Webライターになるには

Webライティングのコツとは?

Webライティングは、単に文字数を稼げば良いというものではありません。ユーザーに読みづらいと判断されればサイトからすぐに離脱されてしまいますし、そもそも検索結果画面で上位表示されなければ、目に留まることがないのです。

ここでは、ユーザーにとって読みやすいWebライティングのコツを紹介していきます。

ユーザーに評価されるWebライティングのコツ

結論ファーストの文章

その文章・段落における答え・結論を、冒頭に提示すること。紙媒体では当たり前の起承転結を意識しないことが、Webライティングのコツのひとつです。

サイトを訪れるユーザーはまず、そのページに自分が求めている情報があるかどうかを判断します。その時間は、わずか3秒とも。

そんな短時間でサイトを読み進めるか、離れるかの判断を下すわけです。だからこそ、結論を最初に提示して惹きつけることが、重要になってきます。

見出しと改行の有効活用

見出しと改行がない文章は読みづらい、そう思いませんか? 実際、一文が長い文章ばかりのサイトは読み手に負担を与え、サイトの離脱率が高くなる傾向にあります。

そこで重要なのが、見出しの活用。その段落に書いた内容をまとめた一文を冒頭に見出しとして置くだけで、文章の印象はグッと変わります。「見出しさえ読めば、記事の内容がわかる」のが理想です。

もうひとつは、改行です。段落ひとつを丸ごと

タグで囲むライターの方もいますが、それでは改行がされず、実際にサイト上で表示されたときの読みづらさは否めません。Webでは、3~5行を目安に改行を行なうのが一般的です。

これらの根底にあるのは、スマートフォンで検索するユーザーの増加。デバイスの幅がPCに比べて小さいスマホでは文章が縦長になってしまうので、見出しと改行を臨機応変に入れていくのが効果的です。

タイトルタグ・ディスクリプションにKWを含める

サイト内の各ページには基本的に対策KWを設定しますが、タイトルタグとディスクリプションにも対策KWを含めることを忘れないでください。KWが含まれているかどうかは、Googleの順位決定要因のひとつに挙げられます。

とくに意識してほしいのは、ユーザーの目により留まりやすいタイトルタグ。KWをタイトルタグの前目に含めてページの内容を明確にしつつ、そのKWで検索しているユーザーが読みたくなるタイトルをつければ、CTR(クリック率)の向上に繋がるからです。

タイトルタグ・ディスクリプションまで意識して丁寧に書けるライターさんは、なかなかいないのが現状。だからこそマスターすれば、他のライターさんとの差別化ポイントになり、仕事の依頼が増える可能性が高まります。

Webライティングのコツを掴みたいなら、ライターステーションへ

初めからWebライティングをうまくできる人はいません。Webライティングのコツを掴むには、なによりも経験が重要です。「Webライティングに興味がある」「Webライティングの仕事がもっとしたい」という方は、ライターステーションに登録してみてはいかがでしょうか。

ライターステーションとは、在宅で記事を書くWebライター募集サイトのこと。Webライティングの基礎から応用のテクニックまで、「Web編集のプロ」が丁寧にサポートしてくれるので、効率よくスキル&報酬アップが狙えます。未経験者も歓迎していますので、気になる方は、まずは応募から!

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ライターステーション事務局

Blogger : ライターステーション事務局

ライターステーション事務局公式アカウント