業界ライター

コンテンツマーケティングライター募集!必要なスキルや魅力を紹介

企業がWebサイトやブログ、DMや郵送物などを通して、ユーザーに価値のある情報を提供し、顧客を増やすことを目的としたコンテンツマーケティング。

ここではコンテンツマーケティングの記事を書く、Webライターとして知っておくべき知識やスキル、報酬相場を紹介します。

コンテンツマーケティングにおいてライターはどんな記事を書くの?

コンテンツマーケティングでは、Web上で発信するコンテンツ(記事、動画、グラフィックなど)をメインに、それを適切なターゲットに向けて有益な情報を提供します。

ライティングをする主なコンテンツは、Webサイトやブログの記事です。Webサイトには、企業自身が運営するサイトをはじめ、第三者が運営する比較サイト、情報サイトなどがあります。

Webライターは、商品やサービスの訴求や企業ブランドへのロイヤリティを高める「ユーザーにとって有益なコンテンツ」をライティングします。

顧客となるターゲットが知りたい情報を記事にする

ライターが書く記事は、商品やサービスの紹介記事ばかりではありません。 その商品やサービスの購入見込みのあるユーザーが興味のありそうな記事もライティングします。

例えばインテリア小物を扱う企業では暮らしの提案、化粧品を扱う企業であれば肌の悩みや健康に関する記事などがあります。

ひとつのテーマにこだわらず、ターゲットとなるユーザーが興味のありそうな情報が詰まったコンテンツを積み重ねていくことで、ユーザーにとって有益なサイトになるのです。

コンテンツマーケティングライターの書く記事内容は依頼者となる企業によって違いはあるものの、さまざまな記事をライティングできることは魅力的ですね。

コンテンツマーケティングライターに必要なスキル

コンテンツマーケティングでは、ユーザーにとって有益な情報や、魅力的な記事が必要になります。ユーザーに評価されないコンテンツでは企業の認知や商品やサービスの購入につながらないからです。

また、せっかく魅力的な記事を用意してもユーザーに見つけてもらわなければ意味がありませんので、検索上位に上がるようSEOライティングができるライターは重宝されます。SEOライティングについては後ほど説明します。

ペルソナに寄り添った文章を書く

記事を書くうえで、ターゲットとなるペルソナ設定を理解することが重要になります。

ペルソナ設定は企業側が設定しますが、そのコンテンツに引き込みたいユーザー像は年齢や性別だけではなく、家族構成や年収、趣味や悩みなどまで細かく設定します。

どんなことに興味があるのかなどを推測できるほど細かく設定されたペルソナに寄り添って文章を書くことで、ペルソナに近いユーザーの心に響く記事が書けるようになります。

ペルソナに向けて書く記事は、万人受けを狙う記事よりも実は効果が高く、ユーザーにとって有益なコンテンツづくりはペルソナ設定から始まります。

カスタマージャーニーを意識する

カスタマージャーニーとは、直訳すると「顧客の旅」です。潜在顧客や見込み顧客が企業の商品やサービスを知り、購入に至るまでの「顧客の行動や心理の動き」をさします。

有益なコンテンツを通してユーザーが商品やサービスを購入するまでに、知りたいことや迷いなどがでてきます。

その変化を読み取り、効果的なタイミングで顧客の心理状態にピッタリのコンテンツを発信します。カスタマージャーニーマップなどを活用して、ユーザーの心の旅をゴールに導くのもコンテンツマーケティングにおいて重要です。

SEOライティングの知識と実践

コンテンツマーケティングでは、企業や商品・サービスをユーザーに「見つけてもらう」ことが重要です。見つけてもらうには、検索上位に上がる必要があります。

ユーザーが検索したキーワードの結果として表示されるとき、検索上位に記事がなければ読んでもらうことすらしてもらえません。検索上位に上がるためにはGoogleなどの検索機能に評価される記事を書きましょう。

  • 検索キーワードが記事の中にいくつか含まれるようにする
  • ユーザーが知りたい情報を網羅する
  • 見出しなどを活用してわかりやすい文章を書く
  •  他のサイトのコピーではない、独自性のある記事を書く

少なくとも上記のようなポイントを押さえることで、記事が検索上位に上がりやすくなり、ユーザーに記事を見つけてもらえるようになります。

そして記事が検索上位にあがり、ユーザーが記事を読むか判断するときに重要なのが「タイトル」です。

自分の知りたい情報が載っていそうな記事かどうかはタイトルで判断しますから、ユーザーを惹き込む魅力的なタイトルをつけましょう。もちろん、タイトルと記事内容は一致させるようにします。

コンテンツマーケティングライターの報酬相場

  • アルバイト・パート週2日~/1日3時間~ 時給1,000円お悩み解決コラムのライティング
  • 業務委託1記事1,500円~10,000円文字数記載なしニュース・取材記事・コラムなどのライティング
  • 業務委託1記事1000文字~5000文字程度文字単価0.5~1.5円記事内容詳細なし

募集案件数は多めで、報酬は文字単価1円程度が多いように感じました。 ライティングする記事内容は専門的な知識を必要としないものが多いようです。 未経験者でもOKの募集もあれば、経験のあるライターを慎重に採用する募集もありました。

コンテンツマーケティングライターの魅力

コンテンツマーケティングのライターとしての魅力は、記事やサイトを通して企業や商品・サービスをユーザーに知ってもらい、企業とユーザーをつなぐきっかけをつくれることです。

自分のライティングした記事がユーザーを満足させ、そのサイトのファンを増やすことができれば、コンテンツマーケティングライターとしては成功です。

サイトからユーザーが企業や商品・サービスを知り、顧客に成長することで運営企業の目標は達成され、Webライターとしての評価もとても高くなります。

ライターステーションならコンテンツマーケティングライターとして成長できます

ライターステーションではさまざまなジャンルの案件が豊富にあり、継続した依頼を受けることが可能です。また、未経験者にも親切に指導・対応してくれるのでライティングの勉強をしながら経験と実績を積めます。

もちろんコンテンツマーケティングライターとして必要なスキルも身につけられるので、Webライターとして成長できますよ。たくさんの経験と実績を積んで報酬アップを狙いましょう。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
toma。

Blogger : toma。

30代主婦ライター。小学生男児の母。 わかりやすく、伝わる文章を研究中。 長年勤務した職場で務めたトレーニングマネージャーとしての経験を活かし、読者の心理に沿った「心をつかむ」ライティングを心がけています。 これまでに経験したジャンルは、「ビジネス・学習」「住宅・不動産」「健康・医療」「育児・教育」など。