Webライターになるには

フリーライターとして活躍するために

フリーライターと聞くとどのようなイメージを抱かれるでしょうか。「会社に所属しなくて楽そう」「主婦やフリーターでも、ちょっとした空き時間に作業できるからいい」「会社員ほどは稼げなさそう」など、人により様々な印象を持つと思います。

しかし、具体的にフリーライターがどのような仕事をし、何を収入源にしているかご存知でしょうか?ここではフリーライターがどんな仕事をしているかを覗いてみたいと思います。あなたももっとフリーライターというものに興味を抱くはずです!

そもそもフリーライターとは

フリーライターとは、特定の企業に所属せずにフリーランスとして執筆業を行い、そこで得た原稿料を収入源としている人を指します。本や雑誌といった紙媒体だけでなく、今ではウェブページなど電子媒体を中心に活動をするライターも多く、その仕事の幅はどんどん拡がっているのが特徴です。ここではウェブページを専門とするライターについて少しチェックしてみましょう。

Webライター

Webライターとは主に、Webサイトに掲載される記事を執筆するライターを指します。私たちがネット上で調べ物をしているときに出会うページや記事は、このWebライターが手掛けていることがほとんど。書籍や雑誌は目を惹くタイトルであったり、パラパラ読みをして面白そうだと思ったりしてもらえると購入に繋がりますが、ネット上ではそうはいきません。

Webライターが最も意識するのは、SEO(検索エンジン最適化)。SEOとは、GoogleやYahoo!といった検索エンジンに、自身の記事が良質なコンテンツであると認識させ、検索結果の上位に表示されるように工夫をすることです。デジタルの世界で活躍するライターには、このように一味違ったテクニックが要求されることがあります。

ブロガー

ブロガーとは、ブログを書き、広告収入を収入源にする人のこと。よく芸能人もマメにブログを更新していますよね。仕組みは、ブログを訪問した人が、ブログの記事に貼り付けられている広告をクリックしたり購入・会員登録したりすることで、ブログ主に広告主から成果報酬が入るといったもの。これをアドセンスやアフェリエイトといいます。

また、広告収入を期待するというよりは、ブログをひとつのSNSのソースとして捉え、自身の知名度を高めたり、文章力を披露したりして、ライターとしての存在価値を高めるためのツールとして利用している人もいるようです。

フリーライターの仕事の種類とは?

フリーライターが活躍するフィールドは、とても広いです。書籍や雑誌の記事執筆、Webページ・ブログ・ネット広告・メールマガジンの記事作成やコピーライティングまで、依頼者の要望に応じたテーマや構成で執筆を進めることがほとんど。執筆という言葉には、ただ単に文章を組み立てるという作業だけでなく、記事を作成するための情報収集や関係各所への取材、データとなる写真撮影など、様々な下準備も含まれています。

フリーライターに必要となる10個のスキル

では、フィールドの幅も様々、働き方も収入源も様々なフリーライターですが、活躍するために必要なスキルとは一体何でしょうか。

文章力

まず第一に挙げられるのが文章力です。文章力の中でも、活躍の場により異なる技術が求められるもの、総じてあらゆるライターに必要な基本的なものの2パターンがあります。Webライターであれば検索エンジンにきちんと引っ掛かるようなテクニックを擁する文章、広告系の記事を執筆する人は説得力や人を惹きつける文章を書く力が求められるのです。

また、あらゆるライターに共通して必要な技術として、分かりやすくて最後まで飽きずに読める文章、必要な情報が過不足なく得られる文章が要求されるでしょう。これら文章力は鍛えれば鍛えるほどレベルアップしていくものですから、様々な記事に触れて研鑽をつむのがおすすめです。

企画力

ライターは仕事を受動的に淡々とこなすだけでなく、能動的に働きかけるための企画力も求められます。とりわけ書籍や雑誌の記事に携わるライターには、トレンドを読んで今の読者に求められるテーマを自ら探して売り込むような積極性も求められるのです。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力も欠かせません。依頼主との意思疎通のためのみならず、取材を滞りなく行うためであったり、編集者の意図や依頼主の意図を適切に読み取るためであったりと、多面的に必要となってきます。ひとりで黙々と作業できると思っておられるなら、少し見当違いかもしれません。

リサーチ力

自分にとって馴染みのない事柄でも、調べてまとめ上げる力がライターには求められます。Webライターのほとんどはネット上で必要な情報を集め、その情報の真偽を見定めて、複数のソースの裏付けをとり、確かな情報のみをまとめ上げる力が必須です。

取材が必要な場合は取材先の選択からアポイントメントの取得、取材前の予習など記事を書く以外に必要なスキルがたくさん要ることになります。

撮影スキル

記事を読みやすくするため、随所に画像を挟むことはよくあります。ネット上のフリー素材を選択することもありますが、取材先の様子を自分で撮影しなければならないことも。そんな時のために、一眼レフでの撮影スキルを必要最低限身に付けておくとよいでしょう。

チャレンジ精神

必ずしもライターの専門内の依頼ばかりが来るとは限りません。耳新しいテーマについてまとめなければならないことも多々あるでしょう。もちろん、時間的・スキル的に到底厳しいものであれば適切にお断りする勇気も必要ですが、できる限り引き受けてチャレンジすることが大切です。自身の可能性も広がりますし、難しいテーマをやり遂げたという自信にもつながるでしょう。

人脈

フリーライターは基本的にひとりで活躍するため、人と接する機会が普通の会社員より少ないかもしれません。だからこそ、ちょっとしたつながりでも大切にしていきましょう。取材先で出会った人や学生時代の友人、セミナー活動などで会った人など、意外な人間関係が今後の仕事を円滑に進めるための大きな力になってくれるはずです。

事務的管理能力

すべてを一人で担うからこそ、楽でもあり大変な部分も出てきます。その一つに、事務関係の処理が挙げられるでしょう。社長、営業、企画、経理…といった企業であればひとりひとり分担してこなすような仕事を自分一人で進めなければなりません。自分で自分をマネジメントしていく、そのようなスキルも必須なのです。

独自の視点

調べたことをただ単にまとめ上げるだけでは一流とはいえません。自分にしか書けない、独自の視点をもって物事を多角的に見つめることが大切です。今まで他の人が気づかなかったような問題提起を心掛け、独特な感性をもった文章を披露すると、読み手の心を強く惹くものが出来上がるでしょう。

好奇心

専門外の分野の人と関わったり、聞きなれない専門用語と戦ったりする局面がフリーライターにはあるでしょう。また日によって、時には1日の中でも時間によって執筆するテーマが大きく異なり、頭が混乱することもあると思います。

常に好奇心をもってそのテーマに入り込み、楽しんで執筆するメンタルが求められるのです。またオフの日でも、自分が今まで興味を抱かなかったスポーツやエンタメなどに関する情報を進んでキャッチする心持ちが、後に自分の執筆活動を手助けするかもしれませんよ。

フリーライターとして活動する方法は?

では、フリーライターとしてどのように活動すればよいのでしょうか?

出版社

出版社で社員やアルバイトとして働くと、実際に記事が出来ていく過程を見ることができ、編集者としてのスキルアップも見込めます。のちのちフリーで活躍する際にも編集者の気持ちを汲んだ良質な文章を書くことができ、かつ編集の仕事そのものにも携わることができるでしょう。また、出版社で働くことで安定した収入を得ながらライティングの技術も磨けるという一石二鳥な部分もあります。

スクール

スクールに通うとプロの技術を効率的に学ぶことが可能です。学習形態はオンラインから実際に通学するものまで様々で、時間も全日制、夜間のみ、土日のみなど社会人向けのものも揃っています。学費は基礎の授業なら3万円程度から、期間は数か月~1年ほどあるものまで、自身のライフスタイルや目指す目標に合わせてカリキュラムを組むことができるでしょう。

未経験でも対応できる仕事を見つける

雑誌など紙媒体のライターは経験者が求められることが多いでしょうが、Webライターはその限りではありません。未経験でもチャレンジできる案件が多く、クラウドソーシングなどでは、初心者向けの多種多様な仕事を提供。初めは単価は安めかもしれませんが、多くの案件をこなしてどんどんレベルアップするにつれ、単価が高いお仕事にも挑戦できるようになります。

フリーライターが仕事を受けるためには?

では、フリーライターとして仕事を始めるためにはどうしたらいいのでしょうか?

ポートフォリオを作成する

ポートフォリオを作成し自信作を披露しましょう。ポートフォリオとは自身の作品集のこと。自らのスキルをアピールして未来のクライアントたちの目に留まるよう活動することはとても有効と言えます。ただしこの際は、クライアントの守秘義務や著作権に十分注意し、披露する作品を厳選しましょう。

SNSを活用する

ツイッターやフェイスブックといったSNS上で自身の活動内容や専門知識をうまく紹介すると、ライターを探している編集者の注目を集める可能性があります。また、ブログなどを定期的に更新しフォロワー数を増やしていくことで、影響力を持つライターとして知名度を上げ、仕事が舞い込んでくることも。

企画を持ち込む

自分の専門分野など、どうしても執筆したいテーマがあれば自身で企画し、出版社に持ち込むという方法です。なかなかハードルは高いですが、綿密な取材力や興味を引く企画立案力、そしてなにより直接持ち込む熱意を買ってもらい、案件に持ち込める可能性は十分あります。

交流会に参加する

同業の方が集う交流会に積極的に参加しましょう。つながりを大切にすることで自分に合ったクライアントを紹介してもらえることもありますし、複数人で動くプロジェクトに参加させてもらえるかもしれません。また、普段一人で活動するフリーライターにとって、定期的に同業の人たちと触れ合うことは自身の研鑽にもつながるでしょう。

フリーライターとして長く活躍するには

フリーライターとして長く歩んでいきたい、そんな人はどうすれば第一線で活躍できるのでしょうか?

Webライティングを学ぶ

会話であれメールであれ、誰しもが日常的に文章を作ることに慣れていますが、それを仕事にするとなると今までよりも適切な日本語、文法を心掛ける必要があります。

また、興味を持ってもらえるような構成作りや言い回しの勉強、読みやすいものに仕上げるためのスキルは必要です。仕事として文章を書いているという意識をしっかりと保ち、文章力に特化した書籍や、雑誌・ネット上の優秀な記事を通して日々勉強する姿勢が大切と言えます。

スケジュール管理

フリーライターは信用が重視されます。そのため、納期を守ることは必須。複数の仕事を抱えることが多くても無理のないスケジュールを組み、必ず納期前には納品できるよう心がけましょう。

素直になる

手塩にかけて作成した文章も、編集部の方から鋭い修正が入ることも多々あります。プロの意見を吸収する意味でもそうした校正に素直に従い、今後の文章作りに是非活かしていきましょう。

フリーライターの稼ぐコツは?

フリーライターとして必要なスキルや活動の方法はわかったけど、稼いでいくためにはどのようなことが必要なのでしょうか?主に2つのポイントを挙げてみていきましょう。

ジャンルを選ぶ

特定のジャンルに関する知識や、特化した資格を持っている人にしか書けない案件はたくさんあり、そのような仕事は必然的に報酬も高くなります。自分にしか書けない案件を探し、積極的に取り組んでいきましょう。

付加価値をつける

ライティングスキルに自分なりの付加価値をつけていきましょう。単に文章を巧く書くだけでなく、SEOに関する知識を織り交ぜた文章を仕上げたり、専門的な知識を記事に含めたり、最適な画像の選択力や撮影力を誇ったり。クライアントにまた頼みたいと思ってもらえるような確かな価値を少しずつ身に付けると、自身の価値も上がり単価アップも狙えるようになりますよ。

フリーライターにおすすめのクラウドソーシングサイトとは?

フリーライターが活躍するうえで大きなフィールドとなるクラウドソーシングサイト。多々あるサイトのうち、どこを選ぶのが賢明でしょうか。

ランサーズ

日本最大級のクラウドソーシングサイトであり、常時210万件の案件が存在しています。ライターは自分で自信のある案件を探して仕事するもよし、ランサーズが提起してくれるオススメ案件に着手するもよしで、働き方も自由に選択可能。

また、自身の情報の公開・非公開も選べますし、24時間365日体制のサポート窓口も充実しています。発注者の過去の依頼履歴を参照できるなど、クライアントの信頼性もチェックしてから仕事に臨むことができますから、最も安心して働けるサイトのひとつでしょう。

サグーワークス

総ライター数23万人超を誇る大手のサイトです。簡単な説明文作成から長めのコラム作成まで様々なお仕事を選択することができ、自身の身の丈に合った案件に無理なく取り組むことができます。

また、プラチナライターテストに合格すると高単価の案件を特別に依頼されることもあり、スキルアップすればするほど報酬も上げることができるため、モチベーションを高く保てるでしょう。

クラウドワークス

200種類以上のカテゴリーから仕事を選択し、仕事を円滑に進めるためのコミュニケーションツールやファイル送受信の容易化を進めており、働きやすい環境づくりに留意しているのがクラウドワークスの特徴といえるでしょう。

いつでもどこでもクラウドワークスから仕事を検索したりメッセージをやり取りしたりできるようスマホアプリも設けており、日中なかなかライティング用にパソコンを触れない社会人や学生にもありがたい機能が充実しています。

Shinobiライティング

Shinobiライティングでは、記事投稿前に誤字脱字のチェックや、過去の記事データから過度に重複した内容を再利用していないかなどを確認する記事投稿エディタの機能が充実しています。

この機能をうまく活用すると、一生懸命執筆した記事が不採用になる可能性を低くすることができ、初心者ライターには安心できる配慮といえるでしょう。また、目標設定機能では月ごとの目標をたてて達成度を常に意識することができ、自らを鼓舞しつつ仕事に励めるのがポイントです。

ライターステーション

課題作文を提出して合格すれば登録できるライターステーションですが、他に類を見ない最も大きな特徴といえば、編集担当者が丁寧にやり取りをしてくれ、フィードバックを返してくれることです。担当者がマンツーマンで、Webライティングに必要なSEOの知識や専門的な文章の構成方法などを丁寧に教えてくれるため、報酬をもらいながらスキルアップも望めるサイトになっています。また、どの仕事も編集部から直接依頼を受け直接報酬を受け取る「直接発注」という形式をとっているため、安心して仕事を受注することができるのです。

まとめ

いかがでしたか。フリーライターは時間や場所を選ばず、企業の契約にもとらわれないため、学生から社会人、主婦まで様々な方が柔軟な形態で携わることができるお仕事です。ただ、フリーライターとして活躍するには、途切れることなく案件を発注してもらう必要があります。

最初は自分で案件を探していく必要があるでしょうから、自分のライフスタイルや性格に合ったクラウドソーシングサイトを選択することが重要です。またその傍ら、自分にしか提供できない付加価値を見出し、スキルアップを怠らず、自身の力をブログやSNSなどでアピールすることで一流ライターへの道が拓けるはずです。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : imanishi