業界ライター

ビジネスライター募集!ビジネスマンに知識と刺激を与える仕事

ビジネスライターが書く記事は、企業や法人などビジネスパーソンに向けたものです。ノウハウや成功事例の紹介のほかにも企業コラムの執筆などがその例です。

まだはっきりとした定義はありませんが、専門の知識を活かしてその業種のビジネスパーソン向けに記事をかくWebライターというのが一番しっくりくるでしょうか。

ビジネスライターはどんな記事を書く?

ビジネスマンに向けた記事では、

  • ビジネスマンの働き方改革
  • ビジネス用語の解説
  • ビジネス業界における著名人のインタビュー記事
  • 最先端のビジネスの事例の紹介
  • 企業が成功するためのノウハウ

など、たくさんの種類があり、紹介するビジネスの分野や企業によって記事内容も変わってきます。

ビジネスマンとひとくくりにいっても、新入社員や昇進を目指す社員、独立を考えている人、役職のついた社員や社長まで、記事の読み手となるターゲットによってどんな情報が必要なのかも違います。

得意な分野のビジネスライターがおすすめ

自分が得意とする分野のビジネスライターになることがおすすめです。ビジネスにはさまざまな分野があり、 経済・流通・情報通信・バイオ・建設・住宅・不動産・自動車・教育・金融・医療・介護・環境・飲食・エンターテイメント(娯楽)・ファッション・スポーツ・消費財などなど。

とはいってもビジネスライターとしていくつもの分野の知識をもつ必要はなく、深い知識と理解のある分野がひとつあるだけで、その分野のビジネスライターとして活躍出来ます。

ビジネスライターの報酬相場

  • ビジネスメディア(紙媒体・Web媒体)の記事ライティング
    Web媒体:1ページ3000文字程度/1万円~ 
    紙媒体:見開き2ページ(1800~2000文字程度)/2万円~
    ※1案件あたりのページ数は2~4ページ程度 
    ※1ヵ月に最大4案件
  • Webのビジネスメディアの記事制作(企画・取材・ライティング・編集含む)
    雇用形態:契約社員 
    記事1本5000~8000文字(2週間に1本が目安)
    月給24万円以上+インセンティブ

記事をライティングするのに専門の深い知識と理解が必要ですので、ビジネスライターの報酬は高めです。また採用条件として、社会人経験2年以上やビジネスコンテンツのライティング経験などが必要なところもありました。

ビジネスライターに求められるスキル

取材力

ビジネスライターは、企業の社長や今話題の著名人など、ビジネス業界で注目を浴びるべき人物のインタビューをすることがあります。取材では、事前準備として取材相手について詳しく調べ、その企業の情報や業界の知識やニュースをしっかり理解していなければなりません。

インタビュアーの知識や理解が乏しいと取材相手もなかなか言いたいことが言えず、深いコメントを引き出せなかったり、大事なポイントを聞き逃したりすることもあります。それでは取材相手も読み手も満足できません。

取材では、ビジネスマナーはもちろん、聞き出す力や取材相手とスムーズに会話ができる業界や企業に対する知識と理解が重要です。

最新の情報を常に得ること

ビジネスライターは常に最新の情報を仕入れていなければなりません。新聞や雑誌、ネットニュースやビジネス記事など、常にアンテナを張り巡らせます。

日々進化し続けるビジネス業界。ビジネスは日本に留まらず海外とも大きく関係していますので、情報収集は海外まで範囲を広げる必要があります。

ライティングをするビジネスの分野の詳しい知識

記事をライティングするうえで、その業界の知識をしっかりもちましょう。読み手より知識が浅い記事に需要はありません。

読み手のニーズを満たすためには、専門の知識をふまえたうえでの提案や解説、紹介をするライティングが必須になります。

ペルソナライティング

記事がどんなビジネスマンに向けたものなのかを理解するために、ペルソナを理解しましょう。ペルソナとは、記事を最も読ませたいユーザーのモデルです。

ペルソナは年齢や性別以外にもそのターゲットがどのような階級でどんな悩みを抱えているかなど詳しく設定されます。例えば同じビジネスマンでも、新入社員と役職のある社員では求める情報も違いますし、解説の仕方も違います。

そのペルソナに寄り添った文章と情報を見極め、知りたい情報を網羅しペルソナが理解しやすい記事をライティングしましょう。

ビジネスライターの魅力

Webライターの仕事は今後も需要が見込める

現代では、情報収集の手段としてインターネットでの記事検索の需要が最も高いといえます。

スマホからでも簡単に情報を仕入れることが出来るため、ユーザーはよりタイムリーで効率的に情報を得られる記事を求めており、そのWebの記事を書くWebライターの需要は今後も高まっていくと考えられます。

また、Webライターのなかには専業とするフリーランスや副業ライターなど、さまざまな働き方があり、挑戦しやすい職業であるといえます。

知識を活かしたライティングで多くのユーザーに情報を届けられる

Webライターの仕事の魅力は、なんといっても自分の書いた文章で有益な情報を発信できること。有益な情報のある記事はユーザーからの需要も高く、ひとつの記事でもたくさんのユーザーの心を掴みます。

ビジネスマンは常に最新の情報や世界の動向にアンテナを張っています。そのアンテナに効率よくわかりやすく情報を届けられるのがビジネスライターです。

Webライターの仕事は自由に時間を活用できる

フリーランスや副業としてWebライターの仕事をする場合、仕事をする場所や時間は自分で自由に決められます。

締め切りを厳守できればよいので、自宅で夜だけライティングを進めることもできます。ただし、ビジネスライターの仕事には取材が必要な場合がありますので、取材に赴く時間は必要です。

ライターステーションでは

ライターステーションでは、さまざまな案件を豊富に取り扱っています。ビジネスに関する知識は持っているけれど、文章を書くのは自信がない…という人でも心配ありません。

ライターステーションでは未経験者にも親切に指導・対応してくれますので安心してライティングができます。記事の読み手の心を掴むライティング力は、本などでの勉強とたくさんのライティング経験で身についていきます。

ライターステーションに登録し、日本を支えるビジネスマンに知識と刺激を与えるビジネスライターとして活躍してみませんか?

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
toma。

Blogger : toma。

30代主婦ライター。小学生男児の母。 わかりやすく、伝わる文章を研究中。 長年勤務した職場で務めたトレーニングマネージャーとしての経験を活かし、読者の心理に沿った「心をつかむ」ライティングを心がけています。 これまでに経験したジャンルは、「ビジネス・学習」「住宅・不動産」「健康・医療」「育児・教育」など。