業界ライター

金融のwebライター募集!専門分野のある強みを活かし、高収入を目指そう

重要度が高い!正しい知識を持つ金融ライター

YMYLのひとつ、お金にまつわる話はグーグルとしても専門性を必要とし、また訪問ユーザーとしても非常に興味深い話になります。
しかし、税金関係・控除・保険金・株や投資信託などの資産運用に関して、興味はあるけどよくわからない!というのがユーザーの実情。そういった金融情報に関するwebライティングを正しい知識に基づきわかりやすく説明できる金融webライターは少ないです。

高齢化社会を突き進む日本では金融に詳しい知識があり、金融系のライティングができるwebライターは需要が今以上に高くなると言えます。
近年では不動産投資業界もオリンピックも意識をして集客に向けwebに進出をし始めた企業が多くなってきているので、不動産投資を掛け合わせた金融webライターの案件も増えていくことでしょう。

用語が難しく、ユーザーに分かりやすく説明する以上に、ライフタイムバリューが高いため、報酬も通常より高めに設定されていることが多いです。
特に金融関係の会社に勤めていた方や、金融の仕組みなどをしっかり書くことが出来る人は重宝されるでしょう。

ランサーズやクラウドワークスなどの大手のクラウドソージングでも金融系のライティングは多く募集している場合が多いです。文字単価は1円未満のものばかりですが、金融の知識がある人と長期契約を考えている人も多いようなので、金融関係の知識に自信がある人や投資関連に強いwebライターは、金融ライターを目指してみるのも良いかもしれません。

金融ライターとして就職した場合の月収・年収は?

残念ながら、金融ライターのみを募集しているところは、少ないです。金融ライターだけで就職ができる企業はあまりありません。

しかし、金融の記事単価は高く、法令順守が厳しいため、一度お願いしたwebライターに継続してお仕事がお願いする傾向が強いです。
いくつもの金融系の案件を抱えることが出来れば、報酬も高額になるでしょう。

金融ライターはどのような内容を書くの?

金融ライターは主に、お金に関する情報全般をライティングしていくのが仕事です。 中にはクレジットカードや貯金、節約などの身近で特別な知識を必要としない物もありますが、仮想通貨や外国為替、株式投資、投資信託や確定拠出年金などの資産運用系や、ローンに関すること、また投資用語など複雑なものが多くあります。

金融ライターは一般ユーザーに専門的な内容を分かりやすく、めんどくさいと思わせずに理解してもらうようにライティングすることが大切です。

金融関係の知識を活かせる金融ライターを目指そう

webライターは副業としても人気です。とくに、本業の知識や経験を活かすことが出来る副業は、すぐに始めやすく、知識も十分にあるのでおすすめかもしれません。もしも、金融機関に勤めた経験があったり、現在でも金融関係に携わるお仕事をしていたりするのであれば、金融ライターとしてライティングをしてみるのはどうでしょうか。

ただし金融関係は副業禁止が多いため、本業が金融関係のwebライターは難しいですね。 それが金融webライターが少ない理由となります。

金融系の知識を必要とする記事制作は募集もそれなりにありますが、金融webライターが少ないので、狙い目かもしれません。

金融webライターのなり方と稼ぎ方

金融系の知識を持っていれば、金融系のwebライティングを得意とするwebライターになれます。
金融はお金に関すること全てですから、国内外の経済にまつわる話、税金、事業性資金、補助金、仮想通貨、投資などなどの様々な内容と幅広い知識が必要になってきます。

しかし、金融について幅広く網羅的に詳しく説明できる人は少ないのが実情です。ですから、金融関係のライティングが出来る人は高単価を狙いやすく、長期継続できる可能性も高いでしょう。

ただし、金融webライターはアフィリエイト単価も高いので、まずは金融系の下記に書いた内容のブログを作り、副収入+腕磨きをするのも一つの手になります。

金融ライタージャンル「株式投資・資産運用」

金融ライターの中でも案件が多いのが資産運用や株式投資系の案件です。良質な記事であり、情報も豊富な物であれば、文字単価が2円以上のものもあったりします。

特に株式投資の記事などは内容を理解し、さらに個人投資家たちに向けて納得してもらえたり、役に立つというふうに感じてもらえたりする記事を書かなければなりません。ですから、金融ライター自身もかなりの知識、実際に自身で資産運用をしていた経験が必要となってくるでしょう。

金融webライタージャンル「ローン」

ローンといっても住宅や車、教育、そしてクレジットカードのローンなど様々な物があり、銀行などに勤めていた経験があると知識を活かすことができるでしょう。ただし、現役銀行マンが金融webライターにジョブチェンジすることは考えられませんので、銀行マンや元金融関係や以外のひとも知識を得ることで十分に金融webライターとして活躍することができます。また金融関連を退職した方も老後のおこずかいとして年金以外の収入源として活用することをおススメします。

金融ライターといってもかならずしも金融の知識がある人ばかりがなるわけでもありません。金融ライターの案件の募集を見てみると、実際に自分自身が教育ローンを借りたことなどの経験に基づいた内容を書いている金融ライターもいます。

金融ライタージャンル「税金対策」

金融ライターの案件でも多いのが税金に関する内容の物です。なるべく税金を安くして、損はしたくないと考える人も多いのでしょう。税金のしくみをしっかりと把握している金融ライターは需要があるといえるでしょう。

また、個人事業主などのための確定申告に関する内容・経費や控除について、海外FXなども税金対策と関連して多く扱われています。税理士などがwebライティングしてくれるのが一番わかりやすいのですが、彼らは本業で稼ぐことが出来るので、こちらもねらい目。
税金に関連した記事をかける金融ライターは重要視されていくでしょう。

金融ライタージャンル「仮想通貨」

仮想通貨は600種類以上存在していると言われています。

この取引に関しての内容やルール、メリットデメリット、そして初心者にとって気になるリスクなどのことに関する金融のライティング案件は、専門的な記事や特別な知識も必要になってきます。また、新しい金融ジャンルとなるため、高単価で依頼される可能性があります。

仮想通貨への投資や仮想通貨による資金調達「ICO」に関する記事は増加傾向にあります。

暮らしに必要なお金も執筆対象

金融というと難しい物ばかりがイメージされるかもしれませんが、身近な生活に関係しているお金のことも含まれます。貯金やこれからの生活、家計に必要なお金のことや、くらしに役立つ情報などもすべて金融になります。

自分の家計を管理していくと言うことも、お金を動かしていくことに繋がっていきます。ですから、知識ばかりでは無く、家計を楽にする生活の知恵なども重要な記事となります。

文章制作が得意でないなら、ブログ開設で腕を磨く

ライティング経験もあり、金融の知識も十分に持った金融ライターが一番望ましいのですが、金融の知識をもっていれば、それはダイヤの原石。ライティングの経験が少なかったとしても、金融の知識があれば、自分で金融の中でもジャンルを特化した内容、例えば保険について、ローンについて、クレジットカードについてといった内容のブログを書き、アフィリエイトをすることで、webライティングの収入とは別の収入源をwebライターとして持つことができます。

そしてブログを開設して副収入を得やすい業界がアフィリエイト単価の高い金融ライターになのです。高知県で消耗せずに暮らしている人のようなアフィリエイトのみで生活するのは難しいですが、ブログを検索上位にするSEOライティング、訴求させるためのwebライティング技術を磨くことが金融webライターなら可能なのです。

ただし、アフィリエイト単価が高いため、もちろん競合も多いです。 それはつまり競合アフィリエイターに打ち勝って、SEOライティングに強い金融webライターであることを証明できるチャンスでもあります。 金融webライターを志すなら、将来の高単価高収入を目指して、アフィリエイトブログを開設しましょう。

金融ライターの難しさ

また、これから資産運用や株式投資を始めてみたいという金融関係の話が右も左も分からないような人に分かりやすく解説する必要もあります。 ですから、むずかしい複雑な内容をいかにユーザーに理解してもらうかが、重要になってきます。

株式投資や資産運用となると、ユーザーのお金の動きに大きく係わってきます。もしも金融ライターが間違った情報を与えてしまった場合、ユーザーが負債を背負ってしまう可能性があるというリスクもあるのです。また法令も厳しく定められております。通常のwebライティングも優良誤認は景表法にて禁じられていますが、金融商品の場合、特定商品のみをつよく推薦することも、禁止されています。金融関連webライティングはわかりやすく説明するのに加えてコンプライアンスを重視して説明する必要があります。

金融webライタープラス他の業界のライティングもできる人が稼げるライターになる

金融ライターは需要があるライターです。

ですが、金融のみで安定収入を得るとなると、顔出しできるレベルでないと難しいです。また金融Webライターは単価の高い案件が多いので、挑戦する人も増加傾向にあります。 専門知識や希少な専門資格を持ったwebライターも増加傾向にあります。 つまり金融ライター一本で絞るのではなく、多様なwebライティングができるwebライターであることが重要です。もちろん金融業界に得意なwebライターというのは強力な武器になります。そのまま知識を磨きながら、webライティング技術をみがくためにも他ジャンルのライティングをしましょう。

ライターステーションなら金融ライターの案件が豊富

ライターステーションでは金融案件も豊富に用意されています。

またライターステーションは直発注の案件ばかりです。自分から立候補しなくても仕事が舞い込んできてくれます。

これから金融webライターとして頑張っていきたいという方も安心してお仕事を始めることができるでしょう。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ライターステーション事務局

Blogger : ライターステーション事務局

ライターステーション事務局公式アカウント