Webライターになるには

在宅ワークで扶養の範囲内ってどういうこと?確定申告は必要?

在宅ワークは自宅で仕事ができることもあり、子育て中や外に働きに出ることが難しい主婦の方などに人気があります。夫の扶養内の収入を得ている主婦も多く、稼ぎ方はさまざまです。

筆者も子育て中の主婦であり、在宅ワーカーです。出産を機にフルタイムで働くことを辞め、夫の扶養内で稼ぐようになりました。

なぜ扶養内で働くことを選んだのか?

家計を預かる主婦として、損をしない働き方はなにか?と考えたとき、現実的な労働可能時間などを考慮して「年収103万円以下」が今の我が家にはベストだと判断しました。月収の目安はおよそ85,000円です。

子どもといる時間を多く持ちたかった筆者にとって、年収130万円以上稼ぐことは不向きだと感じました。それなら、扶養内の年収103万円以下に抑えて、税金を払わなくてもいいようにしたかったのです。

在宅ワークは副業としてスタートした

筆者が在宅ワークを始めたときは、パートが本業で在宅ワークが副業でした。 パート80万+在宅ワーク20万円=年収100万円。

夫の扶養内で収まりましたので、住民税以外に課税されるものはありませんでした。 年末調整はパート先でしてもらい、在宅ワークでは源泉徴収されていたこともあり、確定申告もおこないました。

それからしばらく副業として在宅ワークで稼ぎ、だんだんと在宅ワークで目標金額を稼げるようになってきました。そこで、「在宅ワークだけで扶養内の103万円を目安に稼ぎたい!」と考えました。しかし、パートと在宅ワークでは、扶養内で稼ぐということに違いがあったのです。

在宅ワークとパートは同じではない!「扶養内で稼ぐ」とは?

夫の扶養内の収入にするには、「年間で103万円未満にすればよい」と考える人は多いのではないでしょうか。しかしこれは、在宅ワークの場合にはそうとも限りません。

パートの場合

たとえば妻の年収が103万円以下であれば、妻自身に所得税がかかりません。パートの場合、収入は「給与所得」として扱われ、

年収103万円-基礎控除38万円-給与所得控除65万円=所得0円

となり所得税がかからず夫の扶養内でいられます。 また、夫には「配偶者控除」として38万円の控除が適用されます。

※ 2018年1月より、妻の年収が103万円を超えても150万円までなら「配偶者特別控除」として配偶者控除と同額の38万円が適用されるようになりました。

つまり年収103万円以下の場合

  • 妻の所得は0であり、所得税が課税されない
  • 夫は「配偶者控除」をうけられる

年収103万円を超えて150万円以下の場合

  • 妻は所得税を課税され、稼いだ額=手取り額ではなくなる
  • 夫は「配偶者控除」に代わって同額の「配偶者特別控除」が受けられる

ことになるのです。

また、年収が130万円を超えた場合は夫の社会保険から抜け、妻自身が国民年金や国民健康保険に加入することになります。

なお、住民税は自治体によってことなるものの、およそ年収100万円あたりから課税されます。

在宅ワークの場合

在宅ワーカーは「個人事業主」といって、クライアントと業務委託という契約をして仕事をします。パートや会社員であれば雇い主と直接契約をするため、年末調整など税金の手続きをしてもらえますが、在宅ワーカーはすべて自分でおこなわなければなりません。

在宅ワークの収入は「事業所得」あるいは「雑所得」として扱われ、

年収103万円-基礎控除38万円-必要経費=所得

となり、「給与所得控除65万円」がありません。 在宅ワークは経費が0円の場合、年収38万円を超えると所得税を払わなければいけなくなるのです。

年収38万円というと、月収3万円ほど。 在宅ワークだけで稼ぎたい場合、いくら扶養内といっても少なすぎます。

在宅ワーカーは「青色申告」をおこなうのがおすすめ

そこでおすすめしたいのが「青色申告」です。青色申告をすることで、「青色申告特別控除」として65万円の控除をうけられ、103万円までは所得税がかかりません。つまり、パートの扶養内103万円と同じ働き方ができるということです。

「白色申告」の場合にも「家内労働者等の必要経費の特例」が適用されれば65万円分の控除を受けられますが、複数のクライアントと契約をする在宅ワーカーの場合は対象外です。

つまり、在宅ワーカーとして所得が38万円以上(経費がほぼない状態で月収3万円以上稼ぐ)の場合には、青色申告ができるよう準備をする必要があります。

青色申告をするために

  • 「開業届」と「青色申告承認申請書」を税務署に提出する
  • 確定申告では「青色申告」をする
  • 経費をしっかりとつけ、青色申告ソフトなどを使用して帳簿をつける

ことが大切です。 ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、在宅ワーカーが安心して稼ぐために必要なものだと考えましょう。

年金や健康保険はどうなる?

在宅ワークでは、国民年金や国民健康保険といった「社会保険上の扶養」は年収130万円以下が目安です。

国民年金は、在宅ワークの場合でもパート同様年収130万円以下であれば扶養に入っていられます。

しかし健康保険の場合は組合によって異なるため確認が必要です。目安として年収130万円以下が条件のところが多いようです。

在宅ワークだけで扶養内で稼ぐには?

筆者が在宅ワークに切り替えたとき、いったい月にいくら稼げるのかまるで想像がつきませんでした。「稼ぎすぎてしまうかも」ではなく、「ほとんど稼げないかも」と不安でいっぱいでした。

そのためパートは辞めずに続け、しばらくは在宅ワークを副業としていました。 これは正解だったと思います。在宅ワークを始めてすぐはなかなか思うようには稼げず、月収85,000円が遠い夢のように思えたからです。

在宅ワークの受注量から報酬を計算し、不足する分はパートで補うようにしていました。

今では在宅ワークのみで月に平均して8万円ほど稼げています。在宅ワークは収入が月によってバラバラのため、不安はありますが、年間で合計して103万円を稼ぐことが現実的になっています。

収入をコントロールしやすいのは「パート」

たとえば「今年は年収103万円にしよう」と決めたら、達成しやすいのは断然パートです。

月収85,000円を目安に稼ぐことになりますが、時給で計算すれば必要な労働時間がわかります。

筆者のパートは時給1,000円でしたから、月に85時間労働。1日5時間働いて、週に4日ほど出勤すれば稼げます。毎月の収入はほぼ予想通りでしたから、年収の計算も楽でした。

ただ、子どもが小学生になってから長期休みなどは働けなくなったため、収入を下げるか、ほかの月で調整しなければなりませんでした。

在宅ワークは案件の報酬や単価もバラバラですから、103万円を狙っていたのに90万円しか稼げないこともありますし、120万円稼げてしまうこともあるでしょう。しかし、慣れてくれば、それ以上の年収を得ることも可能です。

在宅ワークは収入UPの可能性がいっぱい

「いずれ扶養を抜けてもっと稼ぎたい!」と考えているのであれば、在宅ワークでスキルUPをして徐々に収入を上げていくことを目指しましょう。

筆者は在宅ワークとしてwebライターの仕事を頂いていますが、案をこなすスキルが上がれば受注可能な量も増えます。リサーチ能力や構成を考える力、文章力やライティングスピードがアップすれば、同じ時間でも2倍の案件をこなせます。

パートの時給が倍になることはあり得ませんが、在宅ワークの時給換算が2倍になることは充分可能なのです。

扶養内でもOK!ライターステーション

筆者の「在宅ワーク」はwebライター。この記事のように、web上にある記事の原稿をライティングする仕事です。ライターステーションでwebライターデビューをしてから、今も継続してお仕事を頂いています。もちろん収入は月によってバラツキがありますし、デビューしたての頃は思うように稼げませんでした。

在宅ワークは収入が不安定…安定した稼ぎを得るためには?

しかし、ひたすらライティングを続けた結果「webライターを本業にして稼げるかも」と思えるまでになりました。在宅ワークで安定した稼ぎを得るためには、「依頼が継続してもらえるかどうか」が非常に重要です。

ライターステーションでは継続した依頼が可能

ライターステーションでは案件が豊富なため、継続した依頼が可能です。また、未経験者でも丁寧に指導・対応してくれるため、筆者のように全くの素人でも安心です。

「在宅ワークで扶養内の収入を得たい」と考えている人も、「いつかは扶養を抜けるほど稼ぎたい」人も。筆者のようにライターステーションに登録して、在宅ワークで収入を得てみませんか?

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
toma。

Blogger : toma。

30代主婦ライター。小学生男児の母。 わかりやすく、伝わる文章を研究中。 長年勤務した職場で務めたトレーニングマネージャーとしての経験を活かし、読者の心理に沿った「心をつかむ」ライティングを心がけています。 これまでに経験したジャンルは、「ビジネス・学習」「住宅・不動産」「健康・医療」「育児・教育」など。