Webライターの稼ぎ方

Webライターの稼ぎ方はいろいろ!稼げるライターになる秘訣をご紹介

一言に「Webライター」といってもその仕事内容や単価はさまざまです。パソコン1つあれば世界中に情報が発信できる「Webライター」というお仕事ををしているからには、稼げるライターになりたいと思う人もたくさんいます。

そこで、今回はWebライターの稼ぎ方の例や、「稼げるWebライター」になるための秘訣をご紹介します。

Webライターの報酬の仕組み 

初心者ライターやこれからWebライターになりたいと考えている人の多くは、「どうやって仕事をもらうの?」といった仕事に関する疑問や「Webライターってどうやって稼ぐの?」「報酬の仕組みは?」といった報酬に関する疑問を持っている人がたくさんいます。そこで、Webライターの報酬の仕組みや稼ぎ方についてご紹介します。

1.クラウドソーシング

クラウドワークスやランサーズといったいわゆる「クラウドソーシング」の場合は、ライターやクライアンとそれぞれがサイトに登録をし、サイト上でクライアントとライターが契約をしてお仕事を受注することができます。

受注したお仕事が完了することで報酬が発生しますが、その報酬は1円~と全体的に単価が低めです。

更にサイト側に手数料を支払うパターンが多いのでなかなかまとまった金額を稼ぐのは難しいです。

2.コンテンツメディアなどへの寄稿 

最近では多くのコンテンツメディアが存在しますので、そのメディアへ記事を寄稿するという方法があります。

しかし、この場合は、報酬が発生しないパターンがほとんどなので、趣味で情報を発信したい場合や、自分の名を売りたいという人にはおすすめです。

また、報酬がもらえるパターンでも、スキルがないとなかなか仕事をもらえないことが多いです。

3.直接契約のライターステーション

ライターステーションでは、未経験であってもやる気のあるライターさんと直接契約をし、ライターさんに合ったお仕事を依頼します。

仕事をしながらライティングスキルを磨くことができますし、サイトへ支払う手数料もかかりませんので、やったらやった分だけ稼ぐことができます。

稼げるWebライターと稼げないWebライターの違いは?

せっかくWebライターとしてお仕事をするのであれば、「稼げるWebライター」になりたいものです。

しかし、「稼げるライター」と「稼げないライター」がいるのが事実です。その決定的な違いは、「文字単価」です。クラウドソーシングなどの場合は特に文字単価が安く、書いても書いてもまとまった金額へは届かない場合が多いです。

稼げるWebライターになるにはどうしたらいい?

稼げるライターになるためには、何といっても「文字単価」の高いお仕事を受注することが大切です。

初心者ライターの場合は、なかなか文字単価の高い仕事を受注することが困難なので、ライターステーションのように未経験者でもOKのライター募集サイトへ登録する方法があります。

ライターステーションは「業界最高水準」の文字単価なので、頑張った分だけしっかりと報酬に反映される仕組みがあります。

ライターステーションでは稼げるWebライターについての情報を公開中!

業界最高水準の文字単価を誇るライターステーションでは、「稼げるWebライター」になるための情報を公開しています。

ライターステーションに登録していない人でも、自分のライティングスキルを見直すきっかけになりますので、是非チェックしてみてください。

ライターは稼げない職業なのか?!を徹底検証 

Webライターでは「食えない」という話を聞いたことがありますか?これからWebライターになりたいと思っている人にはちょっとブレーキをかけてしまう言葉ですが、鵜呑みにする前にしっかり確認してみましょう。こちらではWebライターは稼げないのか?説明しています。

記事の品質を左右するのは「情報収集力」

記事を執筆する際に情報収集が欠かせません。しかし、やみくもに情報を集めるのではなく、ポイントを抑えることが大切です。こちらでは記事の品質をアップをするための情報収集の秘訣をご紹介します。

必ず押さえておきたい「間違いやすい日本語」

Webライターは文章を書くプロです。しかし、ライティングスキルは人により異なります。こちらのページでは初心者ライターも中堅ライターも、意外と知らない「間違い日本語」を集めました。ぜひ一度チェックしてみてください。

目指せ時短!効率の良い情報取集の方法

「仕事の8割が情報収集」と言われているWebライターですが、しっかり稼いでいくためには1本当たりの作業時間を短縮していかなくてはなりません。こちらでは、作業時間短縮化をするための、効率の良い情報収集の方法をご紹介しています。

ライティングを学ぶには学校に通った方がいい?

何かを学ぶとき、学校に通うのが一番の近道ですが、ライティングはどうでしょうか?代表的なライティングに関する学校の紹介と、ライティングの学校での勉強の必要性についてご紹介しています。

間違えやすい日本語を一覧でご紹介

世の中にはたくさんのコンテンツに溢れていますが、中には間違った日本語で発信しているものもあります。間違った日本語で情報発信しても、読者が違和感を感じて最後まで読んでもらえない可能性がありますので、特に気を付けたい日本語をピックアップし、一覧でご紹介しています。

仕事がはかどる!おすすめグッズ6選

Webライターはパソコン1つあればできる仕事ですが、作業をより効率化するためにあると便利なグッズがあります。こちらではWebライターにおすすめしたい「便利グッズ」を厳選して6つご紹介しています。

初心者でも書ける!3つのライティング練習法を大公開

初心者Webライターの中には「ライティング技術を磨きたい!」と考えている人がたくさんいます。そんな初心者ライターのために、こちらのページでは3つのWebライティング練習法をご紹介しています。

主婦ライターとして稼ぐ!収入別の稼ぎ方

家事や育児で忙しい主婦でも、自宅で稼ぐ方法として「ライティングで稼ぐ」という方法があります。家事や育児のスキマ時間を利用して月3万円、5万円、10万円、20万円と収入別の稼ぎ方をご紹介しています。

誤字脱字のない記事を書くためのおすすめ校正ツール

せっかく記事を書き上げ納品しても、誤字脱字があるとライターとしての評価が下がってしまいます。納品前に入念にチェックをしても見落としがある場合があるので、そういう場合は校正ツールが便利です。こちらではおすすめの校正ツールをご紹介しています。

アフェリエイト初心者が月5万円を最短で稼ぐ方法

アフェリエイトで稼ぐのは難しそうと思いがちですが、アフェリエイト初心者でもコツを掴めば稼ぐことができます。こちらではアフェリエイトの仕組みやコツ、まずは月5万円を目標とした「稼ぎ方」をご紹介しています。

Webライターでの稼ぎ方と時間の使い方

Webライターとして稼いでいくためには、時間をどのように使えるようになっていくと良いでしょうか。こちらではフリーランスのWebライターとしての稼ぎ方や時間の使い方などについてご紹介しています。

ライティングスピードを上げて効率化!

Webライターは1つの仕事の報酬がある程度決まっています。その為、ダラダラと記事を書いていたのでは非効率です。少しでもライティングスピードを上げ、作業を効率化するためのスピードアップ術をご紹介しています。

Webライターの仕事はどこにある?

Webライターとして稼ぎたいと思っても、いい仕事がどこにあるのかわからない人も多いはず。こちらではどんなメディアでWebライターを募集しているかをご紹介し、それぞれの気を付けるポイントと仕事を探すコツをご紹介しています。

Webライターは経費を付けて節税しよう

Webライターとして収入を得ている人は、必要経費をしっかりつけることが大切です。仕事を使用したものは経費として計上できるので、しっかり確定申告をすることで節税に繋がります。こちらではWebライターの確定申告についてご紹介しています。

Webライターの「案件相場」を大公開!

Webライターの案件相場は、どの業界(ジャンル)の記事を執筆するかにもよって変わってきます。 こちらではたくさんある業界(ジャンル)の中でも特に案件相場が高い業界の紹介や、ライター募集サイトの文字単価比較などもご紹介しています。

Webライターの年収をアップさせるための秘訣

Webライターの年収はライティングスキルや専業ライターか副業ライターかによっても変わります。せっかくライターとして頑張っているのだから何とか年収アップにつなげたいものです。こちらではWebライターの年収をアップするための方法をご紹介しています。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ppCOT

Blogger : ppCOT

全くの素人からスタートし、現在までに「旅行」や「コスメ」「家電」「妊娠・出産・子育て」などのジャンルで執筆経験あり。ご縁があってライターステーションマガジンを担当させていただいています。第二子出産を機に、Webライターとして独立した専業ライターです。