Webライターになるには

初心者からでも始められるWebライターの仕事内容とは?

ライターには様々なジャンルがあります。コピーライター、トラベルライター、グルメライター、ルポライターなど。

ここでは、webライターをピックアップしています。webライターの仕事内容はなんなのか、に必要なスキル、向き不向き、心構えなどについてまとめてみました。

これからWebライターを目指す人は、ぜひ役立ててください。

Webライターの主な仕事内容

私たちが普段利用しているインターネット上には、様々な情報があります。これらの情報のほとんどは文章で構成されています。

Web上で公開されている文章を書き報酬をもらう人。 シンプルにいってしまえば、それがWebライターです。

Webライターに必要なスキル

企業のコラム記事、インターネット広告、ECサイトの商品ページなどWeb上には様々 なスタイルで書かれた文章があります。

Webライターには各スタイルに合わせつつも、オリジナリティのある文章を書く必要があるのが特徴です。では、Webライターにはどんな能力が求められるのでしょうか。

独自性のある文章を書ける構成スキル

Webライターにはクライアントがいるため、どんなことをあなたの記事を通して伝えたいのかを理解する必要があります。

まずはクライアントの要望を十分に把握しましょう。その要望を読者に対して伝わりやすいかつ、分かりやすい内容で文章を書かなければいけません。

クライアントの求める読者層を意識した内容と、情報を上手く伝える構成力が求められます。また、クライアントの伝えたいことをあなた独自の目線で書くことも大事です。

クライアントはどこにでもあるありふれた、定型的な文章を求めているわけではありません。あなただから書ける情報、あなただからできる文章、そういった記事をクライアントは求めています。

専門知識

あなたの趣味はなんでしょうか。普段から触れている知識は専門性に繋がります。あなたの常識はひょっとしたら他の人にとっては未知かもしれません。

好きなこと、得意なこと、普段から触りすぎてあなたにとっては常識となってしまっている知識など、それらを少しだけ掘り下げることで武器となるでしょう。

自分が発信して苦にならない分野はなんなのかを知りましょう。それが、独自性のあるWebライターとしてのスキルに繋がります。

情報収集スキル

記事を作成する上で取材は必須事項です。そのため、記事の材料を効率よく集める能力が求められます。素材の多さと質によって、記事の価値が決まると言ってもいいかもしれません。

普段から情報を集める、わからないことを調べる癖を身につけておいた方が良いでしょう。

情報収集をする癖を身につける簡単な方法として、自分の知らなかった情報を目にしたらその場でメモアプリやメールの下書きなどに入力しておくことをおすすめします。

知らない情報を見つけたらスマホに保存しておき、貯めておく。すべての情報をあなたが覚えておく必要はありません。記憶することはスマホに丸投げしてしまいましょう。その情報メモはあなたが執筆に行き詰ったときの気分転換に見てみてください。きっと解決の糸口が見つかるでしょう。

コミュニケーションスキル

直接顔を合わせずとも仕事が成立するのがWebライターの特徴のひとつといえます。とはいえ、最低限のコミュケーションは必要です。

クライアントの要望に応える為には、意思の疎通が重要です。コミュニケーションの基本は「報告・連絡・相談」です。丁寧なコミュニケーションを心がけましょう。

モラル

依頼記事には納期が存在します。納期を守ることは当然ですが、途中で投げ出すようなことをしないようにしましょう。

顔が見えないからこそ、あなたの評価はあっという間に決まってしまいます。

モラルに欠けて著しく評価を落とす行為に、他者が書いた記事をコピー&ペーストして記事を納品してしまうというものがあげられます。

簡単にバレる上に信用を失います。個人が特定されづらいインターネットの世界でも人が営む社会です。画面の先には人がいます。

信用を損ねる態度や行動を控え、人の役にたつにはどうすれば良いかを考え、仕事に取り組む態度が肝心です。その態度はそのまま自分自身の利益、財産となります。

Webライターに向いている人

Webライターには資格は必要なく、誰でもなることが可能です。しかし、その中でも向き不向きは存在します。ここではWebライターに向いている人の特徴を紹介します。

文章を書くのが好き

当たり前ですが、ライターは文章を書く仕事です。普段から文章を書くのが好き、文章の構成を考えるのが好き、そんな人はWebライターに向いていると言えるでしょう。

黙々と作業をするのが得意

執筆作業は単調です。記事の素材を集めて構成を考え、書くことが決まったらあとはひたすらキーボードに打ち込むだけです。ひとりで仕事をするのが苦にならいと言う性格の方は、Webライターが向いています。

スケジュール管理をできる

記事の納品には期日が存在します。どんなライフスタイルでも簡単になろうと思えばなれるWebライター。それだけに主体的なスケジュール管理が求められます。

カレンダーやTodoリストなどのアプリを普段から利用している人の方が、抵抗感なくスタートできるでしょう。

素直

独自性のある記事を求められますが、それは自分の好き勝手に書いていいというわけではありません。

ときには自分の意見ではなく、クライアントの意見を優先することのできる素直さが求められます。

好奇心があって調べるのが好き

知らないものを知らないで終わらせない、見たことないものは見てみたい、未知の食べ物はとりあえず食べてみるといった好奇心がある方はWebライターに向いています。Webライターは情報収集が大切となるので、調べ物が苦にならない人におすすめです。

とくに日常的に読書をする習慣がある人は有利でしょう。本の中にはまだWeb上に掲載されていない情報が沢山あります。その情報を発信するだけでも独自性の強い文章になるのです。

また、日頃から本を読んでいる人は読みやすい文章が身体に染み込んでおり、文章の構成を考えることに抵抗が低いでしょう。一次情報に普段から慣れ親しんでいる人は、Webライターとして必要な武器をすでに手にしているといえます。

Webライター不向きな人

Webライターとして不向きな人とについてまとめてみました。

文章を書くのが嫌い

普段から文章を書かないという人、書くという行為が億劫に感じる人はWebライターには向きません。

また、それに付随して本を読む習慣がない人も向いているとは言えないでしょう。全ての情報が文字媒体というわけではありませんが、記事を作成するときの取材に書物を使うことが多々あります。

本にしか書かれていない有益な情報を抽出し、まとめる作業は普段から読書習慣がある人の方が有利です。

パソコンを使えない

Webライターですので、パソコンの基本的なスキルは必須となります。インターネット上で作業を行いますので、とくにHtmlに関する基本的な部分はおさえて置きたいところです。

Webライティングはキーボードで執筆します。当然ながら、タイピング速度も執筆速度に大きく影響。

いくら独自性の高い有益な記事を頭で描くことができてもタイピングスピードが遅ければ、多くの収入を得るのは難しいと言えるでしょう。

自分の世界観を出したい人

記事作成の依頼はクライアントありきです。クライアントの要望に応えていく中で、ときにはあなたの本心とは違った意見を書かなければならない場面が出てくることもあるでしょう。

優先すべきことは、クライアントの要望とそれを読むユーザーです。クライアントが発信したいと思っている情報を読み取って執筆し、その記事を読んだユーザーに有益だと思ってもらうことがWebライターの使命です。

自分の世界観を出していきたい方には、ストレスになる可能性があります。

ひとりで作業するのが苦手

Webライターの仕事は取材で情報を集めて素材から文章を構成し、記事を書きます。多くの時間をひとりで作業することになるのです。

そのため、みんなでワイワイ作業をするのが好きな人には向いてないかもしれません。

Webライターとしての心構え

Webライターとはクライアントの代弁者のような存在です。クライアントの意向を理解し、かつ読み手にネガティブな印象を与えぬよう細心の注意をはらう必要があります。

ただ良い文章を書けばいいというわけではなく、より多くの人に読んでもらうにはどうしたらいいかを考え常に研鑽し、新しい知識を取り入れ続ける姿勢が大事です。  

Webの特性を活かしたライティング

Webの特性を活かし多くの人に読んでもらうには、SEO対策(検索エンジン最適化)を学ぶ必要があります。

SEO対策とは、検索結果で運営するサイトを多くの人の目に触れるために行う対策のこと。 私たちの住む日本の主要の検索エンジンはGoogleです。

SEO対策は、Googleの検索上位をいかにして獲得するかというものになります。Webライターとして活動するならば、SEO対策をしっかり学びましょう。

ターゲットと目的を意識する

クライアントがどのターゲット層を狙っているのかを意識しましょう。例えば、有名アーティストの記事を書いてほしいという依頼を受けたとします。

その記事でクライアントが求めてるのは有名アーティストと同年代のファンに向けた記事なのか、それとも新たなファンを訴求する記事なのか。

クライアントがどの年齢層に向けた記事を求めているのかを、あなたが知っているのと、知らないのとでは記事の質が変わります。記事を書くときに、その記事を読むのは誰なのか、誰に読ませたい記事なのかを意識するのは大切です。

Webライターとして収入を増やすためには?

Web上には様々なライター募集サイトが存在します。闇雲に応募し、仕事を受注するのは最適な選択とは言えません。

文章の品質を向上させるにはどうしたらよいか。まずはその技術を学ぶことです。ライターとしての技術はあなたの信用につながります。お金はあなたの信用の対価だと心がけるとよいでしょう。

ライターとしてスキルアップして信用を得ることが収入を増やす近道です。

常に勉強する

常に新しい情報を仕入れ勉強することは、Webライターをするうえでとても重要です。Web業界は日々進化しているので、常に新しい知識が必要となります。

また日頃から図書館や書店などに通い、一次情報に触れるようにしましょう。Web上にない知識を掲載することは他の記事と差を生み、独自性のある記事になるからです。

日常的に取材をしているつもりでなるべく多くの情報をメモしておくなど、地道な作業を積み重ねておきましょう。 そういった日頃の勉強があなたのWebライターとしての実力を底上げします。

書いた文章をチェックしてもらう

ライターは文章を書く仕事です。より良い文章とは、伝わりやすく分かりやすい文章のことを指します。

そのような文章を推敲なしで書ける人は稀です。 Webライターは文章を書く仕事ですが、じつは「書く作業」よりも「見直し作業」に重点をおく必要があります。

この見直し作業、推敲はひとりでやるよりも誰かに読んでもらうと良いでしょう。

ライターステーションはフィードバックを行なっている

Webライターとしてスキルを磨き、収入を確立していくのにライターステーションという選択があります。

ライターステーションは、サポート体制が充実しているのが特徴です。編集担当者が、Webライティングのノウハウを伝えてくれます。

また、編集が納品した案件のフィードバックを実施。書いた文章をについて意見をもらえるのは、成長につながると言えるでしょう。

ライターステーションには、Webライティング・スキルを学べる成長しやすい環境が整っています。

そのスキルはあなたにとって貴重な財産となり、ライターの仕事を請け負う際に高い評価を得ることになるはずです。

ライターステーションで報酬をもらいながら、WebライティングのコツやWebライターとしての仕事のやり方を学びませんか?興味がある方は、ぜひ応募してみてください。

タグ:
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : suzukimasanobu