Webライターになるには

Webライターには必須な技術!SEOライティングとは

Webライターなら身につけるべきSEOライティングについて

SEOデータ資料

Webライターにとって重要なスキルSEOライティング。すこしでもSEOを意識したライティングができると、Webライターとしての仕事が増えます。

インターネット上には多くの記事が溢れています。そんな中で、書いたコンテンツを少しでも多くの人に見てもらう機会を増やすためには、検索エンジンの検索結果を踏まえたコンテンツの作成や単語や関連語の配置等が重要です。結果の上位に表示されればされるほど、当然クリックされます。これを意識した記事制作がSEOライティングということになります。
内容としては、Googleの検索結果を重視してライティングすることが主な対策となります。

googleがどんなコンテンツを上位表示させたいかを判断する

見出しを大切に!

まずはキーワードで検索した結果画面の上位表示されたページからどういったコンテンツが評価されているか?を確認して下さい。Googleの検索結果だから機械的なものだろ?と思うかもしれませんが、検索エンジンはユーザーが求める情報を提供するために存在するもの。ざっくりいうと結果画面はユーザーが知りたいであろう情報の順番で表示されていると解釈してもらってかまいません。
長年の検索エンジン開発と圧倒的なデータから導き出しているので、我々が考えている以上に多数の人間が求める内容が表示されています。

キーワードの位置や見出しが重要

検索結果の上位に表示するためには、見出し構造と検索キーワードをどのように入れるか?が重要になります。
キーワードを入れた見出しをつけるようにし、h1(大見出し)、h2(中見出し)、h3(小見出し)あたりは特に重要。できるだけキーワードを入れた見出しにしましょう。

またキーワードを入れるにあたっても注意が必要。基本的にメインキーワードを前に持ってきた見出しにすることが大切。
例えば、キーワードが「新宿 お寿司 おすすめ」といった場合、h1は比較的簡単に「新宿のおすすめお寿司屋さんベスト10」などをつけられますが、
コンテンツの中に、西口のおすすめが合った場合、よくあるパターンとして
「大公開!西口の名店」といった内容にしてしまいます。

見出し構造の中で検索エンジンも、これは新宿のお寿司屋を紹介してるページとは理解していますが、この見出しだと、西口の名店を大公開しているページなんだろうな?と「大公開 西口 名店」で上位表示することになりかねません。この場合は「新宿駅西口にあるお寿司屋さんの名店、大公開」といった見出しにする方が検索エンジン上は望ましいです。

だからといって、日本語になっていないとユーザーの離脱やSEOのためだけに作ってるサイトと評価を下げてしまうので、ライティング力を駆使して、秀逸な見出しを考えましょう。

本文テキストも検索結果を意識

本文自体ももちろん大切。あまりSEOライティングを意識しすぎてキーワードを繰り返しすぎたり、不自然な繋がり方をしてしまったりするのは良くありませんが、本文にもキーワードは含めるようにしましょう。特に段落の初めに、キーワードを入れてなにの説明をしているか?を入れることで、ユーザーにも分かりやすくなります。

また、クローラー(検索結果を表示するためにサイトを巡回するロボットみたいなもの)は代名詞を認識することができないので、「あれ」や「それ」を使って何度もキーワードのことをテキストに書いても意味はありません。キーワードはなるべくそのまま含むことをおすすめします。もしくはキーワードに似た言葉を使用したり、ちょっとした表現方法を変えたりするだけで、関連性の高いキーワードも狙うことが出来るので、具体的な内容にすることを意識してみましょう。

関連キーワードを入れる

検索結果画面にでてくる関連キーワード。こちらを内容に織り交ぜることもひとつのポイントになります。
この人はひょっとしたら、こういった検索がしたいのかも?と検索エンジンが提案している内容になります。

関連キーワードの内容を網羅していると、先ほどの「新宿 お寿司 おすすめ」の関連キーワードをコンテンツに入れることで、「このページはユーザーの知りたい新宿のおすすめお寿司屋さんの情報を網羅してくれているな」と認識してくれます。

この場合、
「新宿 お寿司 おすすめ」の関連キーワードは
「ランチ」「安い」「高級」「安い」「食べ放題」「デート」「個室」「持ち帰り」などが関連キーワードになります。
念のために関連キーワードの検索結果から出た上位表示のぺーじも確認して、どういった内容が評価されるかをかくにんしてからライティングをはじめましょう。

読み手(ページ訪問者)の気持ちに寄り添う

読み手の気持ちになってWebライティング!

読み手を惹きつけることができるかどうか

SEOライティングをするためには、もちろん検索エンジンの傾向は重要。検索結果上位にあればあるほどクリックされやすく、訪問者が増えれば、そのサイトの目的を達成することも容易になります。まずは見てもらわないと意味がないので、たかが検索結果とあなどらずに気をつけましょう。

しかし、読み手に伝わらず、興味も持ってもらえないコンテンツを作っても意味はありません。キーワードを含みSEO対策したライティングをすることは大切ですが、自然で読みやすい文章を読み手に届けるということを忘れないようにしましょう。

キーワードを入れることばかりを意識すると不自然な文章になってしまいがちです。読み手が何を求めて、どのような事を知りたくてページを見に来てくれたのかを考える必要があります。また、タイトルなどもクローラーのことだけでなく、読み手を惹きつけることができるものを考えてみましょう。

読み手(ターゲット)のペルソナをイメージする

ペルソナがいるからWebライティングができる

どのような読み手に興味を持ってもらえるのかを考えるためにはペルソナを設定することが大切です。ターゲットを絞ることによって、ライターも的を絞って書くことが出来ますし、こんな人が読むのならこういうたとえ話を入れたら分かりやすいかな、などのイメージもしやすくなります。 どんなに良質な文章が書けたとしても、読んでくれる人が共感してくれなかったら、文章に意味はありません。ペルソナに寄り添った文章を書きましょう。

この時に役立つのが、STP分析というマーケティング手法。ユーザーが知りたい内容の熱量を分析し、熱量に合わせた文章をライティングしましょう。
例えば、先ほどの関連キーワードを絡めて考えた場合、
20代の新宿勤務の男性で恋人がいる人が
「新宿 お寿司 おすすめ」と検索した場合は
接待で使うのか、デートで使うのかによって用途は変わります。この場合に両方書いて、長い文章を作るより、関連キーワードに「高級」「デート」というものがあったので、高級寿司店に「接待にもピッタリ」という内容を入れる。デートはそれだけでひとつのコンテンツとして作る。といった形でライティングをしていきます。
実際には編集者がペルソナや見出し構造を考えている事が多いので、そのペルソナがどういう動機でサイトに訪問したかを考えながらライティングをすると、よりよいコンテンツが生まれます。

重要なのはバランス

検索エンジンの傾向とコンテンツ、どちらを重要視すれば良いのか、選ぶことはできません。どちらもSEOライティングをするにあたってなくてはならないものだからです。検索エンジンの傾向もつかみながらキーワードを散りばめつつ、かつユーザーに興味を持ってもらえるような自然で読みやすい記事が良質なものとなるでしょう。

検索をしたユーザーが自分の書いた文章を読んで良かった、ためになったと少しでも思ってくれたとしたら、Webライターとしてもうれしいですよね。ぜひ、そんなWebライターを目指すために腕を磨いていきましょう。

Webライターとして腕を磨くならライターステーション

WebライターがSEOライティングの腕を磨くことも、読み手への訴求力を上げていくことも、どちらも大切なことはライティングの数をこなして、文章の品質を高めていくことです。どんなに勉強しても、実際に書かなければスキルが身につくことはありません。

初心者Webライターにとって、仕事を見つけることは難しいですが、ライターステーションではぴったりの仕事を紹介してくれます。直発注の案件ばかりで、価格競争になることもなく、自分から立候補しなくても仕事が舞い込んできてくれます。

SEOライティングや読み手への訴求力の腕を磨くということに、終わりはありません。ライターステーションに登録してSEOライティングの出来る、Webライターを目指しましょう。

タグ:
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ライターステーション事務局

Blogger : ライターステーション事務局

ライターステーション事務局公式アカウント