがユーザーにとって有益かどうかはどうやって判断するのでしょうか?
ユーザーにインタビューすることはできませんから、ユーザーにとって「読みやすいコンテンツであるかどうか」がポイントになります。

タグ

タイトルや見出しなどのタグ。適切なタグを使用することで検索エンジンロボットが記事の内容を正しく評価できます。
タグにはh1~h6などの種類がありますが、h1は検索キーワードを含んだ簡潔な内容にしましょう。
また、タグは順序を守って使用します。例えばh2の次にh4のタグは使用しません。h4を使用する前にh3を使用します。

サイト構造

トップページから2クリック以内で読みたいページにたどり着けるように、カテゴリを用いたりしてわかりやすいサイトにします。 検索エンジンロボットがサイトの内容を把握しやすくなります。
また、パンくずリストとよばれるサイト内のページの道しるべをつくることも大切です。

ユーザーを意識したポイント

コンテンツSEOではコンテンツの内容を重視して検索上位にあがることを目的としていますが、コンテンツはユーザーのためでなければなりません。
SEO対策で検索上位にあがったとしても、そのコンテンツ自体がユーザーに評価されなければ意味がありません。 検索上位にあがることだけを考えず、ユーザー視点でのコンテンツづくりをしましょう。

ペルソナ

ペルソナとは、記事の読み手であるユーザーのモデルです。
詳細に設定されたペルソナに寄り添ったライティングをすることで、ユーザーの知りたい情報がつまった満足度の高い記事がかけます。記事のペルソナを知り、ユーザーの知りたい情報を網羅する記事をかきましょう。

有益な情報とは

ユーザーにとって有益な情報とは、「事実に基づいて」「詳しく」「わかりやすい」ものです。
発信する情報の信憑性を重視し、深い内容をわかりやすくユーザーに届けることを心がけましょう。

「事実に基づいて」

ユーザーは正しい情報を求めています。とくにお金や医療などユーザーの健康や生活に関わる情報は、信頼できるものかどうかを慎重に判断しなければなりません。

「詳しく」

さまざまな情報を少しずつ詰めこんだ記事よりも、厳選された情報を深く掘り下げた記事にします。
ユーザーの「これはどういうもの?」「理由は?」に丁寧に応えましょう。そしてユーザーが「思いがけず知れた情報」を得たとき、記事への満足度は高まります。
「この記事を読むユーザーはこんなことも知りたいだろうな」と予想するヒントは、ペルソナや関連キーワードにあります。

「わかりやすく」

せっかく有益な情報をたくさん集めても、読みにくい記事であればユーザーには響きません。
内容を整理し、見出しを活用しながら読みやすい構成を考えましょう。
また、文章も大切です。わかりにくい言い回しや用語は避け、ユーザーが躓かない文章を心がけましょう。

コンテンツSEOのメリットとは

企業などがweb上で成果をあげるために、コンテンツSEOは現代では”必須”ともいえる施策です。では、メリットはどんなものでしょうか。

長い集客効果を期待できる

例えばテレビCMなどでは、集客力は短期間に集中します。リスティング広告(検索結果の上部に順位とは関係なく表示される広告)では広告費を払い続けなければ表示できなくなってしまいます。
これに比べてコンテンツSEOによってつくられた高品質なwebページは、長期間にわたる集客効果があります。
長い期間集客に貢献する良質なコンテンツを「エバーグリーンコンテンツ」といいますが、コンテンツSEOで目指すべき結果といえるでしょう。

コストパフォーマンスが高い

テレビCMやリスティング広告では、当然広告費用が発生します。
一方コンテンツSEOでは、費用はそれほど多くかかりません。良質なwebサイトをもち、ページを更新することができればよいのです。
良質なページの更新には時間と労力を必要としますから、外部に発注することもあります。それでも、広告費用と比べてコンテンツSEOは長期的なコストパフォーマンスに優れた施策だといえます。

集客効果が安定する

集客効果はwebページが検索上位にあがるかどうかで左右されます。
コンテンツSEOでも検索順位が下がることはあり得ます。ライバルとなるサイトによるものや、検索エンジン自体のランキングの決め方に変更があった場合などが要因となります。
ですが、以前のように”リンク数を稼ぐ””キーワードを詰め込む”などのポリシーに違反するような対策に比べ、コンテンツSEOではペナルティを受ける可能性が低いのです。 よって、急激に検索順位が下がる可能性が低くなり、コンテンツSEOの集客力は安定しているといえます。

潜在層へのアプローチ力が高い

潜在層とは、まだ商品やサービスを知らないけれども、将来その商品やサービスを必要とする顧客をさします。
商品やサービスに関連する情報に興味があるため、コンテンツSEOで目にしたwebページから商品を知ってもらうことができます。
さらに、潜在層や見込み顧客(商品を知っていて購入してくれそうな顧客)へ向けて高品質なコンテンツを増やしていくことができれば、商品の購入まで結びつけることもできます。

コンテンツSEOのデメリットとは

効果を実感できるようになるまで時間がかかる

検索エンジンロボットがwebページの評価をするまで、検索結果に表示されません。
また、検索結果のランキング付けは数か月の時間を経て落ち着くので、コンテンツを発信してすぐには結果に結びつきません。

コンテンツを発信し続ける労力が必要

コンテンツSEOでは、ユーザーに有益なコンテンツを増やしていくことが必要です。たったひとつやふたつのコンテンツだけでは、ユーザーの「知りたい!」を満たすことはできないからです。
適度な頻度でコンテンツを発信し続けなければならないため、記事をかく時間や労力を負担に感じることもあるようです。
その場合、記事を外注することもできます。記事を外注する際は費用もかかります。また、コンテンツの内容や狙いを発注先としっかり共有することが大切です。

コンテンツを発信しづ続けることは大変ですが、有益なコンテンツがたくさんあるwebサイトはユーザーから高く評価されます。webサイトの所有者である企業のブランドイメージのアップにも貢献します。

コンテンツSEOを学ぶなら、ライターステーション

ライターステーションには、webライターが提出した原稿をチェックしてくれる編集者がいます。ライター初心者にもわかりやすく丁寧に指導をしてくれるので、学びながらライティングができます。
また、案件も豊富に取り扱っているので、ライティングの経験と実績をどんどん積み重ねましょう。

コンテンツSEOの理解と実践で、評価の高いwebライターを目指しましょう!

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
toma。

Blogger : toma。

30代主婦ライター。小学生男児の母。 わかりやすく、伝わる文章を研究中。 長年勤務した職場で務めたトレーニングマネージャーとしての経験を活かし、読者の心理に沿った「心をつかむ」ライティングを心がけています。 これまでに経験したジャンルは、「ビジネス・学習」「住宅・不動産」「健康・医療」「育児・教育」など。