その他

在宅ワークで月収20万円を稼ぐにはwebライターがおすすめ

自宅で自由な時間に仕事ができることもあり、人気を集めている在宅ワーク。しかし、在宅ワークは収入が不安定なこともあり、「本当に稼げるのか?」と挑戦をためらう人も多いのではないでしょうか。
ここでは、在宅ワークで月収20万円を目指せる職業と稼ぎ方について紹介します。

在宅ワークで「月収20万円」を稼ぐことは可能か?

在宅ワークでお小遣い稼ぎや副業などの「月収5万円」「月収10万円」を稼ぐことは、それほど難しいことではありません。しかし「月収20万円」ともなれば、在宅ワークを本業とするレベル。それなりのスキルが求められます。また、在宅ワークの種類によっても収入の期待値は異なります。

「月収20万円」を目指せる在宅ワーク

在宅ワークで月収20万円稼ぐことを期待できる職業にはどんなものがあるのでしょうか。

ネットショップ運営

ネットショップの運営は、収入が予想できないデメリットがあります。しかしその分軌道に乗れば月収20万円を稼ぐことは十分可能です。
Amazonや楽天市場などのモール出店をして商品を販売する方法をとる人が多く、ネット問屋で仕入れた商材やハンドメイド商品を取り扱います。
また、ネットショップ運営ではシステム利用料や手数料がかかるうえ、商品が売れなければ収入にはなりません。

ネットショップ運営が向いている人

  • サイト作成ができる
  • 顧客とのやりとりができる
  • 流行に敏感である
  • ハンドメイド製品をつくっている

アフィリエイト

アフィリエイトとは、「成功報酬型のインターネット広告」で収入を得ることをさします。アフィリエイターはWebサイトやブログなどのメディアを作成し、記事に広告を掲載。それを閲覧したサイト訪問者が、その広告経由で商品やサービスを購入することで報酬を得られます。

ただ広告を掲載するのではなく、ユーザーを惹きつけるサイトと購入意欲を刺激する構成や文章が必要です。また、アフィリエイトの収入は非常に不安定です。サイトやブログにユーザーを呼び込み、広告へ誘導するスキルがなければなかなか報酬を得られません。しかし軌道に乗った場合には、作成してあるサイトやブログから収入が伸びていくため、コストがかからない状態で稼ぐことが可能です。

アフィリエイトに向いている人

  • 文章を書くのが好き
  • 人を惹きつける文章が書ける
  • コツコツと地道な作業をするのが好き

翻訳

語学に興味がある・語学力に自信があるなどの人におすすめなのが翻訳の仕事です。翻訳の仕事はクラウドソーシングサイトなどで取り扱っており、単価も高め。1ワードあたり20~30円が相場です。未経験や実績のない状態ですぐに稼ぐことは難しいものの、コツコツと実績を積むことで月収20万円を稼ぐことは十分可能です。

翻訳に向いている人

  • 語学が好き、または得意、調べものをすることが苦ではない
  • 集中力がある
  • 一人で作業をするのが好き

Webライター

Webライターは、web上に掲載される記事をライティングするお仕事です。クラウドソーシングなどで案件を受注し、ライティングをして納品。案件ごとに報酬を受けとる「出来高制」です。

始めてまもなくは文字単価も低めであり、「月収20万円なんて無理!」と感じる人もいるかもしれません。しかし、経験と実績を積むことで収入アップは十分可能です。月収20万円どころか、それよりもっと稼いでいるwebライターも多くいます。

Webライターに向いている人

  • 文章を書くのが好き
  • 調べものをすることが苦ではない
  • 一人で作業をするのが好き
  • 計画的に作業をすることができ、納期を守れる

在宅ワークで月収20万円を稼ぐための働き方

在宅ワークで月収20万円というと、副業ではなく本業レベル。職業にもよりますが、“夜だけ仕事をして稼ぐ”ことは難しいのではないでしょうか。たとえばWebライターの場合、1日8時間程度の作業時間が現実的だといえます。

しかし、休みをとらない働き方はおすすめできません。在宅ワークは自分で自由に仕事の時間を決められるため、ついだらだらと仕事をしがちです。計画的に仕事を進めなかった場合、納期に追われて徹夜で作業ということもあるかもしれません。

しかしそれでは体も心も疲弊してしまいます。仕事の効率が悪くなり、“質”に影響が出るかもしれません。また、休みのない働き方で月収20万円を達成しても、継続して稼ぎ続けることは難しくなってしまうでしょう。

在宅ワークで月収20万円を継続して稼ぐためには、仕事を計画的に進め、休養もしっかりとることが大切です。

在宅ワークは「webライター」がおすすめ

在宅ワークにはさまざまな種類があり、月収20万円を狙えるものも多くあります。そのなかでもおすすめしたいのがwebライターの仕事。
はじめから月収20万円を得ることは簡単ではありませんが、経験と実績を積めばそれ以上に稼ぐことも可能です。また、webライターの仕事は出来高制ですので、こなした案件の数だけ収入を増やせます。

在宅ワークのなかには“当たればたくさん稼げる”職業もありますが、それは裏を返せば“当たらなければなかなか稼げない”ということです。 その点webライターの仕事は仕事をすれば“無収入”ということはなく、収入アップものぞめます。

Webライターで20万円を稼ぐ方法

Webライターの仕事で月収20万円を達成するためには、どんな働き方をすればよいのでしょうか?Webライターの案件では、文字単価がいくらかによって収入が大きく異なります。

文字単価は1円前後が多く、低いものだと0.5円の案件もあります。高いものでは5円以上と、報酬の幅が広いのが特徴です。初めから高単価の案件を狙いたくなりますが、まずはコツコツと文字単価1円程度の案件をこなして実績を積みましょう。

文字単価アップで月収20万円を目指そう

Webライターの仕事で月収20万円を達成するためには、1ヵ月に25日間働くとして1日8,000円稼ぐ必要があります。文字単価1円で1記事4,000文字だとすると、1日に2本の記事をライティング。これは慣れてくれば可能なラインですが、「なんとか月収20万円稼いだ」状態。

これがもし文字単価2円であれば、1日1本の記事をライティングすればよいのです。文字単価2円の案件では、記事の構成から自分で考える必要がある・SEOライティングが求められるなど一定のスキルが必要です。

必要なスキルと環境

Webライターが月収20万円を達成するためには、一定のスキルが必要です。ただライティングしているだけでは文字単価アップは狙えません。Webライターになるために資格は必要ありませんが、記事を「読まれる」ための知識と実践は報酬アップために必要不可欠と考えましょう。

また、ライティングに専門分野をもつのもおすすめ。専門性が高い分野の案件は文字単価も高く、報酬も高めだからです。さまざまなジャンルのライティングができる「広く浅く」もいいですが、詳しい分野を「狭く深く」ライティングできるライターは重宝されます。

Webライターになるならライターステーション

ライターステーションでは、在宅ワークを始める人にも安心な理由があります。 まず、未経験でも編集部が丁寧に指導・対応してくれること。ライティングのスキルがなくても、勉強しながらたくさん案件をこなすことで成長し、ベテランライターを目指せます。

また、仕事は直発注。編集部が「依頼」から「報酬の支払い」までをおこなってくれるため、クライアントとのトラブルなどの心配がありません。 さらに注目したいのが、ライターステーションは案件が非常に豊富だということです。さまざまなジャンルの案件を取り扱っており、継続した依頼が期待できます。

在宅ワーカーが安定した収入を得るためには、継続した依頼があるかどうかが重要です。ライターステーションには在宅ワーカーが安心して月収20万円を目指せる体制がととのっています。実際に、ライターステーションに登録しているライターが月収80万円を達成したことも。

在宅ワークで月収20万円は可能!まずは挑戦を

在宅ワークで月収20万円を達成することは、簡単ではありませんが十分実現可能です。それには「どんな在宅ワークをするか」「どこで仕事をもらうか」を慎重に見極めることが重要です。

興味がある方はまずは挑戦です!在宅ワークで稼ぎ、月収20万円といわずにさらに収入アップを目指してしまいましょう。

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
toma。

Blogger : toma。

30代主婦ライター。小学生男児の母。 わかりやすく、伝わる文章を研究中。 長年勤務した職場で務めたトレーニングマネージャーとしての経験を活かし、読者の心理に沿った「心をつかむ」ライティングを心がけています。 これまでに経験したジャンルは、「ビジネス・学習」「住宅・不動産」「健康・医療」「育児・教育」など。