業界ライター

葬儀のことが分からない人が多いからこそ葬儀に詳しいライター大募集

葬儀はなかなか経験することがないことです。

参列する側になることはあっても、自分自身が喪主として葬儀を執り行う側になれば分からないことだらけだからこそ、葬儀に関して知りたいと思っている方は多いため、葬儀に詳しいライターが求められています。

葬儀に関する疑問や費用、礼節。知っておかなければならないことが多いからこそ、そんな読者のニーズに応えられる葬儀に詳しいライターが求められています。

葬儀ライターの報酬はどれくらい?

葬儀ライターの報酬は専門的な分野でもあるので1文字1円以上のお仕事も多いです。

但し、これはライターステーションでの金額になりますので、クラウドソーシングの場合、少々安いです。

また、葬儀に関する記事は専門的である一方、般的なキーワードのライティングが多いクラウドソーシングの場合、仕事そのものに巡り合うことが難しいですし、クラウドソーシングはその特性上、一つの案件に多くの立候補者が集まりますので、実績がなければ仕事にありつくことができません。選んでもらうためには実績があるか、あるいは安く受注するしかありませんので、ライターステーションのような1文字1円以上の葬儀ライターのお仕事は、他ではなかなか見つけることさえ難しいことでしょう。

葬儀ライターとして就職した場合

葬儀ライターとして就職することもできるでしょう。

但し、出版業界は業界全体が地盤沈下しています。葬儀ライターというジャンルそのもののニーズが少ないこともあり、残念ながら葬儀関係のライターとして就職したとしても、平均年収にさえ届かないことが予想されます。

葬儀ライターのお仕事

葬儀ライターのお仕事は葬儀に関してのノウハウや、葬儀の疑問を解決できる記事を書くことです。

葬儀の喪主となる場合はもちろんですが、参列する際の礼儀作法、マナー等、知っておかなければならないことがたくさんあります。

それらが分からなければ失礼になってしまいますし、何度も行われるものではないからこそ失敗が許されません。

だからこそ葬儀に関して調べるユーザーが多いので、葬儀に関しての疑問の解決や葬儀の際、何が必要なのかなどより具体的に記事が書けるライターが求められています。

ライターステーションでは1文字1円以上のお仕事もたくさんあります。

一般的に、タイピングの速い人は1分で100文字打てると言われているだけに、60分でおよそ6,000文字は打てる計算になります。

もちろんあくまでも目安ではありますが、この数字を当てはめるとライターステーションのお仕事を時給換算すると、交通時間や着替えの時間、さらには最低賃金に近い時給設定でのパートやアルバイトとは比べ物にならない額になることが分かります。

また、ライターステーションは経験によって任される仕事のクオリティも高くなります。

その点もいつまでも同じ時給で働かされるアルバイトやパートとの違いなので、専業となって仕事に取り組めば取り組むほど、お金のみならずやりがいも湧いてきますので、ライターステーションに登録して葬儀ライターとして活躍してみてはいかがでしょう?

葬儀ライターとして稼ぐためには経験と知識と情報収集

葬儀ライターとして稼ぐためには自分自身の経験や知識、さらには情報収集。

これらが大切になります。

どれが一番ということではなく、どれも大切なもので自分の中にインプットした情報や経験・知識を読者に分かりやすくアウトプットすることが大切です。

決して独り善がりな文章ではなく、常に読み手のことを考えた記事作成に取り組むことがライターとして稼ぐコツです。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
二宮祐介

Blogger : 二宮祐介

Webライターとして10年ほど活動。 多種多様なジャンルに取り組みつつ、Webライターとは何かを常に考えながら毎日楽しく生きています。