Webライターになるには

Webライティングでしてはいけないこと、NG集

ライターとしてのお仕事はすぐにでも始められるので決してハードルが高い訳ではありません。しかし、仕事をしっかりとこなそうと思ったら、いわゆる「暗黙の了解」を理解しておくことも大切です。

ライターは決してSNSのように自分の好き勝手に文章を書いてお金を頂戴するお仕事ではなく、相手の要望に沿った文章を作成することが求められますが、「仕事」である以上、覚えておかなければならないことも多々あります。

そこで、今回はWebライターとしての「暗黙の了解」が何かを解説させていただきます。

ライティングそのものでしてはいけないこと

Webライターのお仕事の基本は文章を作成することですが、文章作成に於いて、クライアント側から細かい指示がなくとも、当たり前の様に守らなければならないことがいくつかあります。

これらに関しては「言われていないから大丈夫」ではなく「わざわざ言うまでもないこと」として覚えておかなければなりません。

コピペ

マウスを使えば簡単にできるコピー&ペースト、いわゆる「コピペ」は、Webライターとして仕事をこなす上で絶対にしてはならないものです。軽い気持ちでできてしまう行為ですが、そもそも他の人のサイトの文章という「著作物の盗用」です。

もしもですが、コピペが発覚した場合、相手先から損害賠償を請求されるケースもあれば、たった一度のコピペであっても「このライターは他にもコピペをしているのではないか」と思うことでしょう。

行為そのものも許されるものではありませんが、ライターとしての信頼を損なう行為です。

当然ですが、そのようなライターに仕事を任せようと思うクライアントはいませんので、いくら簡単にできるからとはいえ、Webライターとして活動したいのであればコピペは言語道断だと覚えておきましょう。

他サイトのコピペ

コピペにもいくつかの種類があります。まずはやはり他人のサイトのコピペです。これは大げさではなく「犯罪行為」です。Webライターのお仕事は他のサイトで調べての記事作成が多いので、様々なサイトを閲覧することでしょう。

参考にすることも多々あるかとは思いますが、文章をそのままコピペした場合、ライターとしての信頼が下がるだけではなく、作成したサイトも検索エンジンから「コピーしたサイト」だと評価されてしまいます。

Webライターのお仕事は基本的には「多くの人に見てもらうための文章作成」なので、検索エンジンからの評価が下がる行為は控えなければなりません。

コピペもその一つで、「誰にもバレない」と思っても、日々進化している検索エンジンの前では一瞬で「コピペした文章」だとバレてしまいます。

サイト内のコピペや自分がライティングした内容の使い回し

「コピペ」と聞けば他人のサイトの文章の盗用だと思う人は多いことでしょう。しかし、コピペは「他人のサイトから」だけではありません。自分が作成したサイトの文章であっても、コピペとみなされます。

Webライターのお仕事は様々です。時には「前と同じような仕事だな」「他のクライアントから同じような仕事をもらったな」と思うこともあるでしょう。

しかし、そこで「あの時使った文章でいいや」は通用しません。「自分が作った文章」だとしても、残念ながら著作権はクライアントに帰属していますし、そもそも誰からコピペをしようとも、既存サイトからのコピペは先にもお伝えした通り検索エンジンからの評価を下げることになります。

また、ユーザー側も「見たことあるな」「手を抜いたサイトだな」と感じるなど、サイトそのものの信頼性を下げることになります。

引用漏れ

引用の場合、「引用であること」を明記しなければなりません。しかし、引用したというサインや説明がない場合、残念ながら「コピペ」「盗用」と判断されてしまいます。

いくら「引用と明記するのを忘れただけ」だとしても、された側としては「勝手に文章を盗まれた」になりますので、損害賠償請求を受ける可能性もありますし、クライアントからの信頼を損ねることにもなります。

backquoteやciteタグをしっかりと活用することを忘れないだけではなく、サイトには掲載しないもののクライアントから引用元を尋ねられるケースもあるだけに、多少なりとも引用した部分がある場合は「引用した」という意思表示をしておくことが大切です。

著作権のある文章の流用

文章の中には著作物もあります。例えば分かりやすく言えば歌詞がその一つです。ブログ程度だから大丈夫だろうと思っても、歌詞の盗用は立派な「著作権の侵害」になります。

相手次第では損害賠償という話にもなりかねませんので、著作権のある文章の流用は気を付けなければなりません。例え歌詞のワンフレーズであっても、文章の長さに関わらず「著作権の侵害」に当たります。

大手クライアントのライティングでは気を付けるとして、個人のブログやアフィリエイトくらいであれば問題ないと思っている方も多いのですが、掲載サイトの規模の大小を問わず、著作物の侵害になるので気を付けましょう。

意識したつもりがなくとも、ついつい同じような文章になってしまうケースもあるだけに、この点は細心の注意が必要です。

エビデンスのない内容は記載しない

近年、Webライターのお仕事には「根拠(エビデンス)」が求められることもあります。「私は思う」「僕はこうだと思っている」ではなく、何を根拠にした発言なのかという点が求められています。

いわゆる「エビデンス」です。根拠のある発言であるのは大前提として、ではその根拠はどこなのか。例えば美容品の紹介の際、「この成分には〇〇な効果があります」と文章を書いた場合、当然効果に関してのエビデンスも求められます。

「アフィリエイトサイトに書いてあった」では通用しません。公的な研究機関等のエビデンスが求められますので、勝手な妄想でさも事実かのように記事を作成することもまた、厳禁です。これは特に有効成分等、美容に関する案件では大切な部分です。

改ざん

エビデンスは大切ですが、エビデンスの改ざんは論外です。データやグラフをエビデンスに…と思いきや、よく見ると恣意的な部分を強調していたり、文章を作成するにあたって都合の良い形でデータを取っている場合などは、残念ながら信頼を損ないます。

それもそのはず、文章を作成している側としては「文字数を埋めよう」「とにかく納品しなければ」という気持ちかもしれませんが、その記事を見たクライアントや読者は騙されることにもなりかねないのです。

さらには検索エンジンからも「真実ではないサイト」との評価を下されることにもなりかねません。

エビデンスの提示は大切ですが、都合のよいデータの抽出・改ざんもまた、ご法度だと覚えておきましょう。

画像を使う場合の加工

時には画像を挟む案件もありますが、その際、画像を加工することも基本的にはNGです。

例えば他のサイトの画像を引用する場合、「もう少し格好良くしよう」と手を加えたり、あるいは画像を反転させるなど、どのような些細なことであれ内容を変えた場合、「真実を伝えている」にはならなくなってしまいます。

軽い気持ちだったり、あるいは自分自身の「もっとこうした方が良いのでは」という前向きな気持ちかもしれませんが、加工することによって相手のイメージを変えてしまうことにもなりかねません。

画像に関しては扱いがデリケートなものです。ましてや文章同様、画像を使用する場合もいわば「借り物」になるので、勝手に加工することは控えましょう。例え自分の美意識にそぐわないとしてもです。

ライティングしたものの著作権について

ライティングのお仕事で納品した文章・ファイルは作成したのは自分自身でも、著作権はクライアントに帰属します。つまり、「自分のもの」ではありません。

当然ですが他のクライアントに同じファイルを提出するなど言語道断ですし、「自分が作成しました」と告げることさえ禁止のケースもあります。納品した後は、自分の手を離れることも覚えておきましょう。

ライターとしてしてはいけないこと 

一度引き受けた仕事をやめちゃう

一度引き受けた仕事は最後までしっかりと引き受けることも大切です。引き受けてから「無理かも」「自分に合わない」と思い、「やっぱり辞めます」と思いたくなることもあるかもしれません。

しかし、打診された時点で「これは向いていません」と断るのであれば問題ありませんが、一度引き受けた仕事を「やっぱり無理です」と断るのはWebライター云々ではなく、社会人としてNGです。

特に、顔が見えない分、無責任に逃亡する人もいるのですが、その瞬間、二度と同じクライアントからのお仕事を引き受けることはできないことを覚悟しておきましょう。

納期は必ず守る

こちらも「社会人として」の常識です。納期は一度決まったら厳守です。もちろん納期を決める前であれば「もう少し期日が欲しい」といった要望を伝えることはありですが、一度双方が納得して決められた納期は、必ず守るべきです。

仕事を依頼したクライアントとしても、納期に合わせてどうするかを考えていますので、納期がずれることでクライアントに大きな迷惑をかけると共に、当然ですが、ライターとして、さらには一社会人としての信頼感を損なうことになります。

例え連絡が遅くなりがちなクライアントであったとしても、自分自身は納期をしっかりと守りましょう。

指定文字量は必ず守る

基本的に、Webライターのお仕事はクライアントから文字数が指定されています。そして、その文字数は一見適当に見えるかもしれませんが、クライアントは様々なことを考慮した上で文字数を決めていますので、文字数も必ず厳守すべきです。

「足りませんでした、すみません」は通用しません。指定された文字数の記事を作成することがWebライターのお仕事ですが、だからと言って同じ文章の言い回しを連続するなど無駄に文字数を稼ぐのもご法度です。

また、「1000文字程度」「1000文字前後」「およそ1000文字」など、表現にバラつきがあると分からないことも出てくるかと思いますが、分からない場合は自分で勝手に判断するのではなく、相手に確認しましょう。

ライターとして知っておくと得するライティング方法

 最初は「思います」「とのこと」「だそうです」といった曖昧なテキストは削除

慣れていないと、どうしても記事作成の際、「自分の意見」が出てしまいます。「こう思います」「とのこと」「だそうです」といった言葉はブログであれば問題ありませんが、お仕事としては残念ながら適していません。

「自分の意見を入れてもいいです」というお仕事であれば問題ありませんが、基本的にそのような案件は滅多にありません。

客観的な事実が求められますので、自分の意思が入ってしまっている文章は削除し、客観性のある文章に差し替えてみると良いでしょう。

例えば美容品の紹介でも、「効果があると思います」ではなく、「〇〇が含まれているので効果が期待できます」と、いった具合に、あくまでも客観的な意見にしましょう。

ネガティブ表現を避ける

時にはどうしてもネガティブな表現が出てしまうこともあるものですが、ネガティブな表現もまた、あまり好ましいものではありません。そもそも「ネガティブ」という気持ちも主観です。

「これは良いものではありません」ではなく「成分を見ると負担が懸念されます」といったように、あくまでも「客観的な事実」のみを盛り込むよう心掛けるべきです。

ネガティブな表現は読者のテンションそのものを下げてしまいますので、サイトのイメージそのものもよりマイナスなものになってしまいます。

相手がベネフィットを感じる文章にする

文章作成は自己満足ではありません。読者に文章を見てもらうことが大前提になりますので、読者がベネフィット(利益、恩恵)を感じる文章が求められます。

例えばお店の紹介の際、「良いお店です」「満足できるお店です」と書かれていても、読者としてはよく分からないものです。

しかし、「バリアフリーなので車いすの方でも安心」「クレジットカードが使えるので現金がなくとも安心」といったように、具体的な情報があればそれらの情報を求めている人に「ベネフィット」を与えることができます。

ユーザーが有益と思える文章をライティングしましょう

基本的に文章作成はクライアントを通して、その先にいる「読者」のためです。自分の満足やクライアントがOKを出す文章ではなく、あくまでも「読者に有益」になる文章の作成を心掛けるべきです。

読者にとって有益な情報であればクライアントも自ずとOKを出しますので、クライアントの課す条件も大切ですが、大前提として「読者のために」という気持ちを持つことが大切です。

ライターステーションなら編集がいるのでライターさんの「してはいけない」も指摘してもらえる。

このように、Webライターとして活動するためには覚えておかなければならないことが多々あります。自分だけでこれらを身に着けるとなれば決して簡単ではありませんが、ライターステーションであれば納品物に対してのレクチャーをもらえます。

ライターステーションは編集がいます。担当者がつき、自分の文章に対して「どうすべきか」や「もっとこうした方が良い」など、してはならなことをコミュニケーションを通してレクチャーをしてくれます。

そのため、これからWebライターとして活動したいと思っている初心者の方でも安心して仕事に取り組めますし、ライターステーションで経験を積むことでWebライターとして必要なことを自然と身に着けることも可能です。

また、自分の力量に合わせた案件も紹介してくれるので、Webライターとしての一歩目を踏み出すに相応しい場所です。

テストも何度でも受けられますので、一度落ちたからと言って「向いていない」「自分には無理」だと諦めるのではなく、チャレンジしてみることも大切です。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
二宮祐介

Blogger : 二宮祐介

Webライターとして10年ほど活動。 多種多様なジャンルに取り組みつつ、Webライターとは何かを常に考えながら毎日楽しく生きています。