ライティング代行

ライティング代行・記事作成代行は編集~運用もできるライターステーションに

自社でライティングまで賄う事に限界を感じていませんか?日常業務もこなしながらコンテンツの更新をするとなると、時間がないという方がほとんどです。そんな時、クラウドソーシングを利用するのも一つの方法。クラウドソーシングは気軽にライターを募集することが出来る反面、納品されたテキストの品質チェックや、コピーコンテンツのチェックが煩雑で、ノウハウがないと、品質が担保できない結果を生んでしまいます。また本来業務を圧迫してしまうため、更新がとどこおりがちになってしまうデメリットもあります。

専門家の監修が必要となった場合、外部パートナーの力を借りるしかなく、結果として高コストになり、予算内で制作できないことも。

webサイトで期待する効果や出すためにはSEOやコンテンツマーケティングの豊富な知識が必要になります。

こういった知識は本業以外の知識が必要となり、幅広い業界のライティングやwebサイト制作を行っている、編集プロダクションや制作会社の方が圧倒的にノウハウを持っているため、自社でコンテンツを更新しても検索順位が上がらず、アクセス数や売り上げなどといった数字に繋がらなくなってしまいます。

Contents

記事作成・ライティング代行は「編集担当」がいる業者を選ぶべき理由を大公開

企業でSNSやサイト運営、コンテンツの作成を担当されている多くの方は、コンテンツ作成やライティングに対して悩みを持っています。

しっかり作り上げたコンテンツでも、なかなかアクセス数が伸びず、競合他社の勢いに負けていると感じることが多々あると思います。

ライティングをする際の注意点は、コンテンツを作る上で、ただ単に「発信したい内容を書くだけと言うのは間違い」ということです。

ただ発信したい内容を記事にしているだけでなく、多くの人に読んでもらい、商品を買ってもらうなどの「結果が伴うこと」が非常に大切です。

企業でSNSやサイト運営を任されている担当者から記事作成において多く聞かれるのが、

  • 「何を書いていいか分からない」
  • 「どう書けばいいか分からない」

という声です。日々の業務の合間にライティングの技術を磨くのは至難の業です。

そして、更にライティングをする上で大切なのは技術だけでなく、対策KWの選定や戦略も大切です。それで初めて結果が伴ってきます。しかし、それらを一人でやろうと思うと限界がありますので、「編集担当やSEO担当がいる記事作成代行業者」に発注することで、戦略的かつ品質も担保されたコンテンツを手に入れることができます。

ライティング代行に編集担当のいるメリット

「クラウドソーシング」を使って、多くのライターと接することができます。クラウドソーシングの良いところは、1コンテンツから発注でき、ライターのスキルに応じて予算を決められるという点にあります。その為、コストを抑えて発注することも可能。

しかし、1コンテンツずつの発注もしくは複数コンテンツを発注したとしても、ライターによって書き方が変わりますので、各コンテンツにバラツキが出てしまいます。

また、クラウドソーシングは手軽ですが、ライターの選定、契約、納品されたコンテンツの校正やコピーコンテンツのチェック、報酬の支払いなど、ライティング以外の手間が非常に多くかかります。

そこで、ライターステーションのような「編集担当がいる」場合は、その面倒な作業を一手に担うだけでなく、品質も担保されます。

また、企業の方向性やどういった結果を望むかといった要望に沿った戦略を立て、サイトの状況から、最適なキーワードを選定、ユーザーの検索行動に即したシナリオを基に、構成の作成やライティングまで全て行うことができます。

ライターステーションのライティング代行の特徴

ライターステーションは、5000を超えるメディアの制作・運用実績を誇る「コンテンツ制作のプロ」。ライターステーションには編集担当者がいますので、運営中のサイト全体の戦略立案・品質向上を目指すことができます。そして、コンテンツの作成や更新といった作業だけでなく、アクセスなどを分析し、PCDAを意識して改善を行えるため、通常のコンテンツを納品するタイプのライティング代行と違い、サイト運用自体も代行することができます。

このように、単なる「記事作成・ライティング代行」というだけでなくサイト全体を見て、戦略を立て、必要な手を打っていく、SEOで上がる「ユーザーに届くコンテンツ」を作り上げることがライターステーションのライティング代行ならできるのです。

ユーザーに届くコンテンツはアクセス数が増えるだけでなく、売り上げなどにもしっかりつなげることができるのです。

そして、ライターステーションでは、サイトにアクセスしたユーザーが、サイト内でコンテンツを読み、「商品を購入または契約をする」ということを促すだけでなく、任意のサイトへ誘導するなど、様々な方法で望む結果に対して最適なコンテンツを提供することができます。

運営サイトのアクセス数やコンバージョンに伸び悩んでいる場合は、是非一度ライターステーションにご相談ください。

ライターステーションの記事作成代行・ライティング代行には「結果」を出す仕組みがあります

企業が運営するウェブサイトやSNSは、社の知名度や商品の認知度アップ、売り上げアップなどが目的として行われていることがほとんどです。
では実際に、コンテンツを作成し、結果へ繋げるためにはどんな方法をとる必要があるのでしょうか。

「発信したい内容」をひたすらアップし、リスティング広告を出すなどの方法をとる企業もたくさんいます。しかし一方で情報が一方通行になり、思ったほど多くのユーザーに見てもらえなかった、ライティングの手間や広告などに投資した金額に見合っていないという悩みを抱えている企業は少なくありません。

  • 「たくさんのユーザーを集めるコンテンツとはどんなものか」
  • 「たくさんのユーザーを集めるためのコンテンツに必要なものは何か」「またそのユーザーを訴求させるために必要な情報はなにか?」

を熟知しているライターステーションなら、ライティングに関わる手間や、広告などのコストをかけずとも、多くのユーザーが集められるコンテンツを提供する事が出来ます。

では、たくさんのユーザーを集め、アクセス数や売り上げにつながるための「結果を出せるコンテンツ」には、どのような要素が必要なのでしょうか。

各方面のプロがタッグを組んで結果を出す!その仕組みとは?

ライターステーションでは、「編集者」、「Webマーケッター」、「SEOアナリスト」在籍しております。この三者が一体となり、お客様にとって魅力的な市場を選定、ターゲットとするユーザー像の特定、そして競合他社との差別化を図ることで、お客様にとってベストな結果を導くのです。 プロの知識を合わせ、最適なキーワードを選定します。

その後ターゲットとなるユーザー層の心をつかむ「ペルソナの設定」構成に関する方針を立て、運用面やサイトの問題点の改善という角度からも考察し、戦略を立てます。

ペルソナ設定と戦略事例

その結果サイトのフルリニューアルになる場合でも、5500サイトの制作実績があるライターステーションなら訴求力のあるサイトに生まれ変わらせる事ができます。

つまりライターステーションのライティング代行ならライティングに関することだけでなく、サイトのインターフェースからの訴求力の向上も図ることができるのです。

更にサイトの更新についても対応が可能なので、Googleのアルゴリズムの変動にも柔軟に対応していくことができます。

単に原稿を納品するだけではなく、サイトの構造に合わせた流し込みもできますので、ご希望や目的に応じて対応する事が出来ますので、より効率的で効果的なサイト運営を行うことが可能となります。

医師や弁護士などの専門家の査読・監修も可能

現在のwebの状況はひとつのサイトで一つのメッセージを送るメディアを作ることがGoogleのアルゴリズムでもユーザーの欲する情報でも求められております。

つまり多くの企業が複数のサイトを運営している状況です。そのため専門性の高い競合サイトの数が増加傾向にあります。インターネット上に記事があふれていることから、ユーザーは「自分にとってどの情報が有益なのか分からない」という悩みを持っています。さらに、googleのアルゴリズムには専門家の情報発信を優先的に評価する動きもあります。

そんなユーザーの悩みを解決する方法として、「専門家の監修」など、より専門性・信頼性の高い記事が好まれる傾向があります。

また、医療系や美容の記事は2018年に改正された「薬機法」や「医療広告ガイドライン」に則ったコンテンツを作成する必要がありますので、相応の知識も必要となります。

しかし、企業の担当者だけでこれらを網羅した上でのライティングは到底難しい。

そこで医師や弁護士といった専門家の査読・監修も可能で、かつ、しっかりとした知識や技術を持ったライターが在籍するライターステーションに任せるのがベストです。

また、専門家の査読・監修に限らず、エビデンス(証拠)を重視したライティングも可能ですので、サイトの目的や方向性に合ったコンテンツを提供することができます。

ライターステーションに問い合わせる






「記事作成・ライティング代行」とはどんなことを依頼できるの?

「記事作成代行・ライティング代行」というとどんなことを想像しますか?ただ単にサイトに掲載するコンテンツ作成を代行してもらうだけというイメージがありますが、ライターステーションのライティング代行は違います。サイトの問題点や改善点、コンテンツ作成の代行など、目的に応じたサービスを提供します。それにより、無駄な手間や広告費をかけることなく、より結果を出すためのコンテンツを手に入れることができます。

「自社の社員がサイト運営を行えばコストはかからない」と考えている企業もいますが、実際に成果を出すためには専属のSEOアナリスト、webマーケター、編集者やwebディレクターが必要となります。成果をだすためのコンテンツを作るためには膨大な人件費がかかってしまうのです。

そして、ライターステーションはコンテンツライティングだけでなく、サイトへの流し込みや更新などといったサイト運営もできます。それにより空いた「担当者の時間」は、本業への貢献やオフラインでの広告活動に専念できますので、多くの企業に喜ばれています。

サイトの更新が負担になって他の業務が滞ってしまっているという方や、やり方が分からずサイトの更新が滞っているという場合は、ぜひ一度ライターステーションの「ライティング代行」を検討してみてはいかがでしょうか。

「ライティング代行」で依頼できるライティングの種類をご紹介

「ライティング代行」というと「コンテンツライティングの委託」というイメージがありますが、実は、さまざまな種類があります。例えば、

  • 採用
  • LP(ランディングページ)
  • EC
  • メルマガ
  • SNSライティング
  • オウンドメディアライティング

など、いろいろな種類がありますので、サイトの担当者様が何名いらっしゃるかや、担当者様のスキルレベル、今後力を入れていきたい分野など、企業の方向性やサイトの方向性、目的などに応じてご希望にそった「ライティング代行」の内容をお選びいただくことができます。それでは、ライティング代行の種類について、それぞれ簡単にご説明させていただきます。

商品やサービスの種類を紹介するライティング

商品やサービスを紹介しているサイトはたくさんありますが、その中でも「売れるサイト」や「人が集まるサイト」とそうではないサイトがあります。その大きな違いは、「ユーザーの温度感とアピール方法がマッチしているか?」という点です。商品やサービスを紹介するライティングの場合、ただ単に商品やサービスの特徴や売りを紹介するだけではなく、その記事を読んで「買いたい!」と思ってもらえる事が大切です。そのようなライティングをセールスライティングと言います。

セールスライティングができるかできないかによってユーザーの反応は大きく変わります。商品やサービスを売るうえで、セールスライティングはそれほど重要なものです。

セールスライティングをするためには、知識や技術が必要となりますが、企業のサイト運営の担当者さんが、日常業務をこなしながら勉強し、技術を身につけて行くには無理があります。

ライターステーションには、セールスライティングができるライターが多数在籍し、前述の通り、戦略から考える編集者等がいます。戦略から考えたユーザーアプローチによる商品やサービスの売り上げアップに貢献いたします。

採用に関するライティング

近年、「求人募集をかけてもなかなか人が集まらない」という悩みを持つ企業が増えています。

もともと人が集まりにくい業界や人材の動きが激しい業界はなおのこと。実際に求人募集をかけてから、採用に繋がるためには、その求人募集が多くの人の目に触れる必要がありますが、求人ポータルサイトや、自社のホームページの場合不特定多数の人に見てもらうため、本当に企業が欲しい人材、自社とマッチした人材にアプローチを直接かけることは非常に困難です。キーワード選定から考えたライティング代行なら、欲しい人材に合わせたアプローチ方法が可能になるので、「狙い撃ち」をすることも可能です。

無事採用へ繋がったとしても、すぐに離職となっては意味がありません。

離職する人の多くは、入社前に業務内容を理解していなかったことにより、「思っていたものと違った」と感じてしまうことが大半です。その為、求人の内容をしっかりと理解し、更に企業の特徴や業種・お仕事の内容についてしっかりイメージができるようにするということが重要になってきます。

求人募集をしてもなかなか人が来ない時、採用条件を見直すことも大切ですが、ターゲット層により見てもらえるコンテンツ校正やテキストを意識する必要があります。

しかし、ターゲット層を狙い撃ちするためのライティングは、技術や知識が必要。

ライターステーションでは、運営する求人系メディアのノウハウを活かし、あらゆる企業・業種の採用をお手伝いすることができます。

LP(ランディングページ)

インターネットでの集客や売上向上、ECサイトの運営を行う多くの企業は、LP(ランディングページ)を作っているところがたくさんあります。しかし、「思うほどの効果が見えない」「売り上げにつながっていない」という悩みを持っている企業も多いのではないでしょうか?

売れる・売れないの大きな違いは、LP(ランディングページ)の内容によって変わります。

その為、LP(ランディングページ)を変えるだけで売り上げなどの数字が劇的に伸びるという可能性もあります。

LP(ランディングページ)を作り、リスティングやSEO対策を行っている企業様の場合でも、そのLPがどのターゲット層にリーチしているか?そしてそのリーチしたターゲットを振り向かせる構成とテキストができているか?がうまくマッチしておらず、一般的なLP制作戦術-たとえばPASONAの法則やBEAFの法則など-に頼ってしまい、競合と同じようなページになってしまっている場合が多いです。

ライターステーションでは、数多くのメディア運用とその訴求ページの制作実績から得たノウハウを活かし、より売り上げにつながるLP(ランディングページ)を作成することが可能です。

そして、既存のLP(ランディングページ)の問題点を分析し、ページの見せ方やライティングの内容を改善したりすることで、より効果の表れやすいページへの改修もお手伝いすることができます。

またLP(ランディングページ)を持っていない企業の多くが、「サイトがあればランディングページ不要なのでは?」と考えています。

確かにリスティング広告からのリンク先をサイトにすれば、LP(ランディングページ)は不要かもしれません。しかし、せっかく広告費をかけているのでより売り上げに繋げていきたいところです。その為に、広告をクリックをしたターゲット層にマッチしたLP(ランディングページ)を作り、ターゲット層に合った情報を提供することでより売り上げに繋げていくというところがLP(ランディングページ)の意義です。

ライターステーションでは、培ったノウハウを活かし、お客様のサービスや商品、ターゲットに合ったLP(ランディングページ)の作成することができます。インターネット上での売り上げをアップしたいと考えている企業様は、ぜひ一度ライターステーションにご相談ください。

ECサイト

最近「ECサイト」という言葉をよく聞くと思います。ECサイトとは、Amazonや楽天市場や自社ショッピングサイトでパソコンやスマートフォンなどからサイト上で商品の売買が行えるサイトの事を指します。

どのサイトでもただ商品を並べる、価格を安くするだけでは勝負になりません。ユーザーはあくまでもその商品が自分にとって必要なものかどうか?から判断をしているからです。

そのため、たとえ商品の紹介だけでもユーザーにどうアプローチするべきなのか?というのを考察する必要があります。

ECサイトのライティングには景表法や各業界の関連法規に抵触しない書き方も求められます。

その為、商品を作るだけでなく、サイトの運営に力点を置く必要が出てきます。

ライターステーションでは、どんなイメージにしたいか、どんな方向性にしたいかなどを企業様としっかり相談をした上で、売上向上のに繋がる記事作成のお手伝いをいたします。

メルマガ用のライティング

最近はあまりメールを使わないという人も増えていますが、それでも現在もメルマガによるマーケティング手法は多くの企業に注目されています。

それは、「任意のタイミングで相手に直接情報を伝えられる」という点と、「複数回にわたって商品の魅力や伝えたい情報を多くの人に発信できる」という点が大きな魅力です。

しかし、そこで多くの人にしっかり読んでもらうために重要なのが「読んでもらうための文章力」です。

現代人は仕事に家庭に趣味と、忙しくしている人が多いため、少しでも興味がなければ読んでくれません。

また、興味はあるものの、「文章が重すぎて読むのが大変」という場合も、最後まで読んでもらえない要因の一つです。

要するに、「忙しい人でも読みやすく、要点を抑えたライティング」が必要となりますが、それをいきなりやろうとしても容易ではなく、結果的に記事作成代行業者やメルマガ代行業者に依頼するケースも少なくありません。

メルマガからの集客をアップしたいと考えている企業様は、ぜひ一度ライターステーションにご相談ください。

SNSライティング

多くの世代がSNSを利用しています。SNSは集客ツールとしてもブランディングメッセージを伝えるツールとしても注目されています。

SNSを利用して知名度をグンとあげた企業や、知名度が低い小さな会社でも、SNSからの集客に成功し、急成長を遂げている企業も存在します。

その多くが「たまたま当たった」と思われがちですが、実際はしっかりと顧客心理を考えてライティングしている企業がほとんどです。

SNSを利用する場合、無料でアカウントを作って地道に集客する方法や広告費を払って多くのユーザーの目に留まるように仕組む事もできます。

経費を使う場合も使わない場合も、共通して言えることは多くの人に読んでもらうためには「文章力」が必要だということ。

そして意識したいのが、「SNS用のライティング」というポイントです。

SNSを仕事に使っている人も多いですが、趣味の一環でリラックスをしながら利用する方がほとんどですので、そういった人の目に触れ、読んでもらえるような技術が必要になってきます。

また、SNSは拡散力も強いため、他の人にシェアをしたくなるような内容を発信することも大切です。

SNSを使った集客を始めてみたいと考えている企業様や、既に始めているものの、効果が感じられないという悩みをお持ちの企業様は、戦略から投稿方針まで一緒に考えるライターステーションにぜひご相談ください。

オウンドメディアライティング

オウンドメディアとは、「自社で運営するメディア」を指します。本来はECサイトや自社サイトも含めたすべてを指しますが、「自社で運営する情報サイト」という意味合いが強くなっています。

多くの企業が進出しているオウンドメディアには、どのような魅力があるのでしょうか。

インターネットをよく利用する若い世代は、日々多くのサービスや商品を目にしています。

人には聞けない悩みや、「もっと知りたい」という情報を糸口に、商品やサービスとのファーストコンタクトの場としても利用できるのがオウンドメディアです。

リスティング広告のように、売ることを目的とした内容には興味を示してもらえなくても、情報を発信しながら商品やサービスの良さを説いた記事であれば素直に読めるという人もいます。

SEOも意識しながら検索数の多いキーワードで検索上位が狙えれば、オウンドメディアへのアクセス数もうなぎのぼりとなりますので、集客効果は抜群です。

自社サイトの事業概要を含めたライティング

商品やサービスを知ってもらうだけでなく、自社の事業内容を多くの人に知ってもらい、発信するために重要な自社サイト。いわゆるコーポレートサイト。

普段使っている商品や、多くの人に人気があるサービスのルーツや、どのようにして製造されているかなどを通して、より製品やサービスへの理解を深めてもらうのも大切なマーケティング。

しかし、従来のような硬い文章の事業概要だと、なかなか読んでもらうことはできません。

そこで、多くの人が読みやすく、最後まで読みたくなるような書き方をすることが大切です。

伝えたいポイントを抑えつつ、読みやすい文章、最後まで読みたくなるような仕掛けというのは、いきなりできるものではありません。

訪問したユーザーにわかりやすく説明することが非常に重要になります。

記事作成代行・ライティング代行業者の特徴とサービスについて

記事作成・ライティングの代行を行う業者はたくさんあります。

フリーライターからライティングのみの代行を行う会社、クラウドソーシングサイトを利用してのライティング依頼、ライターステーションのように、コンテンツライティングからサイトが抱える問題点の改善や、サイト運営まで行える業者などがあり、それぞれにメリットやデメリットがあります。

クラウトソーシングを利用したライティングの場合、

  • 低コストで依頼ができるが、品質にばらつきがある
  • ライティングしか依頼ができないので、サイト運営も任せたいとなった場合、別の会社に依頼しなくてはならない

上記のような特徴がありますので、目的や予算に応じてどの業者にどんな内容を依頼するかを検討する必要があります。

効果を上げたい、とお考えなら、ライターステーションのようなサイトが抱える問題点の改善を含む、「サイト運営」まで行うことができる業者に依頼するのが、最適と言えるでしょう。

「ライティング代行」が依頼できる業者比較

「もっとアクセス数を増やしたい!」や「もっと売り上げにつながるサイトにしていきたい!」という目的がある場合は、「ライティング代行」を利用するのが最適。

しかし、実際にライティング代行を依頼をする場合、「どこの会社がライティング代行を行っているのか」や、「どんな会社でどのようなサービスを行っているか」をしっかりリサーチすることはとても大切です。

クラウドソーシングやSEOライティングに強い会社、ライティング代行の「ライターステーション」のといった種類の中で、どんなサービスを期待するかにもよって選択する会社が異なってきます。

クラウドソーシングの場合は、企業と直接やり取りをするのではなく、登録しているライターに直接執筆を依頼をすることができます。それにより、低コストでライティングを依頼することができます。

他にも、コンテンツライティングの代行を行う業者もあります。こちらは、業者と直接契約し、SEOライティングなどのコンテンツを依頼することができます。

ライターステーションのライティング代行は、ライターステーションを契約し、目的に応じてコンテンツの作成のみやサイトの運営など、ご希望の範囲でライティング代行を行うことができます。

ライティング代行を行っている会社は、ライターステーション以外にもたくさんありますので、その中でも代表的なタイプをいくつかピックアップし、それぞれのメリットやデメリットについてまとめました。

ライティング代行を依頼できる業者には、大きく分けて3つの種類があります。

まず1つ目は「ランサーズ」や「クラウドワークス」などに代表される「クラウドソーシング」です。フリーライターや副業ライターなどと直接契約をすることができます。

そして2つ目は「shinobiライティング」などに代表される「SEO特化型ライティング」です。契約自体は業者としますが、ライティング自体はクラウドソーシングで行われます。

最後の3つ目はライターステーションなどの「ライティング代行」。一定の基準をクリアしたライターによるコンテンツライティングや、戦略を立てたうえで目的に応じたサイト運営まで依頼することができます。

クラウドソーシング
  • 発注者側の支払い手数料が基本無料の場合が多い
  • 多くのライターが在籍している
  • ライター募集にあたり、有料施策を打つ必要がある。
  • 個人との契約なのでライター蒸発といったトラブルが起こる可能性がある
SEO特化型ライティング
  • 記事から発注することができるので手軽
  • クラウドソーシングに依頼するため品質にばらつきがある
ライターステーション
  • ライティングの代行からサイトの運営に至るまでトータルサポートが可能
  • セールスライティング、SNSライティング・運用も可能
  • 他に比べて納期が長くなる場合がある

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などで有名なクラウドワーカーとお仕事を発注したい企業とを結ぶサービスです。ライター初心者からプロまで多くのライターが登録しています。その為、発注したいお仕事に合ったライターを探すことができ、更にライターと直接交渉するため、コストを抑えることも可能です。

クラウドソーシングの場合、運営会社に手数料を支払う必要がありますが、ライターさんの報酬から一定の割合が引かれる仕組みとなっていることが多いため、発注側の手数料が無料の場合が多いといったメリットがあります。

しかし、個人との契約となりますので、「連絡がつかなくなってしまった」や「納期に間に合わない」などのトラブルが発生する可能性があるため、この辺りを大きなデメリットと捉えている企業はたくさんいます。

また、発注の際にルールやマニュアルの作成が必要となり、各ライターへの配布や説明が必要なだけでなく、質問対応をしなくてはならないので、発注しているとはいえ、人的リソースを割く必要もでてきます。

代表的なサービスとその特徴

クラウドソーシングのライティングジャンルでの代表的なサービスは、オウンドメディアライティングやブログ記事の作成、セールスライティングや既存の記事を書き直す「リライト」などの発注可能です。

多数のライターが在籍している関係で、各ライターのスキル差が大きく、よりスキルの高い、高品質の記事を発注したい場合は、その分コストが高くなる傾向があるという特徴があります。

また、クラウドソーシングにはライティング以外のサービスもありますので、サイト作成に関するものや、保守点検などを外注するという事も可能です。

ただし、ライターとサイト作成系では、それぞれのクラウドワーカーとの契約が必要となるため、「クラウドワーカーの管理」という作業も必要になるという特徴があります。

個人との契約となりますので、各クラウドワーカーとの連絡を密にしたり、契約や支払い、納期の管理や品質チェック、コピーコンテンツのチェックなどを行うことができる企業にとっては相性がよいかもしれません。

SEO特化型ライティング

SEO特化型ライティングとは、「shinobiライティング」などが有名です。クラウドソーシングのように個人と契約をするのではなく、業者と契約をするため、不要なトラブルを回避できるというメリットがあります。実際のライティングはクラウドソーシングに依頼するため、ライターによっては品質にばらつきがあります。その為、発注をする際は、できるだけ同じ品質で仕上がるよう、「指示書」を丁寧に作りこむ必要があります。その分コストは抑えられるのですが、高い品質が求められないということと、指示書作りに手間がかかってしまうというデメリットがあります。ただし、SEOに特化したライティングを売りにしていますので、サイト運営とキーワードの選定など、自社で戦略が立てれるものの、ライティングをする時間がないという企業であれば、良いでしょう。

ただし、発注する記事数が多くなるほど、ライターによる各記事のばらつきが目立ってしまう可能性があるため、発注時の工夫が以下にできるかが肝心です。

代表的なサービスとその特徴

SEOに特化した記事の作成代行が主なサービスとなり、コンテンツの作成を業者に頼んで、別の業務に時間を割いたり、作業の手間などを軽減させたいと考えている企業向けのサービスです。管理しているサイト数が多い場合や、たくさんの記事をアップしていくほど、ライティングに時間がかかってしまうので、空いた時間でサイトの整備等も可能です。

また、SEOに特化しているため、SEOを強化したいをいうニーズにもマッチしています。

ライティング自体はクラウドソーシングで行うため、様々なジャンルに対応ができるだけでなく、文字単価も安く、大量の記事も短期間で納品できる場合もあるという特徴があります。

運用代行も出来るライティング

運用施策例

運用代行もできるライティングとは、「ライターステーション」のように、発注されたテキストを納品するだけのライティングだけでなく、サイトの問題点の解析や改善なども含めたサイトの運用代行も行える業者を指します。

ライターステーションでは、一定の基準をクリアしたライターのみが在籍しているため、高品質の記事を提供することができます。その為、クラウドソーシングなどのように、記事の品質のばらつきを最小限にすることができるので安心です。

また、ライティングやサイトへの記事反映も含め、サイト運営丸ごと任せたいというご要望にもお応えできます。

ただし、品質の高い生地を提供するため、クラウドソーシングなどのように短い納期で仕上げることが難しい場合もあるというデメリットがありますが、できる限りご要望に副えるよう対応可能です。

代表的なサービスとその特徴

運用代行もできるライターステーションの場合は、多くのジャンルに対応したSEOライティング、セールスライティング、エビデンスに基づいた専門的なライティング、ご希望に合わせて医師や弁護士といった専門家の査読や専門家が監修したライティングなど、ニーズに合ったライティングを提供することができるという特徴があります。

その他にも、SNSライティングやオウンドメディアライティング、メルマガやといった目的に合わせたライティングもできますので、お客様の目的に合わせて発注していただけます。

また、ライティングだけでなく、サイトへの記事流し込みや更新作業までをお任せいただくこともできます。

そしてご希望に合わせてサイトの問題点を分析し、お客様にとってベストな市場の選択など、戦略を立て、問題点の改善や目的に応じたトータルサポートができるという点も大きな特徴です。

将来的に自社サイトを成長させ、大きな成果を出したいと考えている場合は、現在サイトが抱える問題点の分析、そして目標達成のための戦略も含めた「サイトの運用代行」がおすすめです。

記事作成代行・ライティング代行はライターステーションにお任せください

コンテンツライティングを行う上で重要なことは、ライティングに関する高い技術や知識があるかということと、問題点を分析し、より確実に結果を出せる「サイト運営のノウハウ」をしっかり持っているかということです。

ライターステーションでは、一定の基準をクリアした専属のライターによる「品質が担保された記事」だけでなく、5500を超えるサイトの制作・運営の実績から得たノウハウで、お客様のサイトの問題点を分析し、より確実に結果を出すためのお手伝いをします。したいと考えている場合は、ぜひライターステーションにお任せください。

ライターステーションに問い合わせる






シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ライターステーション事務局

Blogger : ライターステーション事務局

ライターステーション事務局公式アカウント