Webライターになるには

初心者Webライターが続けて仕事を受けて稼ぐための具体的な方法

初心者Webライターが続けて仕事を受けて稼ぐための具体的な方法

初心者Webライターでも高評価をうけるたった5つの方法

初心者webのライターやデビューしたいけど初め方がよくわからない、文章が上手く書けるかどうか分からない、SEOに関しての知識が乏しい、などの不安が二の足を踏ませてしまいますよね。

そのような不安は徐々に経験を積んで勉強していくことで解消することができます。それよりもまずは、あたりまえのことを守ってことがとっても大事なんです。

納期を守ること

当たり前と思うでしょうが、意外と出来ていないのが、納期を守ること。一番良くないパターンだと、納期ギリギリに出来ませんでした。と仕事をキャンセルすること。これは信頼を失うというよりも即ブラックリスト入り。

こういったケースはめったにありませんが、納期ギリギリになって「1ページしか出来ません」や、完了しているものを伝えずに「間に合わないので1週間時間を下さい」と言ってくる場合。これをされると一番辛い。お仕事を頼まれなくなってしまいます。

しかし、納期が間に合わない場合でも逆に信頼を得られる方法があります。それは依頼を受けた段階で、間に合わないと伝えてくれること。もしくはわかった時点ですぐに伝えてくれること。それだけでスケジュールの見直しや、五月雨式でもらったりと方法を編集側で考えることが出来ます。そうすることで編集側と一体感を持つことができて評判が上がります。だからといって、毎回納期の延長は禁物ですよ!

あらかじめ質問すること

熟練Webライターも見落としがちな高等テク。しかも自分が書く時にものすごく楽になります。

質問することで、Webライターさんに伝わってないことや伝え方を編集者も学ぶことができて、さらに「この人は一緒に考えてくれている!」と思ってくれるので、のちのち編集同士でも「このWebライターさんはすごく良いよ!」と評判も上がります。

とはいえ最初から質問をすることは難しいもの。その場合、都度質問をすることでも同じ効果が出ます。結局は人対人の関係なので二人三脚でサイトを作っているという意識が出てくると、信頼と評価が上がっていきます。質問の仕方もテクニックがあります。

わからない部分を限定し、自分の解釈を伝える。これだけ。これだけで編集者と自分の解釈の違いがわかります。

自分の言葉で文章が書けること

編集より指示とともに参考文献などをおくられてくることがあります。そのほか自分で別のサイトで参考にすることもあると思います。この場合、文献に書いてあることを「引用」するのではなく、コピペしてしまうと、マイナスポイント。コピペはオリジナルの文章に変えて下さいと差し戻しをされます。お互いの労力が増えてしまうだけなので、自分の言葉で書きましょう。そのために必要な文章を理解せずに書いてしまうと伝わらなかったり、接続詞やてにをはを変更するだけだと、この人は読解力もライティング技術がないんだなと思われてしまうので、しっかり熟読して理解する必要があります。

依頼された文字数以上を満たす。

文章がうまくまとまり、必要文字数を満たせないときにそのまま提出してしまう。逆に文章量が満たせていないので、文章を無理やり付け加えたなどの原稿は基本的にNGです。 内容が秀逸であっても、依頼した文字数は編集者が意図があってのこと。

たしかにいい文章だけど…と、そういった原稿が多いと編集者が結局加筆する必要があり、今後の原稿料のアップが望めなくなります。Webライターとして収入を上げていきたいなら文字量は満たしましょう。

連絡はこまめにする。

連絡をこまめにする。これは非常に大事。Webライターには副業の人も多くいます。日中の電話が難しいというのは予め伝えておけば編集者は電話をする場合の希望の時間帯を聞きます。

その上で、メールやチャットツールなどでの連絡にも返信がないとなると、この人はやってくれるのか?ひょっとして逃げたんじゃないか?と考えてしまいます。最低でもメールを受けた翌日、なにか難しい理由があれば翌々日までに返信があると安心しますし、すぐに返信があるだけで評価が上がります。内容にすぐに回答できない場合は、「メール承りました。」程度のメールで構いません。

初心者WEBライターの心得まとめ

ここまでNGなことを書いてしまい、ちょっとWebライターってキツイかな?と思った方もいるかも知れませんが、

  • 納期を守る=遅刻をしない
  • 質問する=事故をなくすためにすり合わせる
  • 自分の言葉で書く=自分の仕事と意識する
  • 文字量を満たす=依頼を忠実に守る
  • 連絡する=無断欠勤しない
社会人にとっては当然のこと。

そしてたったこれだけのことが、重要なことなんです。 Webライターは目に見えない相手と関わるお仕事。基本的なことを守るだけでも、評価や信頼を得ることができるかどうかが関わってきます。

基本的なことができるようになってから、さらに評価の高いWebライターを目指すようにするといいでしょう。 テキストの品質が高いことやSEOライティングができること、ペルソナに対応した文章が書けること、最終的にこれらができるWebライターになれると仕事量の大幅な増加や収入アップにつながります。

副業で自由に使えるお金が欲しい、収入を増やしたい、と思っている方はたくさんいるのではないでしょうか。そういう人にとっては初期投資のすくないWebライターはうってつけ! 「当たり前をきちんと」をふまえて人気の出るWebライターを目指していきましょう!

初心者Webライターが最初に準備するもの

Webライターに必要な物は、パソコンとネット環境、そして連絡の取れるツールの3つだけです。たったこれだけあれば、どんな方でもすぐにWebライターを目指すことができます。

しかし、簡単にできてしまうということは、誰にでもできてしまうということ。しっかりと稼げるWebライターになるということは簡単ではないということを考えておいた方が良いでしょう。やはり、継続した仕事をもらうということで収入が安定します。精神論になりますが、一番大切なのはやる気や根気です。

ですので、文章が書くのが得意なのも大切ですが、文章を書くのが好き!という気持ちが一番大切な準備になるかもしれませんね!

初心者Webライターの収入ってどのくらい?

Webライターの収入は、たいてい文字単価計算になります。多くの初心者Webライターは1文字0.2円くらいからはじまる事が多いとです。まずは、だいたい純粋計算で文字単価1文字/1円を目指せるようにしましょう。あまりにも文字単価が低いとしっかりとした収入に繋げることが難しくなってしまいます。

また文字単価は、1000文字~2000文字基準で計算されています。1円/1文字基準だからといって、5000文字=5,000円ということではないので注意が必要です。

文字数が多い場合は1文字単価が下がってしまうこともあります。ですが、逆にボリュームのあるページは編集側が細かく指示を書いてきてくれることが多いので、文章を書きやすく、効率よく仕事ができるというメリットもあります。

初心者Webライターの仕事の探し方

最近では、様々なクラウドソーシングでWebライターを募集しているところが増えつつあります。例えば、ランサーズやクラウドワークス、サグーワークスなどは、初心者でもデビューすることができ、簡単にWebライターを目指すことができるようになりました。

どれも簡単に登録でき、仕事もさまざまなジャンルが大量にあります。ます。しかし初心者にはいきなり難しい長文のものや、時間をかけて書いた割には単価が安くなってしまう物が多いのです。たいていのお仕事が、1文字1円にも満たない物ばかりで、数百円~数千円のお仕事しかもらえません。時給に換算すると虚しい金額です。

クラウドソーシングだと初心者Webライターは単価の悪い仕事を受けることになるかも クラウドソーシングでのWebライターの仕事数は決して少ないわけではありません。むしろ多いです。しかし時間や労力に見合った物を上手く見つけるのが難しいのです。

クラウドソーシングは1案件ごとのWebライターの競争率が高い

誰にでも書きやすそうなものや内容と比較して文字単価が良いと感じる案件は他のライターにとっても同じなので、人気が出てしまい、競争率が高くなります。そうすると、経験がある人や評判の良い人が優先されるので、必ずしも良い案件を確保できるわけでは無いです。

案件探しをしているだけでかなりの時間が経ってしまい1日が終わることも。

結局、クラウドソーシングでの案件探しはWebライターとしての売り込み(営業)活動にほかならないのです。 Webライターとして活動している時間ではないため、実務の圧迫、収入の圧迫へとつながってしまうのです。

その時間をライティングに回すことができれば、文章力の向上にも繋がり、単価の高い仕事につなげることが出来ます。

依頼主が変わるたびにルールが違うので、ルールの横展開できない

依頼主が変わるたびに細かく定められたルールが毎回違うので確認をしなおさなければなりません。 ちょっとしたルールに反した部分があると(OKにしてくれる場合もありますが)報酬はゼロになり、書いた案件は無かったことになるケースもクラウドソーシングそのものにもクライアントにも存在します。その場合、修正や変更を後ですることはできず、なぜダメだったのかだけが書かれるだけ。ちょっとモチベーションが下がりますよね。

しかも上述したとおり、早いもの勝ちで経験者や評判の良い人が優先されるため、残っている案件はたいていそういった特殊案件であることが多いです。

クラウドソーシングはとにかく数をこなす!適応力を上げるのにはGood

クラウドソーシングの案件探し・案件確保・ルール確認など全てにかかる時間を考えると、単価が安すぎてモチベーションを上げにくい。

報酬が少なくても、場合によってはなくなっても、今は修行の時!ライティングさえできれば良い、とにかく文章が書きたいという時期にはおすすめします。またさまざまなクライアントがいるので、それぞれの会社のルールを覚え、適応力を磨くには良いです。

ライターステーションなら初心者でも簡単な口コミ投稿などでスキルアップが出来る ライターステーションはWebライター初心者の方でも稼ぎやすいように、簡単な口コミの投稿などから経験を積んで、レベルアップできるようになっています。初めから難しいものや長文を書くのは不安だという方でも、少しずつ経験を積めばどんどん稼いでいくことも可能です。

初心者Webライターが目標とする収入は

Webライターを目指すのであれば、やはり目標を設定することは大切です。ひとつひとつの仕事を丁寧にこなしていくことができれば、仕事もどんどん増えていき、収入アップにも繋がります。まずは、自分のペースで稼ぐことができるように、5万円、10万円と目標を立てて、目指していきましょう。

初心者からの脱却。Webライターとして5万円稼ぐ方法

初心者Webライターは当然、単価も安く仕事の量も少ないです。初心者の場合、副業の方が大半です。 時給の場合、東京平均で時給1,108円。1日8,864円になります。1日8時間働くとして、約5日半程度になります。45分に1000文字を書くことを目標に、1文字0.3円として、18時間必要になります。

これでは割に合いません。

ですので、最初の1ヶ月はとにかく簡単な仕事を複数の会社からたくさんもらい、自分にあったクライアントやクラウドソーシングを見つけること。ひとつに絞り込むより複数のところで、納期と品質をまもった仕事をしていけば、まずは1万円くらいの稼ぎになります。 これで信頼を増やしていき、

  • 同じ会社から
  • 継続して
  • まとまった仕事を
  • 複数もらえる

状態を早く作ることです。できれば編集や担当者が変わらない方が良いですね。 こちらをクリアできれば、2000文字で20ページくらいの案件をもらえるようになります。こちらがおそらく20,000円~25,000円程度の価格帯になります。高く見積もって15時間で約1650円。だいたい2週間程度の仕事になりますので、これを2サイクル行うことで5万円への道が見えてきます。

だいたい、平日1時間・土日で5時間程度の作業を行うことで5万円の道が見えてきます。 またライティングは短期集中型。長い時間を書けてゆっくり作ってしまうと納期に間に合わない場合があります。 前述した45分で1000文字を目標に書くには通勤中などに情報収集などをして、ライティング時に調査をあまりしなくても良いようにすることが大切になります。

月額10万円、副業ライターの最初のステップ

副業ライターとして一人前の証。それが報酬10万円です。 副業で月10万円狙うとなると、時給換算で2,000円に到達しているはず。高品質な内容を短時間に作れるWebライターとして重宝されるはずです。

そうなるためには気に入られているクライアントや評価が上がっているクラウドソーシングが必要になります。クライアントからお仕事を指名でもらいつつ、クラウドソーシング内での実績と評判をあげてください。この時期には競争率の高い案件でも手を上げていれば、依頼が来るようになります。

まとまった案件を依頼するクライアントがいること

複数社でも1社でも構いませんが、まとまった案件を複数もらえることが望ましいです。 まとまった案件の場合、グロス計算の場合が多く、文字単価というよりもプロジェクトとしての予算から依頼を受けることがあります。

ですので、文字単価そのものは安くなる場合も。しかし単価が安いからと断るのではなく、積極的に受けることをおすすめします。

なぜなら、こういった案件はテーマに沿ってのライティングになるため、本数は多くても調査が1回ですみライティングスピードも早まり品質も高まります。結果、クライアントからの評価が大幅に上昇する可能性が高いから。

おそらくネット上で言われる、1時間に2,000文字を目標とするライティングはまとまった案件をしている人たちが出来ることと思います。 まとまった案件の場合、大体1案件6万円以上のものが多く、こういったものを複数することで10万円が見えてきます。

単価交渉をしないでも自動的に上がるシステムのあるクラウドソーシングかクライアントを見つける

Webライターの最大の弱み、単価交渉があります。もちろん単価交渉には応じてもらえるのですが、基準が曖昧だったり、交渉に失敗してしまうとモチベーションが下がってしまいます。 ですので、単価向上が自動的にできるサービスや、単価の高い仕事も持っているクライアントを見つけることが重要になります。

初心者ライターでもライターステーションなら安心して受けられる

初心者ライターにとって、仕事を見つけることは難しいですが、ライターステーションではぴったりの仕事を紹介してくれます。

ライターステーションは直発注の案件ばかりです。ですから、価格競争になることはなく、自分から立候補しなくても仕事が舞い込んできてくれます。

しかも単価はステップアップ式なので、実力に見合った報酬を受け取ることが出来ます。

これからWebライターとして頑張っていきたいという初心者Webライターの方でも安心してお仕事を始めることができるでしょう。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ライターステーション事務局

Blogger : ライターステーション事務局

ライターステーション事務局公式アカウント