Webライターになるには

ライターとはどんなお仕事!?雑誌やwebライターを目指す人にとってわかりやすく解説

みなさんライターのイメージとはどのようなイメージでしょうか。ライターと言えば、新聞や雑誌のイメージが強いことと思います。しかし最近はネットの発達によってWebライターとして活躍の場が増えてきました。

そのおかげで知名度が広がり執筆活動の選択も増えてきています。これからWebライターを志す人にとって、どんなお仕事でどのような活動されるのかまとめてみました。

雑誌のライターとWebライターの違いとは

主に求める読者と専門的な知識に違いがあります。雑誌読者は初めから求めるジャンルが存在し、そこから専門的な部分を深く掘り下げることで知りたい情報を提供できるように考える必要があります。

しかしWebの場合は多くの人達に印象が残るキーワードを構築しなくてはなりません。なぜライターがこう考えなければいけないのか、それは似たような内容が溢れているためです。雑誌と比べて不特定多数が購読しやすいため注目される様な文書を考えなくてはならないのです。また対策やwordpressといった専門的な知識も必要になってきます。

雑誌ライター

仕事内容

雑誌だけでなく、新聞、パンフレット、リーフレットなど紙媒体メインに執筆してるライターさんです。基本は出版会社に所属し、その社員として取り組むのが主流です。もちろんフリーで活躍する人もいます。しかし経験者のみの募集が多いため、未経験者にとってはハードルが高い世界となります。

将来の展望

電子化や購読者減少により年々紙媒体の出版数が低下してます。それによって出版社でもwebの方へシフトしている会社も増えてきました。ただまだ定期的な購読者も多く、雑誌でしか知りえない情報もあります。それらを求めるユーザーもいるのも事実です。その水準を満たし、取り込むように仕上げれれば安定してます。

向いている人

そのジャンルに精通し、それで原稿数をきっちり守り、簡潔に伝えられる人です。特に他では知りえないような情報があれば出版社にとって重要視されます。またページ数が決まっているためにわかりやすく、ポイントを伝えられる技術が求められます。

webライター

仕事内容

自社プログやwebサイトを中心に記事を執筆し、多くのユーザーに注目してもらうライターさんです。専属もありますが、外注から依頼された執筆を月単位で何記事といった契約が一般的です。未経験でも簡単に取り組みやすいですが、雑誌よりは単価が低いのがデメリットです。

将来の展望

ネットを使うユーザーも増加してますし、時代の流れで出版社も電子化に移行してます。WEBライターとして今後もますます活躍できる場が増えるでしょう。ただ似たような情報が溢れているため、注目される記事を執筆しなくてはなりません。またSEO対策やキーワードを常に意識する必要があります。

向いている人

新しい知識と情報を取り入れ、購読者にどう見てもらえるかを考えられる人です。雑誌と違って文字数は厳しくありませんが、webの場合は注目されやすい記事とSEOに向けて考えなくてはなりません。また初めは単価は安く、稼げるまでに時間が掛かります。経験値を積むまでは多少の覚悟が必要となります。

Webライターは未経験でも仕事がもらえる

始めにwebライターとして活躍したいのであれば文章力が必要なくても可能です。雑誌に比べてハードルは低いですし、資格や経験がなくても未経験として参加しやすいです。

しかしハードルが低い分競争率も高いため、自分なりの質の高い記事を提供しなければなりません。もちろんクライアントの意向に沿って作業が必要になってきます。

初めは単価が低い作業をこなしても時間が掛かることでしょう。徐々にスキルを身につきうまくいくようになりますが、初心者の内は不安になると思います。そこでおすすめしたいのがライターステーションで腕を磨くことです。

ライターに必要なノウハウをここで学ぶことができるでしょう。ここでの経験を積んでライターさんとなれば仕事が回ってきます。もちろんスキルアップのため、さらなる活躍を目指して仕事の幅を広げるのもいいでしょう。

そのためにも継続がなによりも大切になってきます。いい記事を提供できるライターさんは、仕事がもらいやすいです。現在Webライターが活躍して方々はたくさんいます。

ジャンルも豊富で、求める読者にも異なるのが特徴です。Webライターとして未経験でもライターといってもジャンルはさまざまであり、幅広い分野で活かして活動してる人がたくさんいます。

最近では世間一般に認知されるようになってきました。特にインターネットの発達でWebでの執筆活動が盛んとなっています。そのため多くの読者に目にする機会が増えました。

Webライターの仕事はどこから依頼してもらえるの?

webライターの仕事としてはクラウドソーシングを始め、さまざまな場所で仕事ができるようになりました。その中でも代表的な4点を紹介いたします。

求人サイト

今では一般の広告雑誌でも専属ライターを募集しているところも多いです。もちろん未経験募集で応募できる求人もあります。そのため初心者でも挑戦しやすいです。仕事内容もきちんと管理されてますし、依頼先から直接教えてもらえるためライターとして学びやすい環境なためおすすめです。

ライターコミュニティ

よくセミナーやイベントもありますが、最近ではブログやSNSを使って仕事を請け負う事もできます。常に更新することによってクライアントから評価して依頼してくれますし、自分の技術もアピールできます。また同じようなレベルの人たちとも共有できますので積極的に使いましょう。

クラウドソーシングサービス

今ではクラウドワークスやランサーズなどのクラウドソーシングが誕生しています。そのため初心者のwebライターとしても活躍できますし、初めてのライターにとっては技術を磨くにはとてもよい環境でしょう。依頼された仕事をこなすほど評価にも繋がります。ただ割に合わない仕事も多く、見極める技術も必要です。

ライターステーション

ライターステーションでは未経験ライターに特におすすめです。定期的に仕事の依頼がきますし、自分の記事に関しても積極的に改善に取り組んでくれます。修正が入ることで自然と執筆スキルのアップができますし、自信と成長にも繋がります。また全国どこでも作業できるため空いた時間に作業したい人にとってはおすすめです。

まとめ

雑誌、webライターで共通として言える事は伝えたい気持ちで作成することです。やはり魅力的な記事を書くことで読者の方も楽しみにしています。

しかし未経験者にとってどう記事を作成すればいいかは分りません。おすすめとしてはライターステーションで実践してみましょう。まずは合格しなければいけませんが、それほど難しい課題ではありません。

合格後は自社発注なので仕事がとぎれませんし、初めてでも編集者がライターをサポートしてくれます。また必要に応じて案件も豊富なため、スキルアップにも最適です。

いいライターさんを目指すにはまず数をこなして、継続する事が大切です。そしていい文書が自然と身に付くでしょう。心がこもっている文書には必ず購読者も共感してくれます。やはり相手の気持ちにたって伝える事がなによりも大事です。それを常に心がけましょう。

タグ:
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : ishigaki