キャリアプランはあらかじめ計画的に!

ライティング代行

コンテンツマーケティングで見込める効果とは?

コンテンツマーケティングという言葉自体が日本でも普及してきたと感じる人も多いのではないでしょうか。しかし、コンテンツマーケティングという言葉自体を知っていても、内容についてまで理解している人は少ないです。そこで今回はコンテンツマーケティングで期待できる効果について解説していきます。

コンテンツマーケティングとは?

コンテンツマーケティングとは企業がWEBサイトやSNSなどを利用して顧客のファン化を図る手法です。自社商品やサービスに関連する情報を提供することにより、顧客もしくはこれから顧客になり得る人を獲得していくマーケティング戦略といえるでしょう。

ここではコンテンツマーケティングで成果を出している企業について紹介をしていきます。成果を出している企業をヒントに自分の事業に応用できないか考えてみましょう。

コンテンツマーケティングで期待できる効果

コンテンツマーケティングを正しく用いれば、企業が抱える問題の解消に役立つのです。コンテンツマーケティングを用いることでどんな効果が期待できるか紹介していきます。

人員不足の解消

極端なことを言えば、コンテンツマーケティングがうまく運用できれば営業マンは不要となるのです。これは取引業態がB to BであってもB to Cでも関係ありません。

多くの顧客は商品やサービスを購入・利用する前にインターネットで情報収集をします。そこで顧客は商品の知識を得るのです。したがって、営業マンが訪問をして商品やサービスのメリットについて説明するといった工程を、コンテンツマーケティングを導入すれば省くことができるようになります。

これまで営業担当者が行っていたことをデジタルコンテンツ化することで、営業に割く人的・時間的リソースを節約することができるのです。

コンテンツを更新し続ければ、顧客の関心も保てるので定期的な訪問も不要と言えるでしょう。顧客の方から興味を示し、訪れるようなコンテンツを用意することで顧客との関係も維持し続けることができます。

取引先の拡大

インターネットを利用すれば文字通りコンテンツを世界中に発信することが可能。自社商品やサービスが顧客のニーズを満たしていれば、海外からもオファーが届くかもしれないのです。

もちろん海外からだけでなく、国内でも多くの人に認知してもらえるのは間違いないでしょう。全国展開していない企業であっても、インターネット上で商品やサービスの紹介ができれば、今まで人的リソースの関係上展開できていなかった地域への進出ができます。

自社のファンを増やせる

コンテンツマーケティングを活用すれば自社に興味を持つファンを増やすことができます。
たとえば農家がコンテンツマーケティングをしたと仮定しましょう。農家であれば育てた作物が商品となります。

これを売るために自ら育てた作物の調理レシピを公開するのです。公開するコンテンツの掲載方法はテキストと写真でもいいですし、動画で公開するのもいいでしょう。

このコンテンツを見た人は、同じように料理を作るようになるかもしれません。コンテンツ内では自分たちが育てている作物を使用し、他社との違いをハッキリと出しましょう。

この料理を気に入った人は、今後も自分たちの野菜を購入してくれるファンとなってくれる可能性が出てくるのです。

これがコンテンツマーケティングによるファン作りになります。一度コンテンツを公開してしまえば、販売実演をする必要もありませんし試食会などを開く必要もありません。

一度ファンとなった人は継続的に自社の商品を購入してくれる顧客へとなってくれるのです。

営業活動のひとつになる

先ほどの例でも述べたように一度コンテンツを公開すれば、販売実演や試食会などを開催する必要はなくなります。また業種によっては展示会を行っていたかもしれませんがそれも不要となるのです。

インターネットが普及し、またスマートフォンを多くの人が持つことによって、いつでも自分が欲しい情報を手に入れられるようになりました。

そのため現在では購入検討者が複数の情報を比較と検討をした上で問い合わせをするフローとなっていることが多いです。たとえオフラインで商品やサービスを知ったとしても、購入前にはWebサイトやSNSで情報収集をして確認するのが当然となっています。

このような消費者あるいは購入検討者の消費活動の変化に合わせたコンテンツが用意できれば、自社商品のPR段階で他社と差別化できるのです。

ブランドの強化

自社商品の特徴や仕様に関する情報だけでなく、自社の強みを活かした知識やノウハウをコンテンツ化して公開することで、企業としての信頼性やブランド力を強化することができます。

たとえば不動産会社がコンテンツを作るなら、地元に密着した内容がいいでしょう。自社保有物件の周辺環境などについて、紹介すれば地元に詳しいことがアピールできます。
また営業エリアの土地をアピールできれば、そこに住みたいと思ってくれる人が出てくるかもしれません。

他にも住宅情報だけでなく、物件選びのポイントや専門用語の解説などをすると知識豊富なことを示すことができます。

このように自社の特徴や性格をアピールすることで、ブランドを強化することもできるのがコンテンツマーケティングのポイントです。

売上アップを狙える

コンテンツマーケティングを活用すれば、認知度や販路を広げていくことができます。またブランド力を強化することで、売り上げのアップもできるのです。

今まで商品やサービスを知らなかった人たちに知れ渡ることで、新たな顧客を獲得できます。

コンテンツマーケティングの記事とブログの違い

コンテンツマーケティングの記事とブログ記事の違いは、視点が自分視点か相手視点かの違いです。

ブログ記事ではどうしても自分が書きたいことが優先されてしまっています。これでは記事を読みに来た人にとって有益な情報になりません。これが芸能人やスポーツ選手などの有名人なら、自分のことを書くだけでも十分コンテンツとして成立します。

しかし、コンテンツマーケティングにおけるコンテンツでは、見込み客である人に興味を持たせる・悩みを解決してもらうことが重要。

問題解決型のコンテンツならSNSで拡散されて評判になることもあります。また検索エンジンを使用して調べるときは、知りたいことがあるときに利用するのがほとんどです。
そのときに問題を解決できるコンテンツを用意しておけば、見込み客の目に留まることがあるかもしれません。

この問題解決型コンテンツこそがブログ記事との違いと言えるでしょう。相手が困っていることに対して解決策を提案するのがコンテンツマーケティング記事の特徴です。

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングを実施していく上ですぐに結果が出ないことや、継続的に発信をしていかなければならないことがデメリットとして挙げられます。

それでもコンテンツマーケティングを始めるメリットは多数あるのです。ここではコンテンツマーケティングを始めるメリットを5つ紹介していきます。

コンテンツが資産になる

マスメディアを利用したテレビCMやWeb広告は、掲載期間が終わってしまえば人々の目に触れることはなくなってしまいます。

その点コンテンツマーケティングの一環としてWeb上に公開したコンテンツは、半永久的にユーザーの目に留まるのです。そしてWeb上にコンテンツを公開し続けていけば、公開しているサイト、SNSアカウントの評価が上がっていきます。

Webサイトならロングテールキーワードを積み重ねることでアクセスを集めることもできるのが特徴です。ロングテールキーワードとは複数の単語を掛け合わせたニッチなキーワードを指します。

検索数が少ないため、競合が激しくないので初めてWebサイトを立ち上げるならロングテールキーワードをターゲットに記事を作成していくといいでしょう。

導入のハードルが低い

コンテンツマーケティングを始めるのに必要なのは優良なコンテンツと、それを公開する場所だけです。

Web上にテキスト記事を公開したり、現在ならSNSを展開したり動画を公開するのもコンテンツとして成立するでしょう。

とにかく自社の潜在顧客が求めていそうな情報やコンテンツを発信してみるといいでしょう。そのあとに解析ツールを用いて反応を見ながら、コンテンツ内容を修正するなどしていくのがコンテンツマーケティングの醍醐味です。

広告を使うより費用が少なく、手軽に導入できることが大きなメリットだと言えます。

SNSとの相性が抜群

検索エンジンのアルゴリズムが頻繁に変化するようになった昨今では、SEO対策だけで見込み客を集めるのはかなり難しくなっています。

そこでSNSとの連携を強化していきましょう。Web記事や動画コンテンツは役立つものであったり、クオリティーが高いモノであったりすればユーザーによってTwitterやInstagramで拡散されます。

こうして拡散されたコンテンツは長期間にわたり、Web記事へとアクセス数を稼いでくれるようになるのです。

集客効率が良い

自社の商品やサービスをまだ購入・利用したことがない潜在顧客に対して少ない労力でアプローチを取れるのがコンテンツマーケティングのメリット。

売り込みをかける従来の営業スタイルではなく、関心を持っている人々が自然と集まってくるのです。見込み客を探し出す工程を省くことができるため集客効率が高いと言えます。

オピニオンリーダーになれる

自社の強みや専門分野を押し出した情報を発信し続ければ、Web上のコンテンツは積み重なっていきます。ある程度のコンテンツが揃えられれば資産となり、その分野の専門家としてのポジションを確立できるでしょう。

ある特定分野での専門家としての地位を確立できれば、新規の顧客からの信用を得ることにもなります。

コンテンツマーケティングを実施することで、オピニオンリーダーになれるのです。

オウンドメディアの運用は代行してもらえる

ここまで紹介してきたとおり、コンテンツマーケティングには様々なメリットがあります。昨今の人材不足問題を解消するために集客ツールとしてまずは展開を始めてみるのもいいでしょう。

しかしながら、コンテンツマーケティングの導入から成果が出てくるまでは時間がかかります。そのため限りある自社の人材を専属でオウンドメディアの構築に割くのは難しいでしょう。

そこで役に立つのがオウンドメディアの運用代行サービス。ノウハウを持っている専門家なので、高い効果が見込めます。

集客や人材不足に悩んでいるならば、まずは相談をしてみてはいかがでしょうか。

ライティング代行
ライティング代行
シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ライターステーション事務局

Blogger : ライターステーション事務局

ライターステーション事務局公式アカウント