業界ライター

専門知識を活かす!保険の知識を活かせるwebライター募集

みなさんは、保険ライターという仕事をご存知ですか?専門的な保険の知識を持っている人であれば、情報発信をすることができるやりがいのある仕事です。ここでは、保険ライターはどういった仕事なのか、どういったスキルが必要なのかについてご紹介していきます。

保険ライターとは?

保険ライターとはどういった職業なのでしょうか?保険ライターは、名前の通り保険に関する内容のライティングを行うライターです。具体的な内容としては、生命保険や損害保険、がん保険、自動車保険など各種保険の内容を調査し、ライティングする仕事です。記事執筆するときには、正確な情報を提供するように心がけることも大切です。また、おすすめの保険やその内容を解説する記事など、特定の人に対する記事をライティングすることもあります。

保険ライターがライティングする内容は?

生命保険

保険ライターがライティングする内容に、生命保険があります。生命保険といっても種類はたくさんあり、以下のような内容があります。

  • 定期付終身保険、終身保険、医療保険、介護保険に関するライティング
  • 個人年金保険・養老保険・学資保険に関するライティング
  • Insur Tech(保険×デジタルヘルス)に関するライティング

このようなライティングを行うことが多いです。生命保険会社のホームページなどの情報や、保険制度の内容を調査してまとめることがあります。各種保険の内容、社会保障についての解説など、多岐にわたる内容を扱います。生命保険について基本的な内容を知っていることはもちろん、専門知識も必要となります。時には、最新技術について扱うこともあるので、日々の情報収集も必要になります。

損害保険

保険ライターがライティングする内容に、損害保険があります。損害保険のライティング内容については以下のような内容があります。

  • 自動車保険に関するライティング
  • 火災保険に関するライティング
  • Insur Techに関するライティング

このような内容をライティングすることがあります。自動車保険や火災保険など身近な保険に関連する内容も多いです。各種保険会社の保険を比較して違いを紹介する記事や、細かい内容の違いの解説記事も執筆することがあります。また、近年では、災害が多くなっており、災害に関連する保険の関心が高まっています。そのため、災害に関連する保険の内容をライティングすることもあります。また、日本の保険業界の実情や、海外の保険事情について解説することもあります。

保険ライターになるための必要なスキルとは?

保険ライターになるために必要なスキルはいくつかあります。1つ目は、保険会社で働いた経験があることです。保険会社に働いたことがある人は、保険に関する専門的な知識があります。この知識は、保険ライターとして活動するうえで、役立ちます。また、どういった人にどういった内容の保険がおすすめなのかをご紹介する記事も作成することができます。2つ目は、ファイナンシャルプランナーの資格があることです。ファイナンシャルプランナーの資格を持っているということは、社会保険の知識やそのほか保険について、専門的な知識があるということです。資格を持っていることで、専門性の高い説得力のある記事を書くことができます。

保険ライターを目指すならライターステーションに登録

ライターステーションでは、保険ライターを募集しています。ライターステーションでは、保険関係の案件をたくさん扱っているため、案件に困ることなくライティング活動をすることができます。また、ライターの経験がない人も安心してください。ライターステーションでは、たとえライター未経験でもしっかりとしたサポートがあります。ライターステーションで、保険ライターをはじめてみませんか?

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ライターステーション事務局

Blogger : ライターステーション事務局

ライターステーション事務局公式アカウント