業界ライター

医療ライター募集中!医療の知識をわかりやすく伝えよう!

皆さんは「急に頭が痛くなった」「体がだるい」など体の異変を感じた際に、インターネットでその症状について調べたことがあるのではないでしょうか。

このように、自分の体に起こった症状についてなど、医療に関わる内容を調べる方はとても多いです。

調べる方が多いということは、それだけ医療についての文章を書くことができるライターも必要とされているということです。

そこで今回は、医療ライターのお仕事内容や、お仕事の進め方について解説していきたいと思います。

医療ライターのお仕事の内容は?

まず始めに、医療ライターとは、主に医療に関する記事を執筆する人のことをいいます。また、「医療に関する記事」と一口に言っても、さまざまなジャンルがあります。

病院やクリニックのホームページの記事作成や医療職種の転職関連、美容や健康ジャンルに医療知識を絡めるものなど、とにかく医療に関する記事全般を指します。

医療記事ライティングの際に気を付ける6つのポイント

医療ライターを名乗るのに資格などは必要ありません。しかし、医療記事を書く際に、気を付けなければならない点がいくつかあります。今回はそのなかでも、特に重要な6つのポイントを挙げたいと思います。

可能な限り簡単な表現で

医療に関わる専門用語や文章は難しい表現が多いため、それをそのまま文章に使うと、読者にとって理解できない記事になってしまいます。

医療記事を読む読者の方は、基本的に医療の知識が乏しい方が多いので、難しい用語や表現をかみ砕いて説明する必要があるのです。

また、分かりやすい文章を書くことで、読者が記事から離脱することを防ぎ、最後まで読んでもらえるようになります。

難しい表現を分かりやすい表現に変えて、読者に伝えることが医療ライターにとって特に重要な点なので、意識しましょう。

信頼性・正確性の高い情報源の見つけ方

医療記事は、読者の健康に直接関わるため、正しい情報を正確に伝える必要があります。間違った情報を伝えないためにも、医療ライターは正確で信頼できる情報を把握しておかなければなりません。

信頼性・正確性の高い情報源をインターネットで見つけるために、まずは各種大学や研究機関、学会などの専門機関から発信されている情報を確認しましょう。

これらの機関で発信されている情報は、基本的に事実のみを客観的に示していて、主観的な情報が入っていないため、信頼できる情報源です。

インターネット上には、個人ブログなどの信頼性に乏しいサイトがたくさんあります。信頼性・正確性があるのかが分からないサイトなどの情報は参考にせず、専門機関の発信している情報を参考にしましょう。

具体的な数値を出す

自分の書いた医療記事に説得力を持たせるのに重要な点が、具体的な数値を出すことです。

例えば、インフルエンザについての記事を書く際に、「空気が乾燥すると、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使いましょう」

というような、皆が知っている情報を書くよりも、

「空気が乾燥すると、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です」

というように、適切な湿度を数字を使って具体的に示すことで、記事に説得力を持たせ、読者の興味を引くことができます。

このような数値は、厚生労働省のサイトなどに詳しく掲載されているので、積極的に活用しましょう。

小見出しごとの結論は最初に書く

医療記事のライティングに限った話ではありませんが、記事を書く際、小見出しごとの結論は最初に書くようにしましょう。

ウェブで記事を読む読者は、基本的にスマートフォンなどで上からサッと流し読みをして、欲しい情報を探します。そして、欲しい情報がなさそうだと感じると、すぐにそのページから離れてしまいます。

そのため、小見出しのタイトルと冒頭の部分で、初めにどんな内容について述べているのかを読者に伝える必要があるのです。

小見出しごとの結論は最初に書くことで、読者が離脱せずに記事を最後まで読んでもらえるようになります。

また、最初に結論を書くことで、読者は結論を頭に入れた状態で記事を読み進めていくことになり、記事の理解が深まります。記事を最後まで読んでもらうためにも、小見出しごとの結論は最初に書きましょう。

ライターの個性を利用する

ライターにはそれぞれ個性があります。医療ライターで言えば、医師や薬剤師などの医療従事者として働いている方。元医療従事者や、医療関係の仕事に就いたことの無い方など、さまざまな経歴の方がいます。

医療従事者や元医療従事者は、自分の知識や経験を元に、普通の人では書けないような専門性の高い文章を書くことができます。

また、医療関係の仕事に就いたことが無い方は、医療知識のない読者と同じ目線で、分かりやすい文章を書くことができるでしょう。

このように、自分自身の個性を文章に表すことで、より魅力的な文章を書けるようになり、ライターとしての価値が高まります。

しっかりと見直しをする

医療ライティングは、他のライティングと比べて、特に情報の正しさが求められる分野です。

そのため、正しい情報を集め、記事を書き終えたら、記事全体をしっかりと見直す必要があるのです。

誤字脱字のチェックはもちろん、記事の内容が全て正確な情報をもとに書かれているかを改めて確認しましょう。

また、記事を読み返したなかで、分かりにくい表現や言葉があれば、その部分も分かりやすい言葉に修正します。

しっかりと見直しをすることで、正しい情報を分かりやすく伝える記事を、読者に届けることができるため、見直しは忘れずに行いましょう。

まとめ

医療ライターは、医療に関係のある資格などがなくても名乗ることができます。しかし、医療記事は読者の健康に関わるものなので、正しい情報を分かりやすく伝える必要があります。

責任の伴う仕事ですが、記事を通して読者の悩みを解決できる、やりがいのある仕事です。

医療の知識のある方や、知識はないけれど興味のある方は、医療ライティングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon

Blogger : nishio