Webライターになるには

webライターが覚えておきたいSEO用語集

Webライターの仕事をしていると、「SEO」という言葉に必ず出会います。“SEO対策をお願いします”“SEOを意識してライティングしてください”など、記事をライティングするwebライターには必要な知識です。

webライターとしても、せっかくライティングした記事は多くのユーザーに読んでもらいたいですよね。

それには、検索結果の上位に記事を表示させてユーザーの目に触れるところからスタートしなければなりません。SEOとは、ユーザーにwebサイトを見てもらいやすくするための施策です。

そもそもSEOってなに?

SEO

【読み】えすいーおー
【コトバ】Search Engine Optimizationの略

【解説】
検索エンジン最適化のこと。キーワードで検索したとき、特定のwebサイトを検索結果の上位に表示させること。

SEO対策ともいわれ、上位に表示させるには検索エンジンから高い評価を得なければならない。webサイトの構成など、その記事をかくwebライターにも高いスキルが必要とされる。

SEO対策では、さまざまな用語を使います。どんな意味かを知っているだけでも仕事がスムーズに進められます。また、SEOの仕組みを理解していて実践できるwebライターは重宝されます。
ここではSEOに関連する用語を解説します。

webライターが覚えておきたい:まずは知っておきたい用語

検索エンジン

【読み】けんさくえんじん

【解説】
キーワードを入力してインターネット上の情報を検索するシステム。 サーチエンジンともいう。代表例は、GoogleやYahoo!Japan、Gooなど。

オーガニック検索

【コトバ】オーガニックとは、”自然”や”ナチュラル”という意味。

【解説】
 検索エンジンでの検索結果のページには、上部に広告が表示される。その広告以外の検索結果をオーガニック検索という。

SEM

【読み】えすいーえむ
【コトバ】Search Engine Marketingの略

【解説】
検索エンジンから、webサイトの訪問者を増やすためのマーケティング手法。SEOとの違いは、SEMには「SEO」の他に「リスティング広告(検索キーワードに応じて検索結果上部に表示される広告)」が含まれる。

SEMではwebサイトやリスティング広告から飛ぶランディングページの訪問者を増やすことを目的としており、そのためにSEOで検索上位にあがるようにする、と考えるとよい。

SERP

【読み】さーぷ
【コトバ】Social Engine Results Pageの略

【解説】
検索エンジンでの検索結果ページのこと。

ファインダビリティ

【コトバ】findabillity

【解説】
ユーザー視点でのサイトの見つけやすさや検索エンジンでのサイトの発見されやすさのこと。“webサイトの訪問者を増やすためにファインダビリティを改善する“などの使い方をする。

ビッグワード

【コトバ】Big Word

【解説】
検索回数の多いキーワードのこと。大きなくくりの意味をもつキーワードであり、例えば「化粧品」や「自動車」などはたくさんの種類を含んだ言葉である。

検索キーワードで必要とされる汎用性の高い言葉ではあるが、ビッグワードのみで検索上位をとることは困難である。反対の意味をもつ言葉として、検索回数が少ないキーワードである「スモールワード」がある。

webライターが覚えておきたい:SEOの仕組みを知る用語

アルゴリズム

【コトバ】algorithm/”問題を解くための手順””算法”という意味

【解説】
SEO対策では、検索結果のwebページをランキング付けするときに用いられる検索エンジンの計算手段をさす。 検索結果を適切かつ素早くランキング付けをするためにプログラムされており、非常に複雑なもの。

アルゴリズムのアップデートは、細かいものから大きなものを含めて年に数百回もおこなわれることも。 アルゴリズムの内容は公表されないため、分析や解明は容易ではない。

クローラー

【コトバ】Crawler/”這って歩く”という意味をもつ

【解説】
ロボット型の検索エンジンの、web上の「HTML文書」「画像」「PDF」など全てを収集する自動巡回プログラムのこと。webサイトの構造や内容を判断し、データベース化するためのもの。

クローラーは公開されたすべてのwebページを瞬時に巡回できるわけではなく、クローラーが巡回しやすい対策も必要。 クローラーが巡回しやすくするには(クローラビリティを高める)、

  • リンクをはる
    クローラーはリンクからURLを発見するため、外部のwebサイトからリンクをはられているとクローラーに見つけてもらいやすい
  • パンくずリスト
    童話「ヘンゼルとグレーテル」の森の中で迷子にならないようにパンくずを落としていったことが由来。 「道しるべ」という意味。
    HOME>レディース>トップス>シャツというように、下層ページのカテゴリやサイト内の位置がわかりやすくなる。 ユーザーを他のページへ誘導する役割を持つほか、クローラーがサイトの構造を理解しやすくなるメリットがある。
  • Googleサーチコンソール
    Googleにwebサイト内のページを知らせる機能がある
  • 内容がわかりやすい表記を選ぶ
    「次のページ」やリンクを「こちら」などと表記するより、「2」や「〇〇の記事」など、クローラーに内容がわかりやすいように表記する

クローラーが巡回したかどうかを確認する方法

「site:(サイトのドメインを入力)」で検索をして結果が表示されていれば巡回されている。

クローラーは1度ではサイトを把握しきれず、何度も巡回に来る。クローラーが巡回に来ていないサイトは検索結果に表示されないため、SEOと大きく関係している。

インデックス

【コトバ】index/”索引”という意味

【解説】
クローラーが収集したweb上のデータを、検索エンジンデータベースに格納すること。処理しやすいように整理されており、ここから検索結果を表示する。

クローラーにインデックスしてもらえないwebページは検索結果に表示されないため、SEO対策の大前提である。

Googleウェブマスターツール

【解説】
Googleが無料で提供する、webサイトの運営者に向けたツール。 運営するサイトがGoogleからどのような評価を得ているかを確認できる。 現在では名称を変更し、「Googleサーチコンソール」と呼ばれている。

QDF

【読み】きゅーでぃーえふ
【コトバ】Query Deserves Freshnessの略

【解説】
より時事性が高いと思われるものに対し、通常の検索語の関連性などではなく新しい情報を検索結果上位に表示させるアルゴリズムのこと。時事性が高い記事とは、ニュースで報道された大きな事件や芸能人のスキャンダルなどがあてはまる。

瞬間的な熱をもった記事を上位に表示させることは、ユーザーの需要に合致している。 ただし、新しい情報であれば何でもQDFが適用されるわけではない。そのwebサイト自体の信用や記事の内容が重要である。

QDD

【読み】きゅーでぃーでぃー
【コトバ】Query (質問)Deserves(値する)Diversity(多様性)の略

【解説】
検索キーワードが多数の意味をもつ言葉である場合に、検索エンジン側がユーザーの検索意図を考慮して、多様性のある検索結果にすること。多数の意味をもつ検索キーワードの例

  • 「カラー」…ヘアカラー、車のカラー、会社名の“カラー”、パーソナルカラーなど
  • 「クリーム」…化粧品のクリーム、ロックバンド名の“クリーム”、アイスクリームなど
  • 「マック」…マクドナルドの“マック“、化粧品の”マック“、パソコンの”マック“など

ユーザーの入力した検索キーワードがどの情報に関するものか特定できない場合に、検索エンジン側がユーザーの意図を予想してランキング付けをする。

例えば「カラー」であれば、検索結果がヘアカラーの記事、車のカラーの記事、その次にまたヘアカラーの記事ということもある。

ホワイトハットSEO

【コトバ】ハットとは、IT技術の方向性を帽子の色で例えることがあり、ホワイトはポジティブな意味合いをもつ

【解説】
Googleなどの検索エンジンが定めているガイドラインに従う方法で検索上位を狙うこと。”ユーザーに有益な情報を提供すること”を目的とした検索エンジンの意図に反することなく、正当性のあるSEO対策をする。

ブラックハットSEO

【コトバ】ハットとは、IT技術の方向性を帽子の色で例えることがあり、ブラックは”悪い”意味合いをもつ

【解説】
Googleなどの検索エンジンが定めているガイドラインに”反する”方法で検索上位を狙うこと。検索上位にあがることに重点が置かれ、クローラーなどの検索エンジンのロボットの隙をつく手法をとる。

以前は当然のようにブラックハットSEOが多用されていたが、検索エンジン側の対策により現在では劣勢である。

webライターが覚えておきたい:SEO用語(外部)

外部対策

【解説】
webサイトの外部からの評価を高めるための対策。評価をあげたいwebサイトのリンクを外部がはってくれるように工夫をする。 検索エンジンがwebサイトを評価するとき、そのwebサイトが他者からどう評価されているか?

つまり、ユーザー側から実際は有益だと思われているのかどうかも重要となる。判断材料として「外部リンクの有無」がある。外部とは「他のサイト」「ブログ」だけではなく、「Twitter」や「Facebook」などのSNSも対象である。

アンカーテキスト

【コトバ】anchor text

【解説】
他のwebページへのリンクを表示する部分のテキストのこと。リンク先の内容が一目でわかるようにすることが大切であり、リンク先のサイト内容に合ったキーワードを入れると良い。 アンカーテキストはユーザーだけでなく、クローラーも見ているのでSEO対策としても重要である。

リンクポピュラリティ

【解説】
リンクの質や量によってwebサイトの評価をすること。代表的なものに、Googleのページランクがある。

ページランク

【コトバ】Pagerank

【解説】
Googleの検索エンジンがwebサイトのページを0~10の11段階評価でランク付けしたもの。

ランク付けは「被リンク(外部からリンクを貼ってもらえた数)」と「ページそのものの質」によって決定される。 リンクは”ユーザーにどれだけ支持されているか”を表す。

また、リンクをしてくれたwebサイトが評価の高いサイトであった場合には、良い影響を受けられ、評価があがる(これをリンクジュースという)。 検索エンジンからの評価をあげるための指標のひとつである。

Googleペナルティ

【解説】
検索エンジンから検索順位を下げられたり、最悪の場合インデックスされたデータを破棄されたりすること(検索結果にあがらなくなる)。Googleのウェブマスター向けガイドラインにおいて違反している場合が多い。 違反の主な内容としては、

  • ユーザーが閲覧する記事とクローラーが巡回する内容が異なるように仕組まれている
  • 過度にキーワードを詰め込んでいる
  • オリジナルティのある記事といえない(コピーの可能性)
  • リンクの購入や販売などでSEO対策を不正にしている

など。また、悪意がなくともペナルティを科される場合もある。受けたペナルティは、原因を探し除去や修正を加えるなど正しい手順で対応することにより解除できる。

webライターが覚えておきたい:SEO用語(内部)

内部対策

【解説】
外部対策が他のサイトからのリンクを集めることであったのに対し、内部対策はサイト内のSEO対策である。検索エンジンが評価するために用いるクローラーにwebサイトを見つけてもらい、巡回しやすいように工夫をする。

  • サイトマップ
    クローラーに見つけてもらうための対策(見つけてもらえなければ検索結果にあがらない)。 XMLサイトマップという、クローラー向けのサイトマップを送信することでクローラーに巡回の依頼ができる。
  • パンくずリスト
    クローラーが巡回しやすくなるようにページの道しるべを表記すること。
  • サイト構造
    トップページから2クリック以内で読みたいページにたどり着けるように、カテゴリを用いたりしてわかりやすいサイトにすること。
  • タグ
    何について書かれた項目なのかを見出しを使ってわかりやすくする。
    特にh1タグ(大きな見出し)は重要なタグであるため、キーワードを入れ簡潔な内容にする。 また、見出しタグはh1~h6の番号の順序を守って使用する。例えばh2の次はh3であり、h3をとばしてh4は不適切。
    そのほかには、他のサイトから引用する際には必ず引用タグを使用するなどの注意点がある。

サテライトサイト

【コトバ】サテライトとは、”他のものに付属している”という意味

【解説】
本サイトのSEO対策や集客を目的として、別にサイトを立ち上げたものをさす。本サイトとサテライトサイトでは、ドメインが別であり、サテライトサイトに本サイトのリンクをはるなどして、SEO対策をする。

ただし検索エンジンの進化により内容の薄いサテライトサイトは評価されないため、サテライトサイトの意義を疑問視する声も多い。

metaディスクリプション

【読み】めたでぃすくりぷしょん
【コトバ】meta description/ディスクリプションとは、“記述”“解説”という意味をもつ

【解説】
検索エンジンの検索結果に表示される、タイトルタグの下部にあるサイトの概要文のこと。 metaディスクリプション自体にはSEOとの関係はない。 しかし、ユーザーがどのサイトをクリックするか決めるときに重要なのは「タイトルタグ」と「metaディスクリプション」である。

ユーザーは、サイトの概要文を見て自分の欲しい情報があるか判断するため、 metaディスクリプションを充実させることは、SEO対策の目的である“ユーザーにサイトを見てもらいやすくすること”と同じ意味をもつ。

ロングテールワード

【コトバ】ニッチキーワードとも呼ばれる/“ながい尾のように並ぶ言葉“という意味

【解説】
検索するときにユーザーが入力する、ビッグワードを含めて複数の単語を組み合わせたもの。例えば「車 4人乗り ブルー」のように、検索結果の内容を絞ろうとした複合キーワード。

ビッグワードの「車」に加え、「4人乗り ブルー」と検索対象を限定したことでユーザーは効率的に情報を得ることができる。 ロングテールワードは検索される回数は少ないものの、検索するユーザーはより深く興味をもっており、情報を得てアクションを起こす可能性が高い。

よって、サイト運営側は「車 4人乗り 子供」など、ユーザーが検索しそうなさまざまなロングテールワードを含んだ記事内容を用意することが重要である。

検索クエリ

【コトバ】クエリとは、”問い合わせ”という意味

【解説】
ユーザーが検索エンジンで検索するときに入力する「言葉やフレーズ」のこと。広告を出す側が設定する言葉やフレーズを”キーワード”と呼ぶのに対し、ユーザー側は検索クエリと呼ぶ。検索クエリには大きく分けて3種類ある。

  • ナビゲーションクエリ
    案内型クエリ。サイト名などの特定のサイトを指定して検索入力するクエリ。
  • トランザクションクエリ
    取引型クエリ。商品やサービスを探す・問い合わせをするなどの行動を前提としたときに検索入力するクエリ。
  • インフォメーションクエリ
    情報型クエリ。何か知りたい情報があるときなどに検索入力するクエリ。

クエリはユーザー側の視点であるため、サイトを訪れるユーザーのニーズが明確にわかる。

E-A-T

【読み】いーと
【コトバ】Expertise(専門性)Authoritativeness(権威)TrustWorthiness(信頼できる)の略

【解説】
高品質なコンテンツ(情報の中身)の特徴3つを表したもの。Googleが検索品質評価ガイドラインで定義しているwebサイトを評価する基準のひとつである。

ユーザーにとっての有益さを優先し、「事実を」「わかりやすく」「掘り下げて詳しく」記事を書くことが重要。特に“金融”“医療”などの生活やお金に関する情報は信憑性が厳しく求められる。

さいごに

いかがでしたか?今では何億とあるwebサイトのページ。そのなかから自分のwebサイトをユーザーに見てもらうためには、SEO対策は必須です。

Webライターにとって、SEOに関する知識はあれば重宝され、無駄になることはありません。SEO用語を理解して、信頼の厚い稼げるライターを目指しましょう。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
toma。

Blogger : toma。

30代主婦ライター。小学生男児の母。 わかりやすく、伝わる文章を研究中。 長年勤務した職場で務めたトレーニングマネージャーとしての経験を活かし、読者の心理に沿った「心をつかむ」ライティングを心がけています。 これまでに経験したジャンルは、「ビジネス・学習」「住宅・不動産」「健康・医療」「育児・教育」など。