Webライターになるには

未経験Webライターがやるべき勉強方法と便利ツール

未経験Webライターがやるべき勉強方法と便利ツール

未経験からWebライターには誰でもなれる

Webライターは特に資格などが必要なわけではなく、名乗ったその日から「誰もがなれる」のが魅力。

今では学生や主婦などネット環境とパソコンさえあればどこでも仕事ができるので、増加傾向にあります。

こちらでは未経験からWebライターになる方法を具体的に紹介していきますので参考にしてください。

未経験からWebライターのになる魅力とは?

未経験でも本人のやる気次第で仕事を受注できるWebライター。

仕事の魅力で一番にあげられるのは自分の決めた時間に仕事ができるということ。

どうしても家にいなければならないという人も、ゆっくりとした場所で仕事したいという人も、どんな人でも自分のペースで仕事をすることができます。

インターネットを使って在宅でできる仕事は増えてきていますが、その中でもWebライターはパソコンとネット環境が整っていれば特に必要な物も無いので、比較的始めやすい仕事でしょう。

またWebライターは、同じ作業を繰り返すというだけの作業ではなく、様々な情報に触れることができ、経験を増やすことができるとてもやりがいもある仕事です。

未経験からWebライターにどうやってなるの?

未経験からWebライターになる方法はいくつかあります。企業に就職するという方法と、フリーランスになるふたつの方法があります。

企業に就職するのは、安定した給与がもらえますが、給与そのものが低かったり、時給制だったりします。また未経験だと就職率が低くなります。

また就職先の企業の業界が限定されるため、専門的知識は身につきますが、幅の広い仕事は出来ないです。

フリーランスはライティングした分だけ報酬がもらえる半面、仕事を見つけるのが大変です。

また業界にこだわらず、知識がないと高単価の仕事が受託できないなど、それぞれメリットとデメリットがあります。

企業に就職する

企業は主にWebライターよりも、編集者を募集しています。

Webライターは文章を書くことがメインですが、編集者は原稿を書くというよりも、Webライターに原稿を依頼して、編集をしたり、書いてもらう内容を企画したり、予算管理を行うこと仕事。もちろん未経験でも行えますが、一般的に編集者としての経験がある人が採用されやすい傾向にあります。

専門業界やオウンドメディア運営会社、情報メディア運営会社などが募集しております。

まれにWebライターを募集していることがあり、未経験Webライターであっても意欲があれば採用されることも。しかしこの場合時給のことが多く、専門的な業界でない限りは通常のアルバイトの金額と同等レベルになります。

フリーランスのWebライターとして働く

未経験でもフリーランスとして働くことが出来るのが、Webライターの強み。フリーランスは自分で仕事を探すということになります。

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングを利用して案件を見つけて、立候補する方法。

メディアなどの募集要項でWebライターの募集要項が出ている時に応募する方法。

といったことをして仕事を見つけます。

未経験からメディアなどに寄稿するのは難しいので、クラウドソーシングを利用して経験を積む未経験webライターが多いです。もちろん未経験だと収入にあまり繋がらない仕事が多くなります。

未経験からWebライターにデビューする際は副業から始める人が多いのもそのためです。

クラウドソーシングは案件が多いですが、未経験Webライターでもできる仕事となると単価の安いものに限られてしまいます。またある程度経験を積むと、直発注を受けたりするので、クラウドソーシングのウェイトが減っていきます。

最終的に直発注できるサイトでの仕事がメインとなり、そちらでの案件を主力とするWebライターが多いです。

未経験Webライターならライターステーションがおすすめ

ライターステーションの特徴は発注側がWebライターに発注することにあります。

応募の際の簡易テストによって、どのくらいのレベルや文量の依頼ができるかを判断しますので、未経験でもレベルに合った仕事の依頼を受け、webライターとしてデビューできます。

ライターステーションの実現可能な目標は、

  • 副業の場合:15万円
  • 専業の場合:50万円

副業なら5万円、10万円をまずはクリア、専業の場合は30万円をクリアしたくらいから専業を意識してみると良いでしょう。

これくらいの収入が欲しい場合は、1円/1文字として、1日に数時間以上確保する必要があるでしょう。内容や個人差もありますが、1時間で2000文字くらい書かないと時給と比較したときに安価になってしまいます。

専業になるためには、文字単価をあげることや品質などが重要になってきます。ライターステーションならスキル別報酬システムがあるので、自分から値段交渉しなくても大丈夫です。レベルの高い仕事をお願いされ、金額アップ!ということもあるので、目標を立ててWebライターとして稼ぎましょう。

未経験Webライターが覚えておきたいWebライタースキル

未経験のWebライターが絶対に身に付けておかなければならない必須スキルというものは特にはありません。

しかし、Webライティングをする上で、SEOライティングや専門の資格をもっていると他のライターと差別化することができます。

未経験だからできるWebライターの必須スキル

Webライターは、webサイトを閲覧しに来たユーザーがどのようなことを知りたくてサイトを見に来るのかということを、しっかりと把握する必要があります。それにより課題や要望に対して、正確に解答している文章を書くことで、わかりやすく読みやすいサイトにしていくことができるからです。

また、依頼主がどのようなことを希望しているのか、依頼書に沿った内容の文章が書けているかどうかもWebライターとして重要です。ただやみくもに文章を書くのではなく、書いて欲しいことと書いたことが一致しているかどうかをしっかりと確認する必要があります。簡単なことですが、一番大切なことです。これらをすることに、特別なスキルは必要ありません。確認を怠らないことで、誰にでもできることです。

そして、これらを踏まえた上で、読み手が読みやすいと感じる文章であったり、惹きつけられるような文章が書けたりすることがWebライターとして大切になってきます。

SEOライティング

Googleの検索アルゴリズムが向上したことで、WebライティングにもSEOが求められるようになりました。

そこで重要になるのが、コンテンツの質です。

ユーザーの知りたい内容が盛り込まれているか、ユーザーにとって読みやすく理解しやすい構成か、それらを適切に文章で形にすることがコンテンツの質につながります。

また、googleのクローラーが読み込むことが前提で書く必要があります。

SEOライティングのテクニックとして、上位表示させたいキーワードを上位表示サイトと同等数自然に盛りこめているか、見出し、小見出しにも盛り込めているか等、細かい部分までWebライターとして気配りが出来ると上位表示させやすい土台が整った記事に仕上げることが出来ます。

ペルソナマーケティング

検索して、訪問してきたユーザーが何を知りたいか?を読み取ることは非常に重要。

読み取りために、ペルソナを設定し、ペルソナが訪問したページで課題や要望を解決し、商品・サービスを利用するように導く必要があります。

SEOライティングとは別にユーザーに対して寄り添った内容を記載することが非常に重要。

そのためにライターステーションでは、ペルソナの年齢や住んでいるところ、性格や趣味まで細かく設定します。

その人が、どういう気持ちでサイトに訪問したのか?情報提供の方法や課題解決への導き方までペルソナの立場に立ってライティングすることが必要となります。

ひとりにターゲットを絞ることで、そのページに訪問するユーザーの課題・疑問・要求が具体的に把握できます。

その結果、このページで何を知りたいかを理解できるようになるので、ペルソナについて疑問点があればクライアントと話をつめていきましょう。

編集者の意図を読み解くスキル

web編集者とはそのサイトの方向性や提供する情報などを決定し、その指針に沿ってサイトを構築・公開し運用する人を指します。

その編集者が提供する内容にそってライティングすることが望まれますが、編集者の提供したものの意味が理解出来ない。内容が複雑で不明といったことはよくあります。

こういうときに自己解釈をせずに、すぐに編集者に質問をすること。

「未経験Webライターだから」と気後れするということもあると思いますが、仕事をお願いする以上はサイトを成功させるパートナーとして一緒に高品質のものをつくることが重要。

また、そういったやりとりをすることで信頼関係が生まれ、この人にお願いしたい!と指名が取れるようになります。

Webライターに必要な資格

Webライターに必要な資格というのは特にありません。Webライティングにまつわる資格もありますが、どうしても持っていないとWebライターになれないというわけでは無いので、必ず持っていなければいけないということはありません。

ですが、業界に特化した資格を持っているとWebライターとして仕事が受けやすくなる事もあり、非常に良いです。また、副業でWebライターを目指す場合も、本業で必要な資格などをアピールすることで早い段階で難度の高い高単価の仕事を受けられる可能性が高まります。

例えば、宅建を持っている、マンション管理士を持っている、2級建築士を持っているなどがあるとポイントになり、その関連した不動産や建築の仕事を依頼されやすくなります。

資格を持っていると他のWebライターよりも詳しい知識があることをアピールすることができます。

もちろん、資格がなくても以前この業界で働いていたのでユーザーの悩みが分かるといった生の経験もWebライターとして活かせます。

現在、増えつつあるWebライターの中で、他のWebライターと違うということは強みになるでしょう。

未経験Webライターでもライターステーションなら安心して受けられる

未経験Webライターにとって、ライティングの仕事をいくつも見つけることは難しいですが、ライターステーションではぴったりの仕事を紹介してくれます。

ライターステーションは直発注の案件ばかりです。ですから、価格競争になることはなく、自分から立候補しなくても仕事が舞い込んできてくれます。

これからWebライターとして頑張っていきたいという未経験Webライターでも安心してお仕事を始めることができます。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ライターステーション事務局

Blogger : ライターステーション事務局

ライターステーション事務局公式アカウント