Webライターになるには

コンテンツライター募集!未経験でも育てます

今、質の高い記事を作成できるコンテンツライターが重宝されています。上手い文章が書けるだけでは不十分で、企業側とユーザー双方に対して価値を生み出す能力が求められているのです。より多くの人が目にする機会を作り、ユーザーとの信頼関係を築ける記事を書くことを、コンテンツライターは意識する必要があります。

そもそもコンテンツライターとは?

コンテンツライターとは、数多のウェブライターの中で、クオリティの高い記事を作成することができる限られた人のことを指します。

ウェブライター自体は、自宅にパソコンがあって文章を書くことができれば、気軽に開始できる職業です。クラウドソージングでは、ライターの求人が多くあるので、簡単に仕事を探すことができます。

今の時代、とりあえず文章を書いてお金を稼いでみたい人にとって、非常にチャレンジがしやすい環境です。自分に合った条件で仕事が探せるので、週の休みが1,2日の方でも、空き時間を使って副業として取り組むことができます。

しかし、初心者や経験が浅い方は低単価で文章の質にあまりこだわらないような依頼からスタートすることになるので、報酬が少額になります。

アクセス数を増やして収入を得る仕組みのサイトは、更新頻度を重視することが多いです。低単価最低文字数をクリアすれば、ある程度の文章でもお金がもらえますが、その代わりに報酬が伸びません。

コンテンツライターは文章の質に強みを持っていて、ライティングから価値を生み出すことができる人です。文字単価は量を優先する仕事よりも高くなり、条件によっては何倍にも変わるケースも。

依頼先は、少しでも多くの人に自分のサイトを訪問して欲しい願望を共通して持っています。少しでも多くの方の目に留まるような工夫をして、良質な記事を作ることが能力として求められます。

コンテンツライターの需要は?

発信する側としては、一人でも多くの方に情報を知ってもらいたい思いがあります。そのために、多額の広告費を掛ける企業は少なくありません。優秀なコンテンツライターは、情報拡散の手助けをすることができるので、多方面から必要とされます。

以前は販売したい商品の情報を、一方通行で広告を使って拡散する方法が主流でした。その結果、広告を見て商品を購入する人が増えましたが、同時にしつこいセールスを何度もされているような印象を与えてしまう側面も。

時間が経つにつれて広告は余計なものとして認識されることが多くなり、飛ばしたりスルーしたりする人が増加しました。広告は次第に、費用を掛けた割に成果が出にくいものへと変わり始めたのです。

その影響を踏まえてユーザーへの新しいアプローチ法であるコンテンツマーケティングという手法が、2014年頃から日本で意識されるようになります。

多量の広告を打って少しでも目立たせることを目的とした往来のやり方に対して、コンテンツマーケティングは、ユーザーが求めている情報は何かということを考えるものです。そして、必要な情報を発信し続けることで、少しずつ関係を構築していきます。

いきなり始めから商品の説明をしても、興味がない人は聞く耳を持ってくれません。ユーザーとの距離が近い状態になれば、話を聞き入れてもらいやすく、商品の情報も正確に伝わりやすいです。

またGoogleの検索時の分析精度が上がったことによって、良質な記事が上位に表示されやすくなったことも、コンテンツが重視される理由の1つとして挙げることができます。

ごまかしが効かなくなったので、シンプルにユーザーが求めているコンテンツを作ることが、検索で上位に表示させる近道であるとも言えるのです。

コンテンツは、一度作成すれば、インターネット上で価値ある情報としてずっと残り続けます。そして、広告ほど費用が掛からずに効果が期待できる方法として注目されています。

コピーライターとコンテンツライターの違い

ワンフレーズで商品などの印象付けを行うコピーライターも、需要があるライター職のひとつです。付加価値を生み出してより多くの方に知ってもらうという点では、コンテンツライターに求められる条件と非常に似ています。

コピーライター

コピーライターとは、広告のキャッチコピーや、商品のネーミングを考える職業です。広告の種類は、雑誌、CM、ポスター、ラジオとさまざまで、その条件でいかにしてインパクトを残せるかが重要点となります。

多くの人が目にする所に広告が使われますが、他の企業も同じことを考えているので、その場所には、宣伝が集中する形となります。たくさんの情報がある中で、プッシュしたいものを埋もれさせずに、目立たせる必要があるのです。

また、長いフレーズにしてしまうと頭に入りにくくなるので、数文字から短い一文でキャッチコピーやネーミングを考えるのですが、細かく説明することができない難しさがあります。本当に重要なことを見極めて、言葉を選ばなくてはいけません。

広告を人に見てもらえる時間はとても短く、数秒位しかないことがほとんどです。限られたチャンスの中で、記憶に残るものを生み出す力が求められます。

コンテンツライター

コンテンツライターはコピーライターのような短時間勝負とは逆で、長い期間の中で結果を出していくスタイルになります。

すぐに結果が出るわけではないので、目に見えるくらいの変化が起きるまでかなりの時間が掛かるかもしれません。しかし、一度軌道に乗ると、その効果がしばらく持続する可能性があります。

インパクトを残すよりも、検索上位に表示が出るような対策や、対象とするユーザーが求めている情報収集をしっかりとしてコンテンツを作成するような地道な作業が求められます。

有意義な情報をユーザーに提供することができれば、色々なコンテンツに目を通してもらえるような関係に発展するかもしれません。先につながることを考慮した上で、質の高い文章をつくることがコンテンツライターにとっては重要です。

コンテンツライターに求められるスキル

質の良いコンテンツと評価されるには、企業側とユーザーのお互いの要望を満たす必要があります。具体的に述べると、多くの人に見てもらうために検索結果の上位に表示されること、精度の高い信頼できる情報を提供することの2点が、コンテンツライターに求められます。

SEOを意識してライティングができる

調べものをして検索した時に、1ページ目の上の方から確認していく方が多いと思います。アクセス数を増やすには、少しでも早く表示された方が優位に立てます。

検索をした時に、上位表示されるような対策を取ることを「SEO(Search Engine Optimization)対策」と言います。日本語にすると、検索エンジン最適化です。

そして、日本で一番使用されている検索エンジンはgoogleで、PC、スマートフォンともに9割以上のシェアを獲得しています。yahooに関しては、2011年からgoogleの検索アルゴリズムを利用しているので、この9割の中にカウントされています。

検索結果は、内容の濃さや質を判定した上で表示順が決まる仕組みです。表示位置を上にするために、この条件を満たしたコンテンツを作らなくてはいけません。どのようにしてgoogleが判定しているかを、理解する必要があります。

ユーザーとの関係性を構築できる

興味があるものを調べている時に、急に無関係な商品のセールス広告が表示されても、ほとんどの方は見向きもしません。ユーザーと友好関係を築くことで、こちらの話を聞いてくれやすい状態になります。

直接人と人が合う訳ではないので、いい印象を持たれることは簡単ではありません。長い時間をかけて、ユーザーが必要とする情報を発信しつづけることが肝心です。

ユーザーに、あそこには役に立つ情報がたくさんあると思ってもらえれば、色々なコンテンツに目を通してもらえる確率が上がります。伝えたいメッセージも。相手の心に伝わりやすいです。

信頼関係を築くには、事実とは異なる適当なコンテンツを作らないようにしなくてはいけません。丁寧に調査を行い、しっかりとした根拠をもとに作成することが大前提です。

内容が濃いコンテンツを作るには、ユーザーに有意義な内容でいかに構成するかが鍵となります。

ライターステーションではコンテンツライターを募集しています 

良質な記事を作成できるコンテンツライターは、これから先、欠かせない存在となります。コンテンツマーケティングを意識した企業は非常に多く、ライターステーションには案件が豊富にあります。

コンテンツライターになるためは、高いハードルがあるように感じるかもしれませんが、時間を掛けて習得する気持ちがあれば、資質としては十分です。

ライターステーションでは、未経験でも立派なコンテンツライターに育てます。長期的に文章で収入を得たいと考えている方は、ぜひ一度検討してみて下さい。ご応募お待ちしております。

タグ:
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ライターステーション事務局

Blogger : ライターステーション事務局

ライターステーション事務局公式アカウント