業界ライター

人事ライター募集!人事・HR・人材業界経験をいかしたライティングで、企業の採用活動に貢献

人事・人材業界経験を活かしたライター募集

2019年現在、採用市場は売り手市場と言われています。

企業側は希望する人材の確保が困難であったり、応募自体の数が少なかったりといった悩みを抱えています。

すべての業界が人材不足・人材難になやんでおり、人材不足が事業継続難を引き起こし倒産してしまったり、後継者が育たず会社をたたむ、「人材不足倒産」が増加傾向にあります。

こういった倒産にまでつながる人材不足解消するために、人事・人材業界経験を活かせるライターが今、注目されています。

HR経験が活かせる人事ライター

人事ライターとは、人事や転職エージェントなどの人材業界経験の知識を活かし企業の採用活動に役立つ記事を書くライターです。

ライターとしてのスキルも大切ですが、知識、経験をもとに採用市場にマッチしたリアリティのある記事を求められます。

主な仕事はオウンドメディアにおける記事執筆。

特に人事ライターとしては自社運営メディアでの採用活動に関わる部分が多いので、人材を資本とする考え方であるヒューマン・リソース(HR)の知識も必要になってきます。このように、メディアを通じて企業の採用活動に関わっていける仕事なのです。

人事ライターこそが採用難の時代の救世主に

採用難の時代。それは企業同士が優秀な人材を取り合う状態とも言えます。

人材確保で優位に立てば、人材不足に悩むライバル社に対して大きなアドバンテージになることでしょう。

つまり、他の企業よりも価値あるコンテンツの発信をして求職者に対しアプローチする必要があるのです。

しかし、企業の人事担当者は仕事に追われてしまい、採用に関するコンテンツ発信に手が回りきっていないのが実情。

そこで企業の採用担当者の代わりに発信できる人事ライターが求められるのです。

人材業界経験が、採用市場の動向を鋭く見据えることが出来る。

人材業界の役割は多くの求職者と企業をマッチングさせること。

様々な業界の知識と現在の採用市場の動向を熟知しています。その経験と知識はこれから変化していく採用市場に対応し、その動向に合わせた最適なコンテンツの発信を可能にします。

就業者とくに中途採用者の企業選択のポイントとして、

  • 自分のやりたい仕事ができる会社
  • 成長が感じられる会社

があげられます。

これは退職理由が人間関係や給与といった後ろ向きな理由であっても、就職活動時にはよりよい環境や前向きな動機を求職者本人も持っているからです。

そして求職者が企業の調査をするときの検討材料として、企業発の人材メディアを確認することが基本となりつつあります。そういった求職者の情報収集に企業が直接発信することで、必要な人材を獲得することが出来るのです。

そのため採用市場の動向や求職者が求める内容にアプローチできる人材ライターは今後需要が増えてくるでしょう

採用オウンドメディアの流行

今注目の採用関連のオウンドメディア

前述しましたように、新卒採用や中途採用の新たなツールとして採用関連のオウンドメディアが注目されています。従来はいわゆる転職サイトが中心でしたが、自社でコンテンツを高い頻度で更新することで求職者とのエンゲージメントを高め、自社のブランディングを強化することが求められています。

オウンドメディアは従来の採用情報のみではなく、職場の雰囲気や業界のリアルを求職者に発信できることがメリットとしてあげられます。

例えば、「どういった人物が多い職場なのか」「働きやすい環境なのか」「その職場で私はどのように成長できるのか?」といった従来の転職サイトでは伝えきれない自社の魅力を発信することができるのです。

人材ライターだけが採用系オウンドメディアのを解決できる

一方、オウンドメディアの立ち上げで最も大変なのは運用です。

せっかくオウンドメディアを立ち上げたとしても継続的に発信できなければ意味がありません。逆に発信が滞ると、マイナスの印象になります。

採用オウンドメディアでの目的達成を最大化する場合、専任担当をつけるか、兼任であってもオウンドメディアのが主業務であることが重要です。

そもそも採用オウンドメディアの運用にはライティングだけでなく、

  • どのページを見たのか?
  • どのくらいの流入があったのか?
  • 実際のエントリーは何人か?
  • どういった検索条件で上位表示しているか?
  • 今年度の採用方針にあっているか?

など、コンテンツ作成以外にもオウンドメディアの分析だけでも多岐にわたります。

それに通常の人事の業務も含めて兼任するとなると、コンテンツの追加はどうしても後回しになってしまいます。

だからこそ人事・HR・人材業界出身の人材ライターが必要となります。

人材ライターが定期的に記事を書くことで高品質コンテンツを継続的に発信できるようになります。

採用のノウハウを発信できる人事ライターが今求められている

一言で採用といっても新卒採用と中途採用があり、営業職・技術職・専門職・研究職など職種も多岐にわたります。

それぞれ目的・ターゲットによって採用活動の時期や期間が変わってきます。その違いを理解し、採用ノウハウを発揮できる人事ライターが今求められています。

例えば、新卒採用の場合、採用活動期間は1年がかりになりますし、将来のコア人材の確保やスキルよりも意欲のある人を求める傾向、企業のビジョンに共感してくれる人材が求められます。

一方、中途採用では、採用活動期間は数週間から数ヵ月といった短期間です。目的は自社にない知識・経験を持つ人材やある程度高いレベルのミッションをクリアできるスキルを持っている人材の獲得などになります。

いつ・どういった人材が欲しいのかといった背景を理解しながら記事を書ける人事ライターは重宝されます。

さらに採用計画から内定者のフォローまでの大まかなフローを理解している、HRの知識など。人事・人材業界の経験を十分に発揮し、培った採用のノウハウを人事ライターとして活かすことが出来ます。

ライターステーションに応募する際に、人事経験や人材業界経験があることを詳細にプロフィールに書こう

ライターステーションは人事ライターを募集しています。応募の際に、プロフィールに人事経験や人材業界経験があることを詳細に記載しておくと、そういった内容の依頼も来やすいです。

また採用系メディア案件が非常に多くなっております、人事・HR・人材業界の経験をもつライターがライターステーションでも今足りません。この機会に是非応募をお願いいたします。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ライターステーション事務局

Blogger : ライターステーション事務局

ライターステーション事務局公式アカウント