Webライターになるには

Webライターの将来性は明るい?AIの波にも負けない需要が見込めるお仕事です

Webライターは需要が高まっています。どの企業もWebマーケティングにますます力を入れている点が大いに影響しますが、実際にはしっかりとした記事を書けるWebライターが絶対的に足りていません。その背景にある理由がWebライターの将来への不安です。確かに今だけのお仕事として考えるのであれば申し分ありませんが、この先Webライターとして働く場合、安定して仕事があるのかという不安もありますし、このさき大きく伸びる仕事かどうか?というのが判断が付きません。しかしWebライターの将来は様々な理由から明るいものです。

Webライターの将来性が明るい理由

なぜWebライターの将来性が明るいのか、そこにはいくつかの理由があります。

まず、もはやWebの存在抜きには語れない程、現代社会ではWebの存在が当たり前の物となっています。

どの企業も今以上にWebマーケティングに力を入れwebコンテンツに力を入れております。各業界で魅力あるwebメディアが林立しているのはそのためです。そういった業界ごとにwebメディアが多数出来る時代です。Webライターは今後も多くのお仕事があることは間違いないでしょう。

AI化の影響が低いとされています

近年、どの産業も人手不足が囁かれている一方で、AI化によって人間が不要になるのではとの危機感も強まっています。AIの進化の速度は尋常ではありません。次第に人間の仕事が奪われていくことが確実視されている一方で、いくらAIが進化しても人間同様のレベルに達するのは難しいとされているお仕事があります。

ライターもその一つです

いくらAIが優秀になったとしても、人間の書く文章を真似ることは難しいとも囁かれていますので、Webライターの将来性は明るいと予測されています。

Webライターで稼ぐためには

将来性はもちろんですが、Webライターで稼ぐためには文才以上に責任感が求められます。いくらWeb上で完結するとはいえ、お仕事であることは間違いありません。

軽い気持ちでWebライターに取り組む方も珍しくなく、安請け合いしてしまったお仕事に対して連絡を取らず、音信不通となってしまうライターもいます。文才も大切ですが、気軽に取り組めるとはいえ仕事だという責任感を持つことがとても大切です。

Webライターのお仕事も実績が大切です

Webライターはステップアップも可能なお仕事です。お伝えしたようにどの企業もWebマーケティングに力を入れているだけに、需要は幅広いです。

様々なチャンスがあるお仕事ですが、大切なのは実績。

「実績」はWebライターとしてのお仕事はもちろんですが、他のジャンルでの経験も十分に「実績」となります。

Webで調べることも大切ですが、実際にそれまで自分が何をしてきたのかが「強み」になります。

あまり需要がないのではと思うようなニッチ産業での就業経験であっても、時に記事作成の依頼が届くこともあります。

ライターステーションがオススメな理由

Webライターに取り組むのであればライターステーションがオススメです。多くの理由がありますが、一番は「経験になる」点です。

Webライターのお仕事はクラウドソーシング等でも探せますが、クラウドソーシングの場合、常に異なるクライアントとのお仕事ですし、クライアントが求めているのは即戦力です。

その点ライターステーションはマニュアルもしっかり用意されていますし、指導もおこなってくれますので、仕事をこなしていくうちにWebライターとして大切なことが身についていきます。

いくらWebライターが将来性のあるジャンルではあっても、基本を疎かにしてはなかなか仕事にありつけません。

ライターステーションはお仕事があるだけではなく、Webライターとして必要なスキルを身につけることができますので、これからWebライターとして活躍したい方にオススメです。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
二宮祐介

Blogger : 二宮祐介

Webライターとして10年ほど活動。 多種多様なジャンルに取り組みつつ、Webライターとは何かを常に考えながら毎日楽しく生きています。