Webライターになるには

在宅ワークで稼ぐ!副業も本業も可能なwebライターがおすすめ

「家にいながら収入を得られる」在宅ワーク。仕事をする時間を自由に決められるため、子育て中の主婦や外に働きに出るのが困難な人でも仕事ができる魅力があります。

在宅ワークといえば、アフィリエイト・ライター・ハンドメイド作家・ネットショップ運営・投資など。とくにアフィリエイトやwebライターはパソコンさえあれば仕事ができることもあり、挑戦しやすい職業といえるでしょう。

在宅ワークが選ばれる理由

在宅ワークは自宅で仕事ができます。仕事をする時間を自由に決められるため、空いた時間や夜に仕事を進めることが可能です。

また、会社員やパートとして勤める傍ら、在宅ワークを副業としている人もいます。本業が終わってから夜は自宅で在宅ワークをして、収入を増やすことができるのです。

こうした「自宅で稼げる」「仕事をする時間が自由」という大きなメリットが、在宅ワークが選ばれる理由です。

在宅ワークって稼げるの?

在宅ワークでは、「お小遣い程度に稼ぎたい」「扶養の範囲内で稼ぎたい」「在宅ワークで生計を立てたい」など、人によって目標とする収入は異なります。

在宅ワークの報酬は案件によってさまざまであり、最初は思うように稼げないことがあります。収入が安定しにくいため、最初から本業とするには難しい仕事といえるでしょう。

ですが慣れてくると同じ時間でも多くの案件をこなせるようになったり、高単価の案件を貰えるようになります。収入は安定しにくいものの、収入アップのチャンスも十分にあるのが在宅ワークです。

在宅ワークで安定した収入を得るためには

在宅ワークには、こなした案件の分だけ報酬が得られる「出来高制」の仕事と、成果があがれば報酬を得られる「成功報酬型」の仕事があります。

安定した収入を目指しやすいのは、断然「出来高制」のお仕事です。「成功報酬型」のお仕事は成果が上がれば高額な報酬を得ることも期待できますが、成果が上がらなければ1円も得ることができません。

また、“在宅ワークで出来るだけ安定した収入を得たい“と考えたとき、重要なのは「依頼を継続的にもらえるかどうか」です。依頼が途切れてしまったり、信頼のできないクライアントでは在宅ワークで稼ぎ続けることは難しくなります。

在宅ワークで安定した収入を得るためには、出来高制の「継続して依頼がもらえる」クライアントを選びましょう。

在宅ワークのメリット

人気を集める在宅ワークには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

仕事をする時間を自由に決められる

「仕事をする時間を自分で自由に決められる」こと。これは、在宅ワークの最大のメリットではないでしょうか。

たとえば小さい子どもがいる主婦が外で働くには、保育園などに預けなければなりません。しかし在宅ワークなら、子どもが夜寝た後に仕事をすることができます。

ただし、管理は自己責任。締め切り前に慌てて作業をすることがないよう、在宅ワーカーは自分でしっかり計画を立てることが大切です。

通勤する必要がない

在宅ワーカーは出勤する必要がありません。毎朝満員電車に揺られることもなく、身支度をしなくても仕事ができます。身支度や通勤に要していた時間を作業に充てられるので、より有効に時間を使えます。

また、通勤する必要がないということは、“楽”ということのほかにも“流行り病などをもらいにくい”というメリットもあります。

予定に合わせて仕事のスケジュールが組める

仕事をする時間を自由に決められる在宅ワーカーは、仕事以外の予定にも柔軟に対応できます。

  • 子どもの学校の行事
  • 役所などの平日にしか受け付けていない用事
  • 歯医者や美容院など定期的に通う施設

など、予定に合わせて仕事のスケジュールを組むことが可能です。

在宅ワークのデメリット

大きなメリットがある反面、デメリットもあるのが在宅ワーク。具体的にはどのようなものがあるのでしょうか?

納期に追われると心に余裕がなくなる

多くの在宅ワークでは、受注した案件をこなし、納品をして報酬を得ます。案件には締め切りがありますが、それまでにどのくらいの時間をかけて作業をするかは自分次第です。

余裕を持って仕事に取り組めれば問題ありませんが、「案件を抱えすぎた」「ついサボってしまった」「思ったより時間がかかる作業だった」などの場合、納期に追われることになります。

在宅ワークにおいて締め切りを守れないことは致命的ですから、自分でしっかりとスケジュールを組み、守らなければなりません。

運動不足になりやすい

家でずっと作業をしていると、運動不足になります。仕事が立て込んでいる時はずっとパソコンの前に座ったまま…ということも多々あり、ほとんど歩かないことも。

在宅ワークを始めてから「太った」「腰痛・肩こりに悩まされる」「体力が落ちて疲れやすくなった」と感じる人は多いようです。

体調を崩すと作業の効率が落ち、収入に直結します。在宅ワーカーこそ、適度な運動をする習慣を自らもつ必要があります。

収入が安定しにくい

在宅ワークの仕事の多くは「出来高制」です。案件によって報酬もさまざまですので、毎月安定した収入を得られるとは限りません。また、アフィリエイトやネットショップ運営などの「成功報酬型」の在宅ワークもありますが、成果が上がらなければ収入を得られません。

そのため収入にバラツキがあり、「来月はいくら稼げるのだろうか」と不安に陥りやすいデメリットがあります。少しでも安定した収入を得るためには「出来高制」の在宅ワークを選び、継続的な依頼が可能なクライアントを探すことが大切です。

在宅ワークが向いている人

在宅ワークは気軽に始めることができる一方、向き不向きがあるのも事実。外に出て人と接することが好きな人や、計画を立てるのが苦手な人にはあまりおすすめできません。ここでは、在宅ワークに向いている人の特徴を紹介します。

外の刺激をとくに必要としない人

在宅ワークは外からの刺激は受けにくい環境です。いつも誰かと接していたい人や、外に出て刺激を受けたい人には不向きといえます。

在宅ワークに向いているのは、一日中家にいるのが苦痛ではない人。基本的に仕事をするときは一人きりで集中する必要があるため、孤独な作業でも楽しめる人にぴったりです。

仕事の時間とのメリハリがつけられる人

家での仕事は、誘惑がいっぱいです。家に居ると、“寝たい”“遊びたい”以外にも“ちょっとそこを掃除したい”“テレビをつけてしまおうかな”と「ながら仕事」や「ちょこちょこ仕事」に手を出したくなってしまうのです。

だらだらと仕事をするのは非常に効率が悪く、結果的に自分を追い詰めることになります。締め切りに追われ、焦って作業をすると品質にも影響するため、仕事をする時間は集中出来るよう心がけましょう。

生活リズムをしっかり管理できる人

在宅ワークでは、化粧などの身支度をする必要がありません。お昼ご飯に何を食べたとしても誰にも見られていません。ずっと椅子に座っていることだって可能です。

朝も家族の世話さえできればいいので、そこまで慌てて起きることもありません。しかしこの生活に甘えてしまってはいけません。睡眠不足や運動不足がたたって健康を損ねることがあるからです。仕事をする時間をきっちりと決め、規則正しい生活を心がけましょう。

適度な運動を心がけ、食事も栄養のあるものを摂るなどをして、在宅ワークこそ健康に気をつかわなければなりません。

在宅ワークは副業も本業も可能なwebライターがおすすめ

webライターは、web上に掲載されるサイトなどの記事を書くことで収入を得ます。資格は必要なく、パソコンさえあれば仕事ができるため、気軽に挑戦しやすい職業です。

在宅ワークにはさまざまな種類がありますが、そのなかでもおすすめなのがwebライター。副業としても本業としてもお仕事が可能です。

webライターの仕事は「出来高制」で収入アップを目指せる

webライターの仕事は「出来高制」ですので、こなした案件の分だけ報酬を得ることができます。

また、コツコツとライティングの経験と実績を積むことで、報酬の単価も上がります。収入アップを目指せるのもwebライターの大きな魅力です。

在宅ワークを始めたてはなかなか思うようには稼げず、本業にすることは難しいと感じるかもしれません。webライターの仕事も例外ではないものの、経験と実績を積み、いずれ本業として収入を得ることは十分可能です。

ライターステーションでwebライターとして収入アップを目指そう

ライターステーションでは、webライターのお仕事の依頼をしています。依頼は直発注であり、編集部が「依頼」から「報酬の支払い」までをおこなってくれるため安心です。

また、さまざまなジャンルの案件が豊富であり、継続した依頼を期待できます。さらに、編集担当者が未経験者にもていねいに指導・対応してくれるため、在宅ワーク初心者でも安心です。

在宅ワークはコツコツと案件をこなし、経験を積んでいくことで収入アップを目指すことができます。

「どんな在宅ワークに挑戦しようかな?」と迷っている人は、「在宅ワークを始めて良かった!」と思えるよう、ぜひライターステーションに登録してみてください。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
toma。

Blogger : toma。

30代主婦ライター。小学生男児の母。 わかりやすく、伝わる文章を研究中。 長年勤務した職場で務めたトレーニングマネージャーとしての経験を活かし、読者の心理に沿った「心をつかむ」ライティングを心がけています。 これまでに経験したジャンルは、「ビジネス・学習」「住宅・不動産」「健康・医療」「育児・教育」など。