Webライターになるには

Webライティング初心者必見!Webライティングにおけるリード文の重要性とは?

インターネットで色々な情報が検索できるようになった昨今。ネット上に掲載されている記事やコラムを読む機会はとても多くなりました。

情報が乱立している中、どのような記事を読もうかと選ぶ時にみなさんよく読むのが、本文の内容をまとめている文章ではないでしょうか?その文章を読むことによって自身の欲しいとする情報なのかどうかを判断するかと思います。

このような本文を紹介している前段の文章のことを、リード文と呼びます。まさしく、今読んでもらっているこの文章もリード文なのです。そんなリード文がWebライティングをする上でどれだけ重要なのか、読んでもらえるリード文を作成するためのポイントをこの記事で解説していきたいと思います。

そもそも「リード文」とは?

リード文とは記事の冒頭部分に記載された、その記事で伝えたいことや記事本文に何が書いてあるのかをまとめている文章になります。

また、リード文を読むだけでどんな記事で自分が読みたいものなのかどうかを判断できるので、読者が記事を読む際の決め手となるといっても過言ではありません。

リード文は記事と読者の架け橋のようなもので、これから読む人にとっての「入り口」で引き返すか?突き進んでいくか?を判断させる書き手にとっては重要な部分であると言えます。

リード文の役割とは?

共感を得やすいようにする

読者はリード文を読むことによって、本文を読む前に「どのような内容なのか」や「どんな物事に言及しているのか」を知ることができます。また記事内容の大筋が頭にあることで、納得感が増し共感を得やすくなるメリットも。読者の興味を最大限に惹きつけられる、大切なパートとなるのがリード文です。

記事の大筋を伝えて期待感を煽る

リード文には書き手の伝えたいことや、どのような内容が記されているかなどの大筋を記載します。リード文を読んでもらうことによって、読者に「読みたい」「面白そう」という期待感を持ってもらうことが可能です。逆に、読者に読みたいと思ってもらえるような期待感を持ってもらうことができなければ、リード文の先の記事自体を読んでもらうことと難しいと言えるでしょう。

読み手との距離を縮める

記事というのは書き手の主張したいことが書いてあるものです。いきなり主文に入ってしまうと、読み手が反発してしまい折角の記事が受け入れられないケースも。しかし、タイトルからリード文を読んでもらうことにより、前置きをした上でその記事を読んでもらうことができます。例え反する考えの読み手だとしても興味に変えて読んでもらうことができれば、読み手との距離はグッと近づくのです。

リード文を書く際の4つのコツ

ライティングにおけるリード文の大切さはいろいろと記載してきましたが、では実際リード文を書く際は、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

ライティング初心者でも簡単にリード文を作成できるようになる、作成するためのポイントを記載していきます。

簡潔に書く

記事の概要を読者にストレスなく伝えることが重要です。記事の内容を簡潔にまとめ、短い文章ながら理解してもらいましょう。

書き手の情報をまとめる能力が求められますが、伝えたいことの主軸と伝えたいターゲットがしっかりと決まっていれば、難しくはありません。

一文一文を短くまとめることを意識して作成していれば、読みやすくわかりやすい簡潔な文章へと必然的になっていくはずです。

自分事と思わせる

リード文を読んでもらった読者に「この記事には自分が欲しい情報が書かれているはず」と思わせられたら、きっと記事全文を読んでもらえます。

ただし、期待を持たせて読んでもらったのに「期待はずれだった」と思われないように。リード文を作成する段階で、記事の概要と核となる情報を齟齬(そご)がなく伝えられるように意識して作成してください。

SEOキーワードを入れる

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称です。どのようなものかというと検索エンジンで情報が検索された際に、検索結果の上位に表示できるよう出したい情報を検索内容との関連性を高め最適化させることをいいます。検索結果の上位に表示させるためには検索内容と関連性の高い情報と認識させることが必要です。その際、記事内に関連させたいキーワードを入れ込むことが大切になります。

検索結果の上位に記事がでたほうが読まれやすいので、WEBメディア制作においてSEOキーワードを入れ込むことは必須です。ただ全部を入れ込もうと意識をすると文脈や文章が乱れてしまうので、無理に入れ込もうとせず話の流れを意識して入れ込みましょう。

根拠のあることを書く

根拠のないことを事実として伝えることはやめましょう。読者にとって事実ではないことを伝えてしまうのは、読者を裏切ることになります。

せっかく面白いと思って記事を読んでもらえたのに事実ではなかったとなった時、読者の期待を裏切り、不快な思いをさせてしまうことに。しっかりと裏付けをとり、根拠を持って伝えられるよう意識しましょう。

記事を作成する段階で、その書いている対象に対してしっかりと調べ、自身の中で根拠を持って書けることがベストです。

リード文を書く際の注意点

120字〜150字程度で書く

本文を読む前の興味づけの文章なので、そんなに長い文章は必要ありません。素早く記事の概要を伝えるために、短く端的に文章をまとめることが大切です。だいたい120字〜150字ほどで書くと良いでしょう。

冗長表現は使用しない

せっかく短くまとめられたとしても、分かりにくければ意味がないです。

伝わりやすい文章にするためには本文やテーマと関係のない文章は削除し、過度な冗長表現は控えましょう。1文をコンパクトにまとめられるよう意識して書きましょう。読者にとっても記事全文を読む前の前段なので、知りたいことはこの記事には何が書いてあるのかという非常にシンプルなことです。なので回りくどく色々なことを書く必要は一切ありません。

重要な要素をピックアップする

短い文章の中で文章の大筋を分かりやすく伝えるためには、理解してほしい要素をピックアップして入れ込むと伝えやすくなります。

本文から作成し、作成している段階で、何が訴求ポイントなのか、読者の興味を惹きつけそうなのかを考えてその要素をピックアップしてください。ピックアップした要素を精査してリード文に落とし込めば、読者に伝えたいことを短く、簡潔に伝えやすくなるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。リード文は読者に記事を読んでもらう上で、とても重要です。どんなに本文が素晴らしくても、その手前の入り口をくぐってもらえなければ本文の素晴らしさを理解してもらうことはできません。

読者にこの記事を「読みたい」と思ってもらえるかが、書き手としてはとても大切です。リード文を通して読者に本文の内容を分かりやすく、端的に伝え期待感を持たせることができれば、必然的に記事は読み進んでもらえます。

書き手は書いたものを読んでもらえなければ、書いている意味がありません。リード文をしっかりと作り込むことができ、読者に記事を読んでもらうことができれば、さらにあなたの書き手としての価値は上がることでしょう。

タグ:
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : endo