Webライターになるには

ライティングで読まれる記事を書くコツとは?

Webマーケティングでは、特に意識しなければいけないことがあります。それは、読まれる記事を書くことです。

文章を書く上で、そんなのは当たり前のことでしょ?と思った方。ポイントは「Web」です。Webの場合は、どんなに上手な文章を書いたとしても、ユーザーが興味をなくした瞬間にすぐに離れてしまいます。

今回は、Webライティングで読まれる記事を書くためのテクニックを紹介していきます。

Webライティングの基本構成

Webライティングでは、全体を通してユーザーを惹きつける力が必要です。

書籍や雑誌のような紙媒体は、読者がお金を払って手にします。読者は有料であるにも関わらず、知りたいことや興味があることの情報を得ようとしているので最後までじっくりと読まれやすいです。

一方、Webは無料ということもあって、興味を引くものが出てくるまで流し読みされる傾向があります。

また、Webは参入しやすいこともあって多くの人がコンテンツを作成していますが、情報の質はピンキリです。なので、情報の信ぴょう性についても紙媒体と比べると高いとは言えません。

ユーザーは、価値がないと判断したタイミングであっという間に去って行ってしまいます。記事を作るときは、Webという環境下でどうすれば最後まで読んでもらえるかを考えて構成することが重要です。

Webライティングの基本構成は、3つに分けることができます。すべて読まれる記事を作るために、それぞれの役割を正確に知っておきましょう。

トップコピー

タイトルや書き出し部分が、トップコピーに該当します。最初にユーザーが目にする場所で、重要度は断トツで高いです。

なぜなら、トップページで少しでも興味を引くことができないと、瞬く間にユーザーが離れていってしまうからです。早いと、ものの数秒で判定が下されます。

一生懸命質の高い記事を書いても、読み進んでもらえないことには話が始まりません。トップページでは、「気になるから先まで読んでみようかな?」と思わせるような工夫をしていきます。

タイトル

全体を通して、一番大事といっても過言ではない要素がタイトルです。タイトルを見られるのはほんの一瞬ですが、その短い間にクリックをするかしないかが決まってしまいます。

効果的なタイトルの付け方のパターンとしては、

  • 「〇〇とは?」「〇〇の解決方法」「〇〇をご紹介」のように知りたい答えがあることをわかるようにする
  • 「2019年の~」「春におすすめ!」のように年度や時期・季節を指定する
  • 「知らないとマズイかも!?」「○○で人生が変わった!」のような強い印象を持たせる

などがあります。

タイトルを付けるときには、この要素を含めるようにしましょう。ユーザーが、興味や関心を持ちやすくなったり、どんな情報があるのかがすぐわかるようになったりします。

書き出し部分

クリックして、最初に見ることになる書き出し部分も重要度が高いです。ユーザーは、書き出し部分に目を通してから、次に読み進めるかどうかを判断することになります。

なので、ここでは丁寧に説明するというよりは、ユーザーをハッとさせるような核心をついた文章が有効です。

たとえば、「文章を上手に書くのは難しいですよね?」「文章を上手く書く方法を知っていますか?」のように、悩みに対する同意や知りたい気持ちが出てくるような一文から始めます。

次に、この記事を読み進めると、悩みが解決したり有意義な情報を知ることができたりするという流れに持っていきます。

このときに、「文章が上手になる方法をご紹介」「私は1か月で見違えるほど文章が上手くなりました」などと、読むことで得られる結果がイメージしやすい文を書くと効果的です。

ボディコピー

ボディコピーとは、本文に当たる部分です。文章を書くという点では、一番気合いが入る箇所になります。

ユーザーは、知りたい情報がないと思った瞬間にすぐ去ってしまいます。価値ある情報があったとしても、文章がムダに長かったり、わかりにくかったりすると他のサイトに行ってしまうかもしれません。

ユーザーが文章を読む理由は、知りたいことがあるからです。問題提示から解決方法の提案までをテンポよく繰り返す、わかりにくい部分をなくすなどの工夫をして、ユーザーが途中で離れないようにしましょう。

本文のわかりやすい書き方

トップコピーで作った流れに乗って、情報がわかりやすく理解できるように作っていきます。

わかりやすくとは、簡単に読むことができて、内容が頭に入ってきやすい状態にするということです。

一文が長くならないようにする、余計な文章を入れない、専門用語があったらわかりやすい言葉に変えるか説明を加える、などの工夫をしていきます。

文章には、流れも重要です。「あれ、これ、それ」を多用して読み戻る機会を増やさないようにしたり、次に続く文章に内容のずれが出ないようにしたりして、スムーズに読めるようにしましょう。

見出しと改行

文章の書き方以外でもわかりやすくすることもできます。それは、見出しです。見出しを使うことで、区切りがはっきりとするので、情報量が多くても内容がわかりやすくなります。

区切りでいうと、適度な改行も有効な方法です。目安としては、5行くらい続いたら改行すると見やすくなります。パソコン画面とは別に、スマートフォンでの表示も意識するとなおのことよしです!

クロージング

最後にあたるクロージングの目的は、CTAにつなげることです。CTAとはコールトゥアクションの略で、ユーザーの反応を受ける部分のことを指します。

ようは、ページの最後にある「お問い合わせはこちらから!」「登録はこちらから!」の部分です。

コンテンツは、サービスや商品の購入、周知などを理由に作成されます。なので、クロージングのためにタイトルや見出し、本文があるとも言えるのです。

まず、まとめとして、ボディコピー部分を簡単にまとめていきます。ここまで読んでくれたユーザーは、ある程度の関心がある確率が高いです。頭の中を整理してもらうために、要点をわかりやすく手短に書いていきます。

次に、CTAへ誘導する文章が続きます。ポイントは、「ためしにやってみよう」「早くやった方がいい」と強く感じるように書くことです。

サービスや特典、希少性などのメリットを絡めることで、ユーザーの決断をさらに後押しする効果があります。

読まれる文章を書くコツ

読まれる文章を書くには、色々なことを考えなくてはいけません。上手な文章を意識して書くだけでは、不十分。重要なポイントは、”相手のことを考える”です。

ゴールを設定する

文章を書くときには、なにかしらの理由があります。Webライティングをしている場合は、ユーザーの役に立つ情報を提供してサービスや商品の利用を促す、などの目的があるはずです。

ライターは、ゴールの設定をしっかりとすることで、文章が書きやすくなったり相手に伝わりやすくなったりします。

では、ライターにとってのゴールとは何かというと、「相手にどのようなことが伝わって欲しいか」を決めることです。なんで今文章を書いているのだろう?の答えでもあるので、ライティング中は、意識しておくに越したことはありません。

役立つ情報をたくさん収集して、せっかくだしすべて伝えようと思ってしまうと、それはNGとなります。なぜなら、自分が伝えたいことを書いているだけで、相手に何を伝えるべきかの意識がないからです。

自分が伝えたいことではなくて、相手に情報が伝わったことによってどのような変化が起こるかまでを考えると、うまく書くことができます。

誰に向けて書いているか明確にする

少しでも多くの方に読んでもらいたい気持ちはあるかもしれませんが、コンテンツを作る目的が決まっている時点で、すでにターゲットはある程度決まっているのです。

ターゲットが、若者か高齢者か、男性か女性か、などで文章の書き方は大きく変わっていきます。たとえば、「おしゃれ」がテーマの場合、10代の女性と50代の男性では、おしゃれをしたい目的や方向性が違いますよね。

また、目的とする商品やサービスが、一人でも多くの人に知ってもらいたいのか、専門性が高い特定の人にしっかりと伝えたいのかで、読みやすい文章の条件は変わってきます。

なので、文章を書くときはターゲットを理解して、具体的に想像してみましょう。そのときに、容姿や名前を自分の中で勝手に設定すると、作業が面白くなるかもしれません。

イメージしたターゲットに、設定したゴールが伝わる姿を想像すると、文章が書きやすいです。

一気に文章を書かない

文章を書くときに、思っている以上に時間がかかってしまうときありませんか?

内容を充実させて、構成をきちんと行って、表現にもこだわって…といろいろ考えていると、頭の中がこんがらがってしまいます。

気にするべきことはたくさんありますが、すべてを同時にこなす必要はないのです。むしろ、やることを1つずつクリアしていった方が、シンプルに作業できるので、結果的に短時間で質の高い文章が作れることにもつながります。

文章は、大きく分けると「内容」「構成」「表現」の3つです。まずは、相手に役立つ情報の収集に専念して、伝えたい内容を把握します。

次に、読み進めてもらうための構成を考えてから、表現を意識した文章を書いていくと、作業が複雑にならないです。

文章の最初から完璧を意識して書き進めるのではなく、最後にひとまとめにして完成させるようにして進めていくと、一本筋が通った読みやすい文章になります。

まとめ

これから本格的にライターとして活動する方は、人に読まれる記事を書くことが大切です。いろいろと工夫して、一人でも多くの方に読み進んでもらえるようにしましょう。

そして、読まれる記事を書けるライターになると、Webマーケティングで重宝される存在として活躍できます。もちろん単価も上がるので、収入を上げたい方は目指して損はありません。

ライターステーションは編集担当者がサポートするので、働きながら学ぶことができる環境です。「読まれる記事を書けるようになりたい」「ライターとしての価値を上げたい」という方は、ぜひライターステーションをご検討ください。

ご応募お待ちしています!

タグ:
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : soda