Webライターになるには

メディアライターになるには?メディアライターを募集しているサイト

昨今では副業が解禁となる企業も増えてきたり、働き方改革の名のもとに残業時間が減ってきたりして恩恵を受けている人も多いことでしょう。

しかし、副業を解禁されても何をしていいか分からない、残業時間が制限されてしまって収入が減り困っているということはありませんか。

そんなあなたにオススメなのが、メディアライターです。ライターなら在宅でできるうえに、決まった時間に縛られないのがオススメできる理由です。

ライターと言われても難しそうと感じる人やメディアライターについて知りたい人のために、今回は副業の入門としてオススメなメディアライターについてまとめてみました。

そもそもメディアライターとは?

メディアライターとは、WEB上に存在するニュースサイトや情報サイトに掲載する記事を書く人を指しています。 ライターとは、文字通り文章を作成する人のこと。

その中でもメディアライターは、WEB上に存在するサイトに文章を寄稿する人のことを指すのです。 メディアライターになるにあたって特別な資格は必要はありません。

もっとも文章の作成にかかわる仕事をしていたのであれば、採用の際に優遇されることは言うまでもありませんね。 出版業界や広告業界での勤務経験があり、コピーライティングや記事執筆、広告記事の執筆の経験があれば文章を書くことには素人より慣れているので報酬が高くなることがあります。

だからといって、執筆経験のない素人がメディアライターを志してはいけないということはありません。 メディアライターとして最低限守らなければいけないことは次の3つです。

  • 締め切りを守る
  • 丁寧に間違いの少ない文章を作成する。
  • 社会的マナーを心得ており、クライアント(依頼人・依頼元)と連絡をとりあい対応ができる。

メディアライターの仕事に関しても、最低限守らなければならないことは世間にある多くの仕事と同じなのです。 ですから、まずは文章を書くことを覚えるためにメディアライターを募集しているサイトに応募してみましょう。

ライターを募集しているメディアの探し方とは

ライター募集をしているメディアの探し方としてここでは次の3つを紹介します。

  • クラウドソーシング
  • ライターサイトへ登録
  • Googleで検索

この3つについて、順番に紹介していきたいと思います。

クラウドソーシング

ライター募集をしているメディアの探し方のひとつとして、クラウドソーシングで探してみる方法があります。 クラウドソーシングとは、発注者がクラウドソーシングサイトに登録しているメンバーに対して発注を行うスタイルとなっているのです。

発注者が直接メンバーをスカウトすることもできますし、発注者が募集をかけてメンバーが応募することも可能です。 クラウドソーシングサイトでライター募集をするのは企業であることもありますが、現在では個人がライターを募集することのほうが多くなっています。

この個人は自分のウェブサイトを持っているアフィリエイターと呼ばれる人たちです。 しかし、このアフィリエイターの募集するライター案件は、非常に低価格となっています。あまりにも低価格なのでオススメすることはできません。

もし、信頼できる企業が運営しているならば応募してみる価値はあると言えるでしょう。その際も募集内容についてはよく確認することをオススメします。

ライターサイトへ登録

初めてライターをするならば、ライターサイトへの登録がオススメです。ライターとクライアントの間に委託会社(ライターサイト)が入ってくれて仕事を紹介してくれます。

クラウドソーシングと異なり、ライターサイトが登録しているメンバーの経歴や得意な執筆分野を見つけて仕事を振ってくれるのでクラウドソーシングより安定的に仕事が受注できるのもメリット。

ただし、委託会社を挟むためクライアント直接契約よりは単価が下がってしまうデメリットがあります。それでも企業と直接契約を結ぶのに抵抗がある人やイマイチ理解ができない人、ライティング能力を磨きたい人にとってはライターサイトを経由するのは適切と言えるでしょう。

Googleで検索

ライターを募集しているメディアを探す方法としては、最初にいつもあなたが見ているサイトでライターを募集していないかを確認してみましょう。 ライターをしていくためには文章を書くだけではなく、その分野に精通していることも大切。

ライティング能力を向上させてどんな内容でも記事が書けるようになることが理想ですが、まずは自分が興味・感心を持てるサイトで募集していないかを調べてみるとイイでしょう。 Googleで検索をするときは「自分の興味がある分野+ライター募集」のワードで検索してみると、希望する案件が見つかるかもしれませんよ。

またニュースサイトに記事を掲載しているサイトでもライター募集をしている可能性があるので、あなたの興味ある記事の出典元を確認して調べてみるのもいいでしょう。

ライターステーションに登録

何が書けるか分からない、何を書いていいのか分からない場合はライターステーションに登録してみましょう。

ライターステーションなら豊富に案件があるので、仕事がまったく入ってこないことはありません。豊富に案件を抱えているので数をこなせますし、あなたが興味を持てるジャンルの記事も執筆できる機会があるかもしれません。

また直接発注なので定期的に仕事がもらえるのがライターステーションの特徴です。個人で運営しているサイトとの契約だと、クライアントがサイト運営を止めてしまえば仕事がなくなってしまいます。 ですがその点、ライターステーションならば複数の案件を常に抱えているのでいきなり発注が止まることはありません。

さらに担当者がサポートしてくれるので、初めてでも安心して仕事を始めることができます。分からないことがあったら、担当者にメッセージで問い合わせができるので、素直に訊いてみましょう。

またWEBサイトへ直接記事を投稿する流し込みと言われる作業までできるようになれば、報酬アップも期待できます。文章を書く能力だけでなく、WEBメディアへの入稿作業までできるようになれます。

まとめ

インターネットの普及と合わせてスマートフォンを多くの人が手にする時代となった今、メディアライターの需要は増加しています。 企業が抱える社員だけではとても記事執筆まで手が回らなくなってきているのが現状。

かつては、マスメディアの新聞や雑誌だけでしか活躍の場がなかったライターですが、WEBメディアの登場によってライターの活躍の場は大きく広がったと言えます。

しかし、個人が運営するサイトでは報酬も期待できず、また継続的な依頼がもらえるとは限りませんのでメディアライターとして応募をするときは募集の詳細内容を確認するようにしましょう。時給換算したら最低賃金を大きく下回ってしまうことも少なくありません。

またせっかくライターとして活動するのですから、スキルアップが望めそうな募集を選ぶようにしましょう。 ゴーストライターではいつまでたっても自分の成果にはなりませんし、ライティングスキルの向上も見込めません。

ライターステーションなら担当者がサポートしてくれるので、スキルアップも期待できますし定期的な発注もしてもらえるので持続してライティングスキルを磨けます。 メディアライターをこれから始める人はまずライターステーションに登録してみましょう。

タグ:
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : doi