Webライターになるには

ノマドライターを仕事にしたら生計は成り立つのか?案件・収入はある?

ノマドライターとして生活はできるの?

好きなことを仕事にできる・時間に縛られない・どこでも仕事ができるなど、働き方にたくさんのメリットがあるノマドライター。「ぜひ自分もやってみたい」と考えている人が多いのではないでしょうか?

「ノマドライターとして生活はできるの?」という疑問について、答えはイエスです。

働きながら自分の時間を持てるようになった、余分なストレスがなくなったなど、以前に比べて楽しく有意義な生活に変化した方もいます。

また、会社員をやっていたときよりも多く稼げるようになり、自分に自信が持てるようになった方も。ノマドライターとして活動していくためのポイントをみてみましょう。

ノマドとライターは相性が良い

「ノマド」とは、英語で、遊牧民という意味の言葉です。決められた場所でなく自分の好きなところで「いつでもどこでも仕事ができる」という特徴から、ノマドワーカーとも呼ばれています。

ノマドに向いている職業が「プログラマー」「翻訳家」「ライター」などです。 その中でもライターは特別なスキルが必要なく文章さえ書ければ成り立つので、誰でも始めやすい職業でしょう。

ノマドライターになる不安

ノマドライターに興味を持っていても

  • 果たして自分にできるのか?
  • どのように仕事を見つければいいのか?
  • どうしたら生計が立てられるのか?

など、知りたいポイントがたくさんあるでしょう。

ここではノマドライターを目指している人が不安を解消できるように、気になるポイントについてまとめてみました。 ノマドワーカーに興味がある人やノマドライターを目指している人は、ぜひ参考にしてみてください。

ノマドライターにはすぐなれるのか

Webライターという職業は、とくに学歴や資格が必要なわけではありません。自分で「ライター」と名乗ってしまえば、いますぐにでもライターになれますし、パソコンやスマホがあればいつでもどこでも仕事が始められます。

文章力やライティングスキルは仕事をこなしていけば上がるので、まずはライターとしての一歩を踏み出してみましょう。

生計を立てられるのか

一定の報酬を稼ぐためには、「案件の数」「執筆にかかる時間」「単価」の3つが、主に大きく関係。執筆のスピードアップがうまくできれば1件にかかる時間も短くなり、案件を多くこなしていけるようになります。そのためには慣れが必要です。

また単価を上げるには、良い記事を書いてクライアントに認めてもらう。信頼関係を築いて、良い案件を任せてもらえるようにならなければいけません。

今すぐに良い記事が書けるわけではないので、文章力や必要なスキルを上げていくためにも、ライティングを続けていくことが大切でしょう。

継続的に案件を受注できるのか

「ライティングが速くなり、数をこなせるようになった」「1件あたりの単価が上がった」としても、安定して案件を受注できなければ収入になりません。

Webライティングの仕事はたくさんあるので、案件を選ばなければ特特に問題ないと言えます。はじめは単価の安い案件になってしまうかもしれませんが、ライティングに慣れる、スキルアップのためだと考えて取り組んでいきましょう。

気を付けるべき点はあるのか

パソコンやスマホを使ってする仕事なので、あまり動くことがありません。作業中は座っていることがほとんどです。そのため肩こりや腰痛、眼精疲労、運動不足に悩まされることも。

適度に動くようにしたりストレッチを挟んだりして、こまめに解消するようにしましょう。

ノマドライターが実践するべき5つのこと

良い記事を書くためには?単価を上げるためには?報酬を上げるためには?など、ノマドライターとして活動するうえで、必要な5つのポイントをみてみましょう。

スピードを意識する

はじめから高単価の仕事ができれば、効率良く稼ぐことができます。しかし、まだライティングスキルや実績がない場合は、単価の低い案件しかさせてもらえないでしょう。

たとえ単価が低い案件でも早く執筆して、たくさん納品できれば稼げます。早く執筆するためには「慣れ」が大事です。

また、Webライティングに欠かせないのは、調べること。間違った情報を書くのは、ライターとして命取りになります。 案件をこなしながら、確実で丁寧な記事に仕上げるために、自分なりの方法・やり方を見つけていきましょう。

夢を口に出す

得意なことや好きなジャンル、できることをアピールしておくと、クライアント側から声をかけてもらえる確率が高くなります。

「あの人はこのジャンルが得意らしい」「こういうことをやりたいと言っていたな」など、担当者の目に留まって、仕事がもらいやすくなるからです。

夢というと叶いもしないような大げさなことに感じますが、やってみたいことがあれば、ぜひ伝えるようにしましょう。

交渉してみる

やはり少しずつでも、単価は上げていきたいもの。ノマドライターはフリーランスなのでクライアントを見つける、案件を継続してもらえるようにするなど、必要なことはすべて自分でやらなければいけません。

単価についても、自分で交渉することが必要になります。仕事を続けていって、クライアントと信頼関係ができてきたな!と感じたら、単価について話をしてみましょう。

「1文字○円から、1文字○円にしてもらえませんか?」と細かく提示するのもいいですし、「10記事納品したら、少し単価を上げてもらえませんか?」と答えを委ねてみるのも、一つの方法です。

自分自身で仕事を作る

決まった案件を継続受注して仕事をするだけでなく、ほかの仕事も自由にカスタマイズしていけるのも、フリーランスとしてのメリットです。

ブログを始めて広告収入を得たり、得意な記事を書いて販売したり、ライティングの講師を始めたりして、活躍の幅を広げていきましょう。

勉強する

Webライターを始めたばかりのときは、単価の低い案件が多く、数をこなすことに必死になってしまいます。

高単価の案件をもらえるようにするために、レベルの高い記事が書けるようになりましょう。そのためには少し時間を調整して、Webライティングについて勉強することも大切です。

Webライティングの勉強

Webライターとして活躍するには、Web独特の書き方やルールを身につけないといけません。キーワードを記事にうまく盛り込んで、検索したときにサイトが上位に表示されるようにライティングすることが必要です。

ほかにもスマホで見たときに読みやすいか、内容が分かりやすいかなど、文章の作り方にも気を付けるところがたくさんあります。

日本語の勉強

最低限の日本語は、問題なく使えるようにしましょう。国語に自信がなければ、この機会に改めて勉強するのもいいです。分からない言葉や文法があったら、その都度調べるようにして、身につけていきましょう。

SEOの勉強

Webライティングと通じるところが多いですが、SEOライティングができると仕事の幅が広がります。

SEOとは「検索エンジン最適化」のことで、検索をしたときに、そのサイトが表示されやすくするためのものです。サイトが上位表示されると、検索した人の目に留まる確率が高くなります。

SEOライティングができると、クライアントから声が掛かりやすくなるでしょう。

ノマドライターが仕事を得る方法

ノマドライターとして仕事を始めるには、いくつか方法があります。初心者の方が仕事を始めるなら、クラウドソーシングサイトに登録してみるのがおすすめです。

自分でクライアントを探したり、案件に応募したりしやすいでしょう。 大切な報酬も、クラウドソーシングのシステムを経由することで、安心して受け取れます。各サイトに登録・応募をして、自分をアピールしてみてください。

ザグーワークス

ライティングの案件が多い「ザグーワークス」 おもな案件は「テキスト作成」「アンケートに答える」といったものがあります。

文章力やSEOライティングに自信がある人は、サグーワークス独自のテストを受けてみましょう。テストに受かるとプラチナライターに認定され、高単価案件を受注できます。

ランサーズ

ライターだけでなく、エンジニアやデザイナー、クリエイターまで、さまざまな職種を扱っています。写真を撮るのが得意、WEBデザインができる、翻訳ができるなど、特技や趣味を持っている人におすすめです。

ライティングに特技や趣味をプラスして「こんなこともできます」と、クライアントにアピールしてみましょう。

ライターステーション

すでにライターとして活動している方から初心者の方まで、幅広く募集しています。報酬は編集部から、直接口座へ振り込まれるので安心。

まだライティングの仕事をしたことがなく書き方が分からない人でも、仕事を通して、Webライティングが学べます。

まとめ

ノマドライターは、パソコンとやる気があれば、すぐに始められます。フリーランスとして活動してみたい人や、家でできる仕事を探している人は、ぜひチャレンジしてみましょう。

ライターステーションは未経験でも、安定して仕事を依頼してもらえます。

「どのような文章を書いたら良いのか分からない」「仕事としてできるか自信がない」「国語が苦手」など、ライティングについて不安がある人も大丈夫!

ライターステーションは「サポート体制」も万全なので、初心者の方でも安心してライティングが進められます。

まずはライターステーションに登録して、Webライターデビューしてみませんか?自分にできる案件から始めていって、ライティングスキルを磨きましょう。実績を積んでいけばリピーターができ、高単価の仕事ができるようになります。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : murakami