Webライターになるには

憧れの在宅勤務!編集もできるライターとして一歩先の働き方を目指しませんか?

副業や自由な働き方が流行ってきている最近。そんな中特に注目されているのがライターというお仕事です。在宅で時間をうまく調整しながらできる仕事は自由度が高くやりやすいですね。ただ一方で記事を書くだけでは活躍の場は限られてきてしまいます。

そこで目指したいのが記事の企画立案からできる「編集ライター」。編集ライターとはどんなお仕事なのか、また人気の編集ライターになるためのポイントをご紹介します。ライターという仕事に興味のある方、自分の時間をうまく使って働きたい方、必読ですよ。

編集ライターのお仕事内容

ライターという仕事は、基本的には記事を専門で書く仕事です。ですが情報を広く公開することの過程には実にさまざまな段階があります。例えば、情報を集める人、インタビューをする人、コンテンツや構成を考える人、写真や画像あるいは映像を準備する人、記事を書く人、また新聞など大きなメディア上で大量の情報を公開する場合には校正という記事の誤字脱字を細かくチェックする人などもいます。

このように記事を発信する過程では多くの人が関わりますが、その中でも「編集ライター」とは、いわゆる編集者とライターと両方をこなすことができる人のことを指します。一般的には編集者とライターという仕事は別々の人によって行われることが多いのですが、小規模な媒体であったり、インターネット上で公開される記事の公開過程では編集者とライターとの距離が近く同じ人が行う場合もあります。

編集者として記事の企画立案に始まり、記事の執筆(ライター)、そして記事に挿入する装飾や画像などを集めて編集作業を行い、一つの記事を仕上げていくのが編集ライターとしての仕事になります。

編集者とライターの違いとは

編集者とライターとそれぞれの違いについてみていきましょう。

編集者とは

記事を書くにあたって、どんな内容の記事が世の中で求められているのかといったことを読者ターゲットを決めてコンセプトや構成を考える仕事です。流行しそうなことや話題になりそうな情報を集めてそれをもとに記事の内容や方向性を考えて企画していきます。そしてまとまった企画を元に記事を書いてもらうライターであったり記事に挿入する的確な写真を撮ってもらうためカメラマンに依頼したりしていきます。そしてライターが書き上げた記事、カメラマンが撮った画像などをまとめて一つの記事に仕上げていきます。

ライターとは

一方、ライターはその名の通り、記事を書く専門の仕事です。基本的には指定された記事、依頼された記事を、販売目的なのか情報提供なのか内容や文字数などクライアントのニーズに応じて仕上げていきます。要望に合わせて記事を書くということが、ライターという仕事にとってとても大事なことになります。

「編集ライター」とは、この編集者とライターと両方こなすことができる人のことを指します。記事の企画から考えていくので、記事を書くというスキルだけでなく日頃から面白いことや役立ちそうなことにアンテナを立てておくことが求められるのがわかりますね。

編集もできるライターは重宝されます

「こんな記事が読まれそうだ」「この情報が流行りそうだ」そういった情報をいち早くキャッチして記事を企画する編集者の役割と、その企画内容を文字化して表現するライターの役割の双方をしっかり理解して行うことができる「編集ライター」はとても貴重な存在です。

流行りそうな情報を集めたり企画を打ち出したりするスキルと、適切な表現を選んで文章化するスキルは全く別物のスキルにあたるからです。ですが別々の2つ以上のスキルを持っていると活躍の場というのは一気に広がります。是非両方のスキルを身につけたいものです。

編集ライターとしての働き方は企業に所属する場合もありますが、スキルを認められ仕事の幅が広がればしっかりフリーランスとして独立して働くことも充分可能です。

編集ライターとして活躍するために

ライターとしてであればとにかくニーズに合った物を書くスキルが求められます。しかし編集ライターを目指すのであれば、ライターとして物を書くスキルだけでなく、日頃からいろいろな情報に目を向けておくこともとても重要なことになります。

今は大手のメディア媒体だけでなく、SNSなどでもたくさんの情報を集めることができる時代です。

まずは簡単なところから、自分の興味のあることや好きなこと、趣味、また友人の繋がりなどから情報を集めてみても面白いかもしれません。また集めた情報をもとに発信をしてみるとその反響によっていろいろなことがわかります。

情報を発信してみること、そしてその情報を分析してみることなどを楽しみながらできていけるとよいですね。日頃のちょっとしたことが、たくさんの人が求めている記事に繋がるかもしれませんよ。

まとめ

ライターの仕事ってなんとなくイメージはあるもののどんな仕事なのか、あるいは人気のライターになるにはどうすると良いのか意外と知られてないことも多いかと思います。

編集ライターになるとさまざまな案件を受注でき、安定した収入を得ることができるので、ライターとして活躍するなら編集ライターを是非目指したいものです。

ライターステーションでは、編集者がサポートしながらスタートすることができ、編集ライターにまで育ててくれる仕組みになっているので安心して始めることができます。ライターという仕事に興味のある方は始めてみない手はありません。持っているスキルを是非大きく伸ばしていきましょう。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : sekimoto