地域Webライターとは

東京のWebライター募集!注目の集まる街「東京」を解説するライター

日本全国だけでなく、海外からもたくさんの人が集まる東京都は、話題性が最も高い地域だといえるでしょう。
人やモノの密度が濃く、住みたい街ランキングにも常に上位ランクインしています。「東京のWebライター」の仕事は、日々進化し人々に知り尽くされることのない東京の魅力を伝えることです。

東京のWebライターの仕事内容

事実上日本の首都である東京都には、さまざまなイベントが催され、人気のレジャー施設や有名な飲食店、テレビ局など数え切れないほど、多くの人の「行ってみたい!」場所があります。
既に認知度も高く、もう記事のネタは残っていないのではないかと思えるほどにインターネットや雑誌、テレビなどに情報が散らばっています。
ここでは東京のWebライターとしてどんな記事に需要があるのか、ほんの一部ではありますがいくつか紹介します。

東京のWebライターはどんな記事をかくの?

  • 東京で行列のできる店の比較的空いている時間や、攻略法を紹介
  • 東京駅にあるおすすめの店の紹介
  • 東京のグルメスポットの紹介
  • 東京の隠れ家的な穴場の名店を紹介
  • 東京に初めて遊びに来た人へのおすすめ観光スポットの紹介
  • おすすめの東京土産の紹介
  • 1日でまわる!日本に初めて観光に来る外国人の友人におすすめの観光案内ルートの紹介
  • 東京に住む人に、東京で自然を感じることができるおすすめのスポットの紹介
  • 東京で住まいを探したい人に、23区の治安や利便性などの実際を紹介
  • 住みたい街ランキング上位常連の「恵比寿」や「吉祥寺」などの特徴と実際を紹介
  • 東京で住まいを探す人に、子育て世帯におすすめの区を紹介
この他にもまだまだありそうです。

東京に関する記事はバリエーションが豊富

東京のさまざまな場所やサービスに関心をもつ人が多いということは、ペルソナ(記事に引き込みたい最も重要な人物のモデル)よって記事のバリエーションも豊富ということです。
例えば、東京のおすすめのお出かけスポットに関する記事を書くにしても、「恋人のいる20代男性の初デート」向けの記事にするのか「未就学児がいるアウトドア好きな家族」向けなのかによってもライティングすべき情報は変わってきます。
デートスポットの特集か?子連れで楽しめるアウトドア施設の紹介か?など、一つの記事に収める内容が全然違います。

同じ場所やモノを紹介するにも、どんな人に向けた記事なのかで記事にたくさんのバリエーションがあり、そのすべてに需要があることは、Webライターにとっても案件が非常に豊富ということです。

東京のWebライターに向いている人

  • 東京に住んでいる人
  • 東京が好きな人
  • 東京に詳しい人
  • 東京の魅力を伝えたい人
  • 東京についてもっと知りたい人
  • Webライターとしてたくさん経験を積みたい人
  • webライターとして多くの人に読まれる記事を書きたい人
  • 副業としてWebライターで稼ぎたい人
など、東京に関するWebライティングは挑戦しやすいのでおすすめです。

Webライターの報酬はいくらぐらい?パートとどちらがお得?

東京都のアルバイト・パートの最低賃金は時間額985円(2018年10月1日より)、平均時給は約1,100円です。東京都にはアルバイトやパート先が豊富にありますが、もし主婦が東京都でパートをしようと思ったら月にいくら稼げるのでしょうか。

【東京都でのパート例】

  • 時給は1,100円
  • 週に4日(月に18日間勤務)
  • 10時~14時で勤務(労働時間は4時間)

この条件では1日に約4,400円の収入で、月収は79,200円です。
では、Webライターとして働いた場合の月の収入はいくらぐらいでしょうか。

【Webライターの例】

文字単価1円で1記事の文字数は2000文字程度の案件を例に計算してみましょう。1記事2000文字のライティングであれば、慣れてしまえば1時間程度でこなせます。
1日の収入は、4時間の労働時間で計算すると単純計算では8000文字(4記事)で8,000円です。
ライティングにはリサーチや構成を練る時間も必要ですから、仮に3記事分のライティングだとしても6,000円です。同じ労働日数でも月に108,000円稼げることになります。
文字単価を少し下げて0.8円で計算しても、月収は86,400円と、パートに出るよりも稼げることがわかります。 その他にも、Webライターには多くのメリットがあります。

Webライターの仕事のメリット

自宅でもどこででも仕事ができる

Webライターの仕事は自宅でできることはもちろん、パソコンと電源、ネット環境さえあればカフェなどどこでも仕事ができます。
自宅で仕事ができるということは、パートに出かけるのと比べて「通勤時間」がないという点が大きなメリットです。また、パートに出かけるための面倒な身支度もwebライターではカットすることもできますので、拘束時間に大きな違いがでます。

自由な時間に仕事ができるのもWebライターの大きなメリット

Webライターは、仕事をする時間を自由に決められます。
締め切りに間に合いさえすれば、午前中でも午後でも、夜に子どもが寝た後でも好きな時間に仕事ができます。子どもが熱を出しても職場に休みの連絡をする必要もなく、空いた時間に仕事を進めるライターもいます。記事を書くためのリサーチや構成案などは、家事のすきま時間やお風呂に入りながらスマホを使って進めることだってできます。

このようなWebライターのメリットを活かすことで、さらに稼ぐことは充分に可能です。ライティングに慣れれば1日に4記事、それ以上の記事数をライティングすることも可能なので、パートよりもお得に稼ぐことができるのがWebライターなのです。

安定した収入を目指すには、継続した依頼があるかどうか

Webライターとして安定して稼ぐには、継続して依頼を受けることが重要です。いくらライティングのスピードが速くても、依頼がなければ稼げません。

ライターステーションでは、さまざまなジャンルの案件を豊富に取り扱っており、継続した依頼を得ることで安定した収入を目指せます。たくさんのライティングの経験と実績を積むことで、Webライターとしてのスキルアップや単価アップにもつながります。
また、未経験者にも親切かつ丁寧に指導・対応してくれるので、安心して仕事に挑戦できることもおすすめのポイントです。
ライターステーションに登録し、東京のWebライターとして活躍しながらたくさんの挑戦とやりがいを重ねて、稼げるライターを目指してみませんか?

シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
toma。

Blogger : toma。

30代主婦ライター。一児の母。 平日昼間は長年勤めている飲食店で教育担当マネージャーとして勤務。 誰にでもわかりやすい、心をつかむ面白い文章を日々研究中。 得意分野は「美容」「ダイエット」。「心理学」に興味があり、勉強中。