Webライターの稼ぎ方

Webライターで稼ぐ!年収を上げる秘訣を伝授

Webライターの平均年収

Webライターの平均年収は、専業副業を含めて約300万円。未経験ライターがまじめに取り組んで最初の年で年収約120万円程度、上級者ライターで360万円程度、もしくはそれ以上、と言われています。これを安いと感じるか高いと感じるかは個人差があるでしょう。

ライターステーションでの副業ライターの平均年収は150万円、TOPクラスの専業ライターだと700万円以上です。副業ライターの人やたくさん仕事を受けていないというライターもいるので平均値が下がっています。

ライターの仕事はフリーランス、アルバイトや派遣社員、正社員などがあります。アルバイトなら時給の目安が1000円~。派遣ですと300万円。正社員は会社にもよりますし、勤務年数によって金額に差が出てきますが、初めは300万円以下が平均となっています。

Webライターで年収60万円アップ

Webライターの初心者であれば、まずは月収5万円あたりを目指すようにしましょう。月5万円は意外と簡単にクリアできる数字です。

文字数にするとたいてい5万文字~15万文字が必要となってきます。一番安い場合でも、1ページ2,000文字のものを1日に4枚書くとすれば、18日で終わることになります。
安い単価でも初月から5万円を狙うことができます。

納期のこともあるので一概には言えませんが、年収60万円(月5万円)は決して難しい数字ではありません。

Webライターの収入を安定させるには?

Webライターを続けていきたいと思うのであれば、収入の安定も気になります。収入を安定させるためにはどのような事をすれば良いのでしょうか。

継続して複数の案件を行うことや文字単価の高い仕事をするということに注目しがち。
実はそれよりも大切なのが継続して案件を受注することが安定した収入の肝になります。
そのためにはできるたけ、営業活動をなくすこと。仕事を探す時間を減らすことが大切になります。

ライターステーションのような、常にオファーのある関係性を築けることが、安定した収入を得るためのヒケツになります。

専業Webライターなら年収300万円以上は欲しい

専業Webライターは、収入の全てをWebライティングに頼るということ。
だとすれば、
そのためには専業Webライターはだいたい年収300万円以上は必要です。これはフリーランスのWebライターの平均的な収入金額です。

年収300万円つまり月収で25万円は必要になります。

文字単価が0.5円くらいの安い案件の場合、50万文字程度が必要になります。1ページ2000文字換算で1日12ページ程度のWebライティングが必要になりま。文字数で計算するとあまりの文字数に無理かも?と思ってしまうでしょうが、実際には専業ライターさんで専門分野がある場合、文字単価は0.8円~2円程度は安定的にありますので、もう少しページ数も減ります。
専業ライターは好きな時間に集中して出来るので、一気通貫でやるタイプと毎日少しずつやるタイプに分かれるようですが、専業Webライターになる人は、基本的に高い品質のものを短時間で量産できるのが特徴となります。

ライターステーションなら副業Webライターは年収180万円アップも

ライターステーションには副業Webライターが多くいます。

副業Webライターで重要なのはライティング時間の確保。

ライターステーションで副業Webライターで年間180万円程度の収入を得ている人の傾向として、40ページ程度の中規模サイトの案件を2~3件ほど制作しています。コツコツやる場合1日6ページで20日で終了し、土日にまとめてやる場合でも、1日20ページ。
文字数換算だと1日4万文字程度になります。

もちろん経験や専門性により文字単価が変わります。実績のあるWebライターの場合はもっとページ数が少なくなります。
また4万文字をひとつのテーマで書くのは苦しいですが、2000文字ずつ分けて書くので調査ができている場合は意外と楽に書けます。

主婦Webライターが年収100万円を目指すには?

家事などの隙間時間に自分のペースでWebライティングができるWebライターは専業主婦にとって魅力的な仕事のひとつと言えるでしょう。

主婦ライターが無理なく狙える年収が100万円。年収100万円ということは、だいたい月収が8万円弱必要と言うことになります。扶養内でできますね。

単価0.5円換算の場合、約16万字、約80ページになります。
これだと隙間時間で行うのは難しい。まずはコツコツと実績をためて、文字単価を1円に近づけることが大切になります。40~60ページの間で8万円を稼げる単価までもっていきましょう。
そのためにも継続的に仕事を発注してくれるクライアントを見つけることが重要になります。

Webライターで年収アップ!無理なく続けるライターステーションの活用法

専業、副業問わず、WEBライターをやる以上、報酬アップはしたいところ。

クラウドソーシングなどを利用してWEBライターをしている場合、自分でライティング案件を探し出し、契約をしなければなりません。
またクライアントによってライティングルールが違うものもあり、毎回合わせるのも意外と時間のロスになります。
できるだけ、継続的に同じフォーマットでクライアント側から仕事が依頼されるようになることが、報酬アップのポイントになります。

その意味でも直発注ライターステーションはおすすめ。
ライターステーションでは、担当の方がスケジュール管理をしてくれますし、納期を決めてくれることによって、ライティングがしやすくなります。また、報酬金額もわかりやすいので、収入の目標などもたてやすく、自分のライティングの能力を上げることで報酬をアップさせることが可能になります。

ライターステーションで年収をアップさせましょう

Webライターの年収は少ない、年収をあげるためには案件量を増やし働く時間を増やすことが大切と思ってはいませんでしたか。そのようなことをしなくても、年収をアップすることは可能なのです。

年収アップしたいがために、無理をして案件を増やし、文字を書くのでは無く、計画的にライティングできるようなWebライターを目指しましょう。少しずつライティングスキルを磨いていき、しっかりと求められた対応が出来るようになることが、年収アップのヒケツです。

たくさん稼ぎたい方も、副業としてのライターをしている方も、主婦ライターの方も、それぞれ年収アップを目指していきましょう。いきなり何倍にも増やすということは難しいかもしれませんが、やる気を持ってコツコツと実績を積み上げることを頑張っていけば、年収は必ずアップさせることができます。

高収入と同時に、Webライターのお仕事にやりがいも感じられると良いですね。あなたの望む金額を手に入れるなら、ライターステーションへ。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ライターステーション事務局

Blogger : ライターステーション事務局

ライターステーション事務局公式アカウント