業界ライター

CMSを学んでスキルアップにもなる!入稿ライター募集

入稿ライターのお仕事内容とは?

入稿ライターとは、CMSから原稿を直接納品できるスキルを持つWebライターを指します。CMSは「コンテンツ管理システム(Contents Management System)」の略称で、ウェブサイトを簡単に構築できるシステムのこと。

このCMSは、近年企業のホームページや公式ブログなどの運営に広く活用されています。

原稿がCMSに直接入稿されると、編集者は原稿の受け取り・入稿の手間を省くことができます。そのため、CMSを使いこなせる入稿ライターは今、引く手あまたなのです。

CMSはWordPress(ワードプレス)が主流

CMSにも様々な種類がありますが、現在日本でもっとも多く導入されているのは「WordPress(ワードプレス)」というソフトです。

このWordPress(ワードプレス)は、個人でも無料で使用できます。Webライターとしてスキルアップするために、まずはインストールして操作に慣れておくのがオススメ。

どこに何があるのか、どんな構造になっているのか見て知っておくだけでも、他のWebライターと差をつけられます。ですから、最初はあまり深く考えずに、とにかくWordPress(ワードプレス)を触ってみましょう!

WordPress(ワードプレス)の基本操作に加えて、HTMLやCSSなどホームページ作りに必要な言語も編集できるようになれば、報酬アップの可能性がグッと高まります。

WordPress(ワードプレス)とは?

WordPress(ワードプレス)は、ひと言で言うと「無料で使えるホームページ作成ソフト」です。その拡張性(注:後から機能追加や性能向上を行えること)と自由度の高さから、絶大な人気を誇っています。

本来ブログを運営しようとすると、1記事ごとにHTMLファイルを作成してサーバーにアップロードしなければならず、非常に面倒なのです。

しかし、WordPress(ワードプレス)さえサーバーにインストールすれば、これらの面倒な手間を省いて、簡単にブログ記事を更新することが可能。

コードについての専門知識がない人でも、直感的にブログ更新作業を行うことができるのが大きなメリットです。お洒落なデザインテンプレートも豊富なので、自分好みの見た目にカスタマイズすることもできます。

WebライターがWordPress(ワードプレス)を学ぶメリット

フリーランスのWebライターの求人には、クライアントのサイトに直接原稿を納品する入稿ライター案件が多くあります。

編集者サイドから見ると、CMSへ入稿する手間が省けるので、WordPress(ワードプレス)を使いこなせる入稿ライターの方が案件を獲得しやすい傾向があります。

Webライターとしての仕事の幅を広げたければ、WordPress(ワードプレス)への投稿だけでなく、カスタマイズなど“プラス・アルファ”の知識を学んでおくと良いでしょう。

Webライターの仕事に応募する際に「WordPress(ワードプレス)に関する知識が豊富です。具体的には、○○ができます」などとアピールすれば、採用側から見てかなり魅力的に映るでしょう。

WordPress(ワードプレス)は独学で学べる

ここまで読んで「なんだかWordPress(ワードプレス)って難しそうだな……」と躊躇された方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

わからないことをインターネットで一つずつ調べながら、独学でWordPress(ワードプレス)を学んだWebライターさんも大勢います。

プロのデザイナーやプログラマーレベルまでみっちり習得しようと始めから気負いすぎる必要はまったくないので、まずはできる範囲で基礎的な知識を少しずつ覚えていきましょう。

WordPress(ワードプレス)は誰でも無料で使用できるのが大きな特徴ですから、さっそくインストールして触りながら勉強してみてはいかがでしょうか。

わからないことが出てきたら、インターネットで検索すれば大丈夫です。WordPress(ワードプレス)についての分かりやすい解説記事はたくさんあるので、疑問があってもすぐに解決できるはず。

わからないことがあれば、とにかくググって、手を動かしながら習得していくのがポイントです。気軽な日記ブログなどを運営しつつ、楽しみながら実地でWordPress (ワードプレス)をマスターしていくのが一番の近道です。

WordPress(ワードプレス)を学べる動画

WordPress(ワードプレス)を無料で学べる動画は、ネット上にたくさんあります。中でも、初心者向けプログラミング学習サイト「ドットインストール」の動画レッスンがとてもわかりやすくてオススメ。

インストールなど初歩的な作業からテーマ作りまで、WordPress(ワードプレス)に関する基礎知識をひと通り学ぶことができます。1レッスン3分以内・全23レッスンなので、すき間時間にコツコツ知識を習得できちゃいます。

他には、YouTubeにもワードプレスの無料レッスン動画がたくさんアップされています。人それぞれの好みや相性もあると思いますので、ぜひ色々検索してお気に入りを見つけてくださいね。

WebライターはWordPress(ワードプレス)が使えた方が良い

WebライターがWordPress (ワードプレス)を使いこなせると、WordPress(ワードプレス)入稿の仕事に応募できるだけでなく、単価交渉の際に有利になるというメリットがあります。

WordPress(ワードプレス)の操作は一度慣れてしまえばそれほど難しいものではありませんが、それなりに手間がかかるのでその分単価をアップしてもらいやすいのです。

既にライターとして契約している仕事がある場合でも、「最近WordPress(ワードプレス)を勉強していますので、もし案件があれば声をかけてくださいね」とクライアントに伝えておくと良いでしょう。

もしかしたら、既存クライアントからWordPress(ワードプレス)を使う新しい仕事をもらえるかもしれません。

Webライターとして運営しているブログやSNSのプロフィール欄に、「WordPress(ワードプレス)入稿可」と書いてアピールするのも良いでしょう。

入稿ライターを探していたクライアントから、直接声をかけてもらえる可能性もあります。

まとめ

Webライターにとって、WordPress(ワードプレス)というスキルが今とても必要なものであるということがお分かりいただけたかと思います。

「慣れれば簡単」とは言っても、新しいことをスタートするときは、ちょっと心細くなってしまうこともありますよね。ライターステーションなら、編集担当者がワードプレスの使用方法をレクチャーしてくれます。

わからないところも電話やチャットで丁寧に教えてくれるので、初心者でも安心。Webライターとして仕事をしながらスキルアップできるという、またとない好環境が整っています。ライティングに加えて新たな強みを磨きたい方は、ぜひ応募してみてくださいね。

タグ:
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : yoshino