ライティング代行

記事作成を依頼するならどこの会社がいい?相場や特徴を徹底解説

「自社で記事作成を行っているけど、なかなか思うような結果が出ない」場合や、「日常業務が忙しすぎて記事作成やそれに関連する作業にまで手が回らない」という声を多く聞きます。

実際に自社で記事作成を行っている会社もありますが、社員の大切な時間を使いながらもなかなか結果が出にくいのが現状です。

そこで記事作成を外注しようと考えている人のために、記事作成を依頼できる会社の特徴や価格相場についてご紹介します。

最近重要視されている「コンテンツマーケティング」とは

自社商品・自社サービスのターゲットとなる読者へ向けて「価値のあるコンテンツ(記事)」を提供し、任意のページへ誘導したり、商品の購入などを促すといった一連のマーケティング手法を「コンテンツマーケティング」と呼びます。

ページの誘導やサービスの申し込み、商品の購入を通じて、最終的には企業のファンとして定着してもらうことも目的となっているため、メディアを持つ多くの会社で導入しているマーケティング手法です。

「これから自社メディアを作りたい」「既存の自社サイトの数字をもっと伸ばしたい」と考えているコンテンツ担当者は、「コンテンツマーケティング」を意識したライティングが必須となります。

コンテンツマーケティングにおける「ライティング」の重要性

最近は多くの人がスマートフォンを持ち、日々気になったことを検索して情報を得ています。

その為、企業が提供しているサービスやモノを読者へアピールする機会も多くあります。 しかし、世の中にはたくさんのサイトが存在するため、より戦略的な方法でアピールをしていく必要があります。

そこで、需要の高いキーワードで検索上位に表示されるようなSEOを意識した記事の作成が必要となります。

記事作成はただ文章を書くだけではなく、読者のニーズに合った情報を効果的にみせながらも、多くの人の目に触れるよう作りこんでいく必要があります。

自社で記事作成(ライティング)をする場合のメリットとデメリット

コスト面を考えて自社で記事作成をしているという会社もたくさんありますが、自社で記事作成をする場合のメリットとデメリットがあります。

コスト面を考えすぎてデメリットが見えなくなってしまっていては困ります。

まずは自社で記事作成をする上でのメリットとデメリットをしっかりと押さえておきましょう。

メリット

  • 社員が対応するので別枠で予算を組む必要がない
  • 社員が対応するため打ち合わせなどのスケジュール調整や時間も最小限で済む
  • 社員が対応するため自社製品やサービスに関する知識が豊富

デメリット

  • 日常業務が忙しい等で記事作成に時間が割けないタイミングがある
  • ライティングの知識を勉強する時間がなく、社内で教えてくれる人もいない
  • 記事作成に時間を割くことで残業が発生することもあるので、見えないコストがかかっている
  • 高品質や訴求力の記事を作成するのが難しい

記事作成代行を利用したほうがいい人の特徴

記事作成をどこかの会社に依頼したいけど、果たしてメリットが多いのかな…?と迷ってしまう人も多いと思いますが、実際に記事作成の代行はどんな人に会っているのでしょうか。

以下に「記事作成代行を利用したほうがいい人の特徴」とあげてみましたので、ぜひチェックしてみてください。

  • 日常業務に追われ、ライティングに関わる作業の時間を捻出できない人
  • 上からサイトの成果をあげるよう言われているもやり方が分からない人
  • ただ何となくライティングをしているだけで、成果が感じられていない人

自社で記事作成をしている人の中には、「一生懸命やっていても成果が感じられない」という悩みを持つ人や、「どうやって成果を上げればいいか分からない」という声がたくさん聞かれます。

実際に忙しい時間をやりくりして記事作成の時間を捻出しているにも拘わらず、成果が出ないのはもったないです。

忙しくて記事作成の時間が取れない人も、記事作成を続けていてもなかなか成果が感じられないと悩んでいる人は、ぜひ一度、記事作成の利用を検討してみてください。

記事作成を依頼できる会社は大きく分けて3つ!

「記事作成を依頼したい」と思っても、どこの会社に依頼すればいいのか、どのライターに依頼すればいいのかが分からないという悩みをよく耳にします。

はじめて記事作成を依頼する場合は、どんな会社があってどんな特徴があるかを知っておくおことが大切です。

まずは記事作成が依頼できる会社を3つに分け、それぞれの特徴についてご紹介します。

1.編集・運用おまかせ型

ライターステーションのように記事作成だけでなく記事作成に関わる一連の編集などの作業や運営もすべておまかせできる会社があります。

他の記事作成会社とは異なり、かなりの手間を要するマニュアルの作成やライターからの質問対応、契約や報酬の支払いに関わる一連の対応も不要なので、より訴求効果を狙いたい場合や、時間を有効活用したいという人におすすめです。

2.クラウドソーシング型

クラウドワークスやランサーズを代表するクラウドソーシング型の場合は、クラウドソーシンサイトに登録後、案件を掲載して応募者を募る場合と、直接めぼしいライターに案件を依頼するといったパターンがあります。

クラウドソーシングに登録している多数のライターは、初心者からプロまで多数在籍しているので、予算に合ったライターを探すこともできます。

また、ライターに見積もりを依頼したり、ライターと直接、価格交渉をすることも可能です。

3.SOHO型

SOHOとは、フリーランスと似た意味合いで使われている言葉ですが、実際はSmall Office Home Officeの略であり、ライター側の「就業形態を指す言葉」です。

クラウドソーシングと同じように、SOHOライターが多く登録する「@soho」などのサイトを通じて、記事作成を発注したい人と記事作成を代行したいライターが直接つながることが出来ます。

SOHO型の場合は、仲介手数料などの手数料がかからないサイトもあるため、コスト面でも負担が少なくすみます。また、クラウドソーシングに登録しているライターよりも、スキルの高いライターを探して直接仕事を依頼することも可能です。

ライティング代行
ライティング代行

記事作成を依頼できる会社のそれぞれの相場は?

記事作成を外注したいと考えた時、一番最初に考えるのは費用についてではないでしょうか。

ひとことに「記事作成を外注する」と言っても、どこの会社に依頼するかや、どんな内容で依頼するか、どこまでの作業を依頼するかによって相場が大きく変わります。まずはそれぞれの会社の記事作成の相場をチェックしてみましょう。

1.編集・運用おまかせ型のライターステーション

ライターステーションの場合は、記事作成を代行するだけでなく、キーワードの選定から競合サイトのチェック、戦略の立案から、編集や運用まですべておまかせすることができるため、どの程度依頼するかによって相場が大きく異なります。

専門家の監修記事も依頼出来たりと幅が広いので、予算に応じて相談することも可能です。

2.クラウドソーシング型

クラウドソーシング型の場合は、クラウドワークスやランサーズといったサイトに登録し、案件を登録し、それを見たライターが案件に応募することで依頼することが出来ます。

その為、自社で予算を決めて案件を掲載することが出来ますので、低コストで依頼することが可能です。

具体的には記事作成の難易度が低ければ1文字あたり0.1円~、専門性がったりライターのスキルが上がるほど文字単価ががり、1文字辺り数円になる場合もあります。

3.SOHO型

SOHO型の場合は、クラウドソーシング型と同様にサイトを通じてライターへ直接お仕事を依頼する流れとなります。

ライターと直接価格の交渉を行うことができますが、企業を挟まない分コストを抑える事が可能です。

しかし、クラウドソーシング型と比べてよりスキルの高いライターが多いため、依頼内容や依頼するライターによっては価格相場が大きく変化します。

記事作成が依頼できる代表的な会社とそれぞれのメリットデメリット

記事作成を依頼できる会社はさまざまありますが、たくさんある会社の中でも特に有名な5社をピックアップしました。この5社それぞれの「依頼するメリット」と「依頼するデメリット」をご紹介します。

1.ライターステーション

依頼するメリット

  • 「5000を超えるメディア作成・運用実績」を誇るので安心して任せられる
  • 担当編集者がコンテンツ作成だけでなく、サイト全体をみて戦略を立ててもらうことができる
  • ライティングだけでなく「編集」や「運用」など丸ごと依頼できる
  • ライターステーション独自の基準で選ばれた「スキルのあるライター」によるライティング
  • SEO対策や訴求力の高いライティング、景品表示法などのコンプライアンスが守れる

依頼するデメリット

・編集担当がつくことや任せる範囲が大きくなるほど他に比べてコストが高くなりがち

・編集まで依頼する場合は自社で編集が出来ないが、打ち合わせなどで希望を伝えることは可能

・各方面のプロがしっかりとサイトやコンテンツを作り上げるので他と比べて納期が長くなる傾向がある

ライティング代行・記事作成代行は編集~運用もできるライターステーションに

2.クラウドワークス

依頼するメリット

  • 登録者数が多いのでたくさんのライターから依頼に合ったライターが選べる
  • 低コストでも引き受けてくれるライターがいるので低コストで依頼できる
  • たくさんのライターに案件を見てもらったり、プロフィールなどを見て直接依頼することもできる

依頼するデメリット

  • ライターの素性が分からないので途中で連絡が取れなくなってしまう恐れがある
  • 初心者からプロまで在籍しているので、ライターによって品質に大きな差がでる
  • ライターの選考やマニュアルの作成、質問対応や契約、報酬支払といったライター対応が発生する

3.Shinobiライティング

依頼するメリット

  • 登録ライター数が多いので依頼にそったライティングが可能
  • 急ぎの場合でも対応できる「スピード対応」が可能
  • 費用が「1文字1円」と明記されているので予算が立てやすい
  • SEOを意識したライティングを依頼できる

依頼するデメリット

  • クラウドソーシングに依頼するので品質にバラつきがある
  • マニュアルや指示書の作成など、ライターに直接する指示をする手間がある
  • 納品された記事の品質チェックやサイトへのアップ作業などは自社で行う必要がある

4.ザグーワークス

依頼するメリット

  • SEO効果の高い、高品質な記事を依頼できる
  • 会社同士での契約となるのでライター対応が不要で、納期や品質が担保されている
  • ウェブディレクターがライターへ指示を行うため、マニュアル作成などは不要

依頼するデメリット

  • 記事作成に特化しているため、ライティング以外の依頼をすることができない
  • 選択する料金プランによっては対応できないものがある
  • 専門家監修などの場合はコストが高くなる場合がある

5.@soho

依頼するメリット

  • SOHOライターと直接つながることができ、仲介手数料が無料
  • 案件の掲載をしてから最短15分でSOHOライターへメールで配信される
  • リピート率が高く他のサイトで応募がなかった案件でも、応募者が来る可能性がある

依頼するデメリット

  • ライターと直接つながるため、マニュアルの作成や指示書の作成といったライター対応が必要
  • ライターのスキルレベルが異なるので、ライターによって品質にバラつきがある
  • 案件の要項によっては応募が来ない場合がある

結局どんなところに記事作成の代行をお願いすればいい?

記事作成が依頼できる会社は、会社の特色がそれぞれ異なるため、会社ごとにメリットとデメリットがあります。

そのため「結局はどこに依頼すればいいのかわからない」と思う人もいるかもしれません。

そんな時には、以下のようなポイントに絞って検討してみると良いでしょう。

  • 信頼できる実績があるか
  • 編集や運用といった「ライティング以外の部分も依頼できるか」

コンテンツマーケティングで成果を出すには、やはり「知識や経験」がとても重要です。

ただ情報を羅列した記事作成をするのではなく、サイト制作や運用に関する安心の実績があり、かつ編集や運用もおまかせできるというところでは、成果を出すことに自信があるという証拠でもあります。

初期費用やランニングコストといったマイナス面だけでなく、社員の時間を有効に活用できることや今後の利益にも目を向けながら記事作成代行の業者を選定すると良いでしょう。

より「手間がかからず効果が見える記事作成の代行」をお願いできるのはどこ?

企業の記事作成を担っている方に「コンテンツマーケティング」に関する知識がある人なら良いですが、日常業務をこなしながらコンテンツマーケティングをイチから学ぶというのには限界があります。

かといって少しかじったぐらいの知識量では結果を出せるまでにかなりの時間がかかってしまいます。

社員の大切な時間を無駄にしないためにも、「最小限の力で最大限の効果を出す」というところや「より確実に成果をあげるためにはどうしたらよいかを考える」というポイントに重きを置くと良いでしょう。

多くの記事作成代行の会社では、ほとんどが記事作成のみの代行となりますので、戦略立案からサイト制作、編集や運用まで丸ごとまかせられるライターステーションがおすすめです。

記事作成代行を利用することで得られる最大のメリットとは?!

日々模索しながらなんとか成果をあげようと一生懸命記事作成をしていてもなかなか成果があがらない、そんな経験をしている人はたくさんいます。

そんな人が記事作成代行を利用することで得たいものは何でしょうか?それは「これで成果を出せるぞ」という安心感や実際に成果が上がった時の満足感ではないでしょうか。

ただ、記事を作成するだけであれば、初心者ライターでももちろん可能ですが、成果をあげるためには知識や経験が必要不可欠です。 クラウドソーシングなどを利用してコストを抑えようとした結果、今までよりさらに手間が増えてしまった…ということにならないよう、まずは丸ごとおまかせできるライターステーションへご相談ください。

そして今までできなかった仕事に時間をつかったり、業務の効率化を勧めるなど、時間を有意義に使えるようになります。

記事作成なら編集や運営もお任せのライターステーションへ

ライターステーションは5000を超えるメディアの制作・運用実績を誇る「コンテンツ作成のプロ」です。

クラウドソーシングなどと異なり、編集担当がいますので、サイト全体の戦略立案や品質向上などをご提案することができます。

また、編集担当がライターへの指示も行いますので、手間がかかりません。 そして、サイト上で商品の購入やサービスの契約を促すだけでなく、任意のサイトへ誘導するなど、希望に合った最適なコンテンツをご提供できます。

サイトのアクセス数やコンバージョンといった数字が伸び悩んでいる場合は、ぜひ一度ライターステーションにご相談ください。

ライティング代行
ライティング代行
タグ:
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ppCOT

Blogger : ppCOT

全くの素人からスタートし、現在までに「旅行」や「コスメ」「家電」「妊娠・出産・子育て」などのジャンルで執筆経験あり。ご縁があってライターステーションマガジンを担当させていただいています。第二子出産を機に、Webライターとして独立した専業ライターです。