Webライターになるには

質の高いコンテンツとは?

Webライターとして活動する中で、高く評価されたいという気持ちありませんか?評価されると、自信になって収入も増えるのでいいことだらけです。

評価されたい方は、何も考えないで記事を書くだけではいけません。ユーザーにとって価値がある、質の高いコンテンツを提供する必要があります。

そもそも質の高いコンテンツとはいったい何でしょうか?ここでは質の高いコンテンツについて詳しく解説していきます。

評価される質の高いコンテンツ

まずは、どのようなコンテンツがユーザーに価値があると判断されるかを知る必要があります。ここでは、質の高いコンテンツの条件を確認しましょう。

ユーザーが必要とする情報が入っている

ユーザーは、知りたいことがあるのでサイトを訪問してきます。なので、記事を書く前には、求められている情報は何かを理解することが重要です。

自分の詳しいジャンルだと、ポイントとなる情報がすぐに頭に浮かんでくると思います。しかし、詳しくないジャンルの場合は、求められている情報がぜんぜんピンとこないことがあります。

たとえば、住宅を購入したことがない方にとって、住宅を探している人の気持ちを理解するのはとても難しいです。中途半端な理解で記事を作成すると、的外れな質の低いコンテンツと評価されることになりかねません。

質の高いコンテンツを目指すのなら、すぐに文章作成したい気持ちを抑えて、十分に時間をとって納得がいくまで調査しましょう。

また、必要な情報を入れるためには、調査の時点でターゲットを明確にしておくことも重要です。サイトは、あらかじめどんなユーザーが多く訪れるかを想定して作成されています。

その流れを外さないように意識してコンテンツを作成することで、ユーザーにとって価値がある情報が提供しやすくなります。

根拠がある

ユーザーが求めている情報を調べるときには、質の高いコンテンツを作成するために説得力が備わっているデータを探しましょう。

コンテンツ作成時に説得力が欲しいときには、根拠となるデータを引用したりリンクを貼ったりすることで、信ぴょう性を持たせることができます。

情報収集に力を入れる

提示した情報にしっかりとした根拠があるなら、良質なコンテンツとして評価される可能性が高まります。

しかし、情報収集が思い通りにいかないこともざらにあります。欲しい情報があるのになかなか出てこないのは、非常に歯がゆいです。ただ、このときに簡単に見つからないということは、逆にチャンスでもあります。

つまり、ライバルが少ないということなので、うまく質の高いコンテンツを作成することができれば、アクセスが集中するかもしれません。粘り強く調査して、事実ベースの情報の入手を目指しましょう。

情報の事実を確認する

根拠がない適当なことや嘘を交えてコンテンツを作成するのは、絶対に行わないようにしてください。

事実ではないことが発覚した場合には、サイトの信用が失われることなります。ユーザーにとっては、価値がないどころかマイナスの情報です。

そのような悪質なコンテンツは、いろいろな方に迷惑が掛かっていいことが何もないので、間違っても作ってはいけません。

読みやすい工夫がされている

ここでは、文章を書き始める前段階の話をします。

わかりやすい文章を書く前に、本当に書く必要があるかを自分に聞いてみてください。ユーザーに伝える手段や方法は、文章以外にもあります。書くよりもわかりやすくなる場合には、積極的に利用しましょう。

まずは、見出しです。内容を要所ごとに区切ることで、大事なポイントが理解しやすくなります。文章を工夫する前に、相手にわかりやすく伝えることができる手段です。

また、図や表を用いることで、下手に文章で表すよりも伝わりやすくなる場合があります。箇条書きも、見た目がすっきりとして頭に入ってきやすくなるので効果的です。

ユーザーに想像して欲しいものがあるような場合には、関連した画像を貼ることでイメージが伝わりやすくなります。YouTubeなどを使って動画を用いることもできるので、読みやすい工夫の1つとして活用しましょう。

伝わりやすい文章や表現

ユーザーにとって必要な情報がわかって根拠のあるデータが揃ったら、ここから文章を作り始めます。料理でいうと、食材が揃って包丁を握っている状態です。

食材を食べやすい大きさに切るように、文章も読みやすくなるように変えていきます。

専門用語をわかりやすくする

専門用語をそのまま使うと、理解できないユーザーは自分で調べないといけません。さらに、専門用語が続くと、他にもっとわかりやすいサイトがあるのではという考えに至って離れてしまいます。

手を止めて言葉の意味を確認しないでも頭に入ってくるように、専門用語をわかりやすい言葉に変換したり説明を加えたりしましょう。

ただし、専門性が高いサイトの場合には、専門用語をそのまま使用した方がわかりやすいと評価されることがあります。下手に表現を変えることで、一言で済むことを回りくどく説明していると思われてしまうかもしれません。

空気を読むではないですが、どの程度までわかりやすく表現した方がいいかも気にするようにしましょう。

理解しやすい文章を心がける

わかりやすい文章は、中学生にも理解できると言わることがあります。まずは、自分で読み返して引っ掛かる部分があったら、修正していきましょう。

そのときには、一文が長くなりすぎないように気をつけたり、改行して文章が密集しないようにしたりして、読みやすくしていきます。

文章の流れを把握しやすくするために接続詞を使ったり、不必要に「それ」や「これ」の指示代名詞を使わないようにしたりすることも大事です。

読みやすさは、理解のしやすさにもつながるので、質の高いコンテンツの評価を得るためには重要なポイントです。

検索エンジンはサイトの質を見ている

質の高いコンテンツの話をするときには、検索エンジンの話は避けて通ることができません。SEO(検索エンジン最適化)を意識してコンテンツを作成することは、高い評価を得るための重要なポイントです。

日本でほとんどのシェアを占めている検索エンジンであるGoogle。ユーザーが求めている情報を含んだコンテンツを探す力は、日々進化し続けています。

Googleは、さまざまな分析を行って検索結果が表示されるので、本当に役立つコンテンツと判断されないと上位に出ることができない仕組みです。

なので、多くの方に自分が作ったコンテンツを見てもらうには、Googleがどのような評価基準なのかを知っておいた方がいいでしょう。

評価基準が明確になっているわけではないのですが、

・文字数が多くて情報量が多い
・被リンクが多い
・訪問回数が多い
・滞在時間が長い

などの条件を満たしていると、上位に表示されやすいと言われています。つまり、ライターとして行えることは、情報量が豊富で価値のあるコンテンツを作ることです。

充実したコンテンツができれば、すぐに結果はでないかもしれませんが、時間が経つごとにユーザーに価値が伝わっていきます。そうなると、自然に被リンクや訪問回数、滞在時間が増えていくのです。

今日明日で結果がでるものではありませんが、いつかGoogleに見てもらえると信じて、サイトの質を上げる工夫をし続けましょう。

まとめ

優秀なWebライターとして活躍をしたい方は、質の高いコンテンツを納品することが大切です。単発ではなく継続して質を保ち続けることで、評価がぐんぐんあがっていきます。

質の高いコンテンツを納品できると、価値を生み出すことができると評価されて単価アップにもつながるので、目指しておいて損はありません。

ただし、質の高いコンテンツを作成できるようになるのは、簡単ではないのも事実です。結果がすぐにでるものではないので、自分の力だけでは思っている以上に長い時間がかかるかもしれません。

そんなとき、ライターステーションなら、編集担当がフィードバックを行なうのでいろいろと学ぶことができます。ライターステーションでは、質の高いコンテンツを作成するための近道を、用意してお待ちしています!

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : soda