業界ライター

バイクライター募集!バイク好きを活かして幅広く活躍しましょう

ライティングの仕事にはさまざまなジャンルがあるのは、ご存知のとおりです。その中には、ある特定のジャンルに特化したライターもいます。バイクライターもその一つであり、バイクに関するあらゆる記事を書いているのです。ここでは、そんなバイクライターについて解説していきましょう。

バイクライターとは?

バイクライターとは、文字通りバイクにまつわるあらゆる事柄を記事にしていくライターです。記事内容はさまざまで、新型バイクの最新情報やバイクの整備に関する豆知識、新製品のレビューなどがあります。また、書く内容はバイクそのものについての記事だけではありません。バイクで出かけるツーリングスポットのレビューや、中古バイクの買取相場などの情報も、記事を書く際に大いに役に立ちます。

このように、バイクについての知識や経験を使って、バイクに関心のある人たちのためにさまざまな記事を書いていくのがバイクライターの仕事となります。

バイクは便利な移動手段ですが、決してそれだけの存在ではありません。バイクの魅力や楽しさを読者に伝えるのも、バイクライターの役目であり楽しみであると言えるでしょう。

記事の内容は案件によってさまざまなので、取り掛かる前にしっかり確認しておくことが大切です。特に、記事内で提供する情報は正確性が求められます。バイクの年式やスペック、価格などについては、正確かつ最新の情報を記載するようにしましょう。

バイクライターに向いている人とは?

バイクライターに向いている人は、もちろん大前提として「バイクが大好きな方」です。「好きこそものの上手なれ」というように、「好き」は何より強い武器となります。バイクが好きならば、それに関する知識や情報は自然に集まってくるでしょう。そうした知識や情報を生かしていけば、バイクに関する記事の作成もやりやすくなるでしょう。

これも大前提となりますが、「文章を書くのが苦手でない方」「コツコツ取り組むのに向いている方」もバイクライターに向いています。執筆の際に気をつけなくてはいけないポイントはもちろんありますが、基本的な文章作法を身に着けていれば記事を書くハードルはそれほど高くはありません。

また、自分が好きなことについての情報を、たくさんの人に向けて発信したいという人にも、バイクライターは向いています。自分がバイクを好きでいたいというのはもちろんのことですが、自分が好きなものを他の人にも好きになってほしい、知ってほしいと思う人は少なくないはずです。そうした欲求を持っている人には、バイクライターが向いていると言えるでしょう。

現在では、インターネットの発達と普及によって、個人からの情報発信が容易となっています。そうした状況から、趣味系のサイトを運営している人も増えてきました。そのため、自分もバイクについての趣味系サイトを運営する方法が知りたいと思っている人にも、バイクライターはおすすめです。バイクについての記事を執筆していく中で、情報のまとめ方や発信の仕方がわかってくれば、自分のサイトを運営する際の情報発信の仕方もわかってくるでしょう。

バイクに乗っていなくてもバイクライターにはなれる

バイクライターになるには、当然バイクについての知識や情報を持っておかなくてはいけません。では、実際にバイクに乗っている人でなければ、バイクライターにはなれないのでしょうか?

結論としては、バイクに乗っていなくてもバイクライターとして仕事をすることは可能です。もちろん、実際にバイクに乗っていなければ、さまざまな経験について語ることはできません。しかし、バイクに関する知識や情報なら、実際にバイクに乗っていなくても、しっかり正確な情報を調べて手に入れることができれば、クオリティの高い記事を発信することはできるのです。

バイクライターに限らず、ライティングの作業は、なにも100%自分の持っている知識や情報だけを使って書かれているわけではありません。既存の情報を調べてまとめるというのは、ライティングの基本的なスキルです。そのため、求められている情報に対する十分なリサーチ力があれば、必ずしもバイクに乗っていなくてもバイクライターになることは十分可能であると言えます。

まとめ

ライターステーションには、ジャンルごとにさまざまな案件があります。もちろんその中には、バイクに関する案件も豊富にあるので、バイクが好きな人はぜひライター登録を検討してみてください。ライティングには特別なスキルや資格は必要ありませんし、年齢や性別にも関係なく、すぐにライティングを始めることができます。興味があればぜひチャレンジしてみてください。

もちろん、ライティング初心者の方のために、提出された記事に対しては担当編集者がきちんとフィードバックを行うので、改善点や注意点を順次学んでいくことができます。そして、働きながら基本的なライティングスキルを習得していくことができるので、自身のスキルアップにも繋がるのです。

タグ:
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : korogi