ライティング代行

記事外注はマニュアル活用で成功率アップ!作成のコツを紹介

記事外注で質の高い原稿を得るためには、マニュアルの活用がポイントです。記事をどんなライターに書いてもらうかも大切ですが、「どんな記事を書いて欲しいのか?」がライターに伝わっていることも重要なのです。

ここでは、記事外注のやり方やマニュアル作成時の注意点にくわえ、記事外注をまるごとお任せできるサービスも紹介します。

記事外注を始めるときに気をつけること

たくさんのコンテンツを発信したい人にとって、記事外注はとても便利です。発注者は自分の時間を確保できますので、その時間でほかの仕事をすることができます。

また、質の高いライターに発注することで、SEO対策や集客効果の高い記事を書いてもらえるメリットも。自力でコンテンツを成長させることが難しい場合でも、記事外注によって効率よくコンテンツを伸ばすことができるのです。

記事外注を始めるときは、外注の予算を捻出でき、自分自身が記事作成の知識やスキルをある程度持っている状態が好ましいでしょう。

発注側に知識やスキルがないと、ライターへの指示がうまく出せないうえ、納品された原稿の質を理解することもできません。いきなり記事外注をするのではなく、準備を整えてから始めるようにしましょう。

記事外注のマニュアル作成のポイント

失敗しない記事外注には、マニュアル作成が必須です。どんなにスキルのあるライターでも、発注側の意図がわからなければ“発注者が求める記事”は書けません。マニュアルがあることで、ライターに求める記事が伝わりやすくなるのです。

ここでは、記事外注の失敗例とともに「マニュアルではどんな指示が必要か」を解説します。

失敗例「ライターと連絡が取れなくなった」

記事外注をするうえで、これほど無駄な時間はありません。せっかく「このライターに記事を書いてもらおう!」と決めてコンタクトをとったのに、逃げられてしまうことは実際にあるのです。ライターはたくさんいますが、質の高いライターがいる反面、質の低いライターがいるのも事実です。

テスト記事の導入

そこで、ライターの質をある程度見極める方法が「テスト記事の導入」です。テスト記事の導入によって、あらかじめライターのスキルが把握できます。

また、”連絡のまめさ”や”やりとりのスムーズさ”も確認できるため、本番で失敗する確率がぐっと減ります。テスト記事では文字数などの簡単な指示を出し、指示に沿ったライティングが出来るかどうかも見極めましょう。

失敗例「納品された原稿が雑な内容だった」

仕事意識の低いライターの可能性もありますが、“報酬の低さ”が原因のこともあります。

適正な報酬を設定する

「予算がほとんどとれないから、報酬を低くすればいいや」という考えは失敗のもとです。高額な報酬にする必要はありませんが、ライターを買い叩くような報酬では質の高い記事はのぞめないでしょう。

割に合わない報酬では、ライターも“それなり”の仕事しかできません。なぜなら、ライティングができる時間は限られているからです。報酬が少ない場合はその原稿を早く完成させ、他の案件で稼がなければならないのです。

記事外注は“ライターの時間とライティングスキルを買う”ことで、自分の負担を減らしたりコンテンツを成長させるもの。求める記事の質に見合う報酬を設定するようにしましょう。

失敗例「納品された記事の方向性が発注者の思惑とちょっとズレている」

この失敗はよくあるケースではないでしょうか?発注者が思い描いていた記事内容とはズレた原稿が納品されてしまうのは、「ライターに意図が伝わっていないから」です。

記事外注で大切なのは“発注者”と“ライター”が記事作成の目的や方向性を共有すること。では、どのような内容をライターと共有すればよいのでしょうか?

記事作成をする目的を伝える

その記事でどんな目標を達成したいのか、なぜその記事が必要なのかをしっかりと説明しましょう。「質の高いライターなら、そんなこと言わなくてもそこそこの記事を納品してくれるのでは?」と思うのは間違いです。

質の高いライターだからこそ、記事の目的や方向性を理解することで訴求力のある記事を書けるのです。そのため、「誰に向けた記事なのか」などのペルソナ設定もしっかりおこないましょう。

「誰に」「なにを」伝える記事にしたいのかを明確にする

記事のキーワードや着地点など、「この記事を読んだ人にどんな行動をとってほしいのか」が伝わるようにしましょう。必要に応じて構成を指示するのも良いでしょう。

「見出しや小見出しまで指示するくらいなら自分で書いた方が早いのでは?」と思いますか?ですが、記事外注を今後も続けていくつもりであれば、この方法は有効です。初見のライターにも意図が伝わりやすくなるため、その次の発注からぐっと楽になるのです。

口調やテイストの指示をする

「ですます」や「である」など、口調や記事のテイストを指示しておくことも大切です。記事外注では複数のコンテンツを必要としている発注者がほとんどです。

複数の記事をひとりのライターが書き続けるのなら良いのですが、他のライターに発注した際に口調が異なると、統一性がなくなってしまいます。

文字数の指示をする

文字数の指示は必ずしていると思われますが、指示の仕方にも注意が必要です。たとえば「この記事には2,000文字はほしいな」と考えているとき、

  1. 1記事2,000文字以上
  2. 1記事2,000~3,000文字
  3. 1記事2,000文字程度

などの文字数の指示の仕方があります。発注者の思惑通りの文字数で納品してもらいたい場合は、2番がおすすめです。

1番の「1記事2,000文字以上」では、2,000文字には到達しているものの、ライターによっては6,000文字で納品してくるかもしれません。

また、3番の「1記事2,000文字程度」では、“程度”の解釈によっては2,000文字よりかなり少ない文字数で納品される可能性があります。その点2番の「1記事2,000~3,000文字」の表現はライターにとってわかりやすく、発注者の思惑通りの文字数で納品してもらえます。

参考URLを添付する

参考URLを添付することで、記事の方向性が伝わりやすくなります。
また、原稿をライティングするとき、ライターはweb検索で情報収集をします。参考URLがあればライターはそこから情報収集できますので、ライターの作業時間を短縮することもできます。

記事外注ではマニュアル作成が必須!でも、手間がかかる

質の高い原稿を得るためには、マニュアル作成は必須です。テンプレートでいくらか手間は減らせますが、意図が伝わりきるかどうかはマニュアルの内容次第。

“手間をかけずに良質なコンテンツを増やしたい”発注者にとっては、ライター探しやマニュアル作成でさえ手間だと感じてしまうでしょう。

でもこれは、自分でライター探しから納品までおこなった場合の話です。ライター探しやマニュアルの作成、原稿チェックやライターとのコミュニケーションのすべてを代わりにおこなうライターステーションなら、手間もストレスもない記事外注が可能です。

ライターステーションの記事外注サービスとは

記事外注をするのに「ライターステーションという選択肢を知らなかった」という方もいるのではないでしょうか。実は、ライターステーションは5000を超えるメディアの制作・運用実績を誇る「コンテンツ制作のプロ」。

ここでは、ライターステーションの記事外注がおすすめの理由を紹介します。

「編集担当者」がいるライターステーション

多くのクラウドソーシングでは、ライターが記事を作成したらそのまま納品します。原稿の質はライター次第ですから、納品された原稿にガッカリすることも…。

ライターステーションでは「編集担当者」がライターとやりとりをし、質の高い記事を作成します。適切なライター選びから記事の方向性の共有、細かな指示まで、すべてを編集部に「丸投げ」できます。

“外部に記事を作成してもらって、自分の仕事に集中する”という記事外注のメリットを大いに感じることができるのが、ライターステーションの記事外注サービスです。

編集担当者がいることのメリット

ライターステーションの編集担当者は、記事外注の面倒なやりとりを代わりにおこなうだけではありません。案件に応じて適切なスキルをもったライターを選定し、しっかりと情報共有をしてから原稿作成にあたります。

もちろん最終的な原稿の質は編集部が確保するため、質の高い記事を納品することが可能です。

また、ライターステーションの編集部では、初心者ライターをベテランライターに育成するほどの指導力をもち、ライターの質の向上にも努めています。

意図した通りの記事作成や記事の質を確保するためには、編集担当者のいるライターステーションが安心です。

ライターステーションの記事外注サービス内容を紹介

コンテンツの提供が可能

「コンテンツをどんどん発信したいけど、どんな内容にすべきかわからない」という場合でも、ご安心ください。ライターステーションでは、コンテンツの提供が可能。ユーザーが求める有益なコンテンツの発信は、ライターステーションの得意分野です。

原稿納品では、html納品も可能

作成した記事の原稿は、html納品も可能です。html納品なら、サイトの記事の更新でも簡単にアップできます!

さまざまなジャンルに対応可能

ライターステーションには、さまざまな専門知識をもったライターが在籍しています。各分野の業界ライターやSEOに強いライター、ガイドラインなどの規定に沿ったライティングができるライターなど、案件によって必要な知識をもったライターが記事作成にあたります。

ライターステーションなら運用代行サービスも充実

ライターステーションでは、サイトの運用をまるごとお任せできる「運用代行」サービスもおこなっています。

「編集者」「SEOアナリスト」「webマーケッター」が三者一体となり、市場の選定からターゲットを知り尽くしたペルソナの設定、サイト戦略立案・アクセス分析・改善までのすべてをライターステーションが代行します。

競合他社との差別化を図り、ユーザーがたくさん訪れる集客効果の高いサイトを運用代行いたします。まずはお問合せをお待ちしています。

ライティング代行
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
toma。

Blogger : toma。

30代主婦ライター。小学生男児の母。 わかりやすく、伝わる文章を研究中。 長年勤務した職場で務めたトレーニングマネージャーとしての経験を活かし、読者の心理に沿った「心をつかむ」ライティングを心がけています。 これまでに経験したジャンルは、「ビジネス・学習」「住宅・不動産」「健康・医療」「育児・教育」など。