ライティング代行

オウンドメディアの運用代行とは?

オウンドメディアを効果的に運営することで、自社の製品が売れるようになったり、認知度が向上したりと、その効果は多岐にわたります。当記事では、オウンドメディアについて、そしてオウンドメディア運用代行について徹底解説します。

そもそもオウンドメディアとは

オウンドメディアとは、「自社でもつメディア」のことを指します。自社サイトや、広報用サイトはすべてオウンドメディアに分類されます。

最近では、自社の情報発信を行う「ブログ」のようなサイトを意味することが多いです。他のメディアと組み合わせて運用することで、より幅広い層に情報を届けることができるようになるでしょう。 「ペイド(paid)メディア」「アーンド(earned)メディア」と合わせて、トリプルメディアと呼ばれています。

ペイドメディアは、ペイド(払う)という言葉の通り、企業が広告を払って広告を掲載するメディアのことです。また、アーンドメディは、消費者が発信するSNSやブログのようなメディアのことです。 従来は、企業が膨大な広告費をかけ、「ペイドメディア優勢」の時代が続いていました。

しかし、現代は、総合的に情報発信でき、顧客との信頼構築にも繋がる「オウンドメディア」に注目が集まっています。また、他の2つのメディアと組み合わせて運用することで、より効果を生みます。

他の2つと比較しながら、オウンドメディアを運用するメリット・デメリットをみていきましょう。

オウンドメディアを運用するメリット

オウンドメディアを運用するメリットは主に3つあります。

宣伝広告費を抑えられる

FacebookやInstagramなどのSNS利用したマーケティング活動も可能ですが、運用していくには定期的に更新する人手が必要です。 まずは、オウンドメディアを導入するのが賢明な判断でしょう。オウンドメディアを運用することで、自社の製品やサービスを世に広めることができます。自社で運営をまかなっているため、宣伝広告費を削減することができます。

サイトの資産化

一時的な広報としてだけでなく、サイトそのものが「資産」となります。 蓄積されたコンテンツ自体がぞれぞれ資産として活用できます。 一例として、過去のコンテンツに追記し、有料化することもできますし、ロイヤルカスタマー向けのメールマガジンとして情報発信することだってできます。それに加えて、営業する際の資料として使うこともできるでしょう。

顧客との信頼構築に繋がる

製品やサービスに関する有益な情報を伝えることで、顧客との信頼構築につながります。 また、製品やサービスだけでなく、社内の様子を垣間見ることができるコンテンツを作成することによって、「会社自体のファン」の獲得にも繋がります。オウンドメディアは、顧客との信頼構築に適したメディアと言えます。

オウンドメディアは運用を代行してもらえる

オウンドメディアの運用を代行してもらえます。 自社のリソースだけでコンテンツの企画・作成・更新といったプロセスを継続的に行うには、限界がありますよね。

コンテンツマーケティングやSEOを専門とする企業が代行業務を請け負っています。その道のプロに運用してもらうことで、より大きな効果を期待することができ、自社製品・サービスの売上アップに繋がっていくでしょう。

オウンドメディアの運用を外注するメリット

オウンドメディアの運用を外注するメリットは2つあります。

自社への負担軽減

オウンドメディアの運用にあたり、戦略立案・コンテンツ作成・コンテンツ更新など全てのプロセスを一任するため、自社での時間・コストが軽減されます。それによって、より本業へ人材を注力することができるようになります。

その道のプロ

SEOに強いコンテンツとなる SEOやWEBマーケティングのプロが運用することで、検索の上位にでるようなコンテンツに仕上げることができます。SEOに強いコンテンツにより、より多くの人々にコンテンツが読まれ、結果として自社製品やサービスの売上工場に繋がるでしょう。

オウンドメディアの運用を外注するデメリット

オウンドメディアの運用を外注するデメリットは主に3つあります。

コストがかかる

プロに業務を頼むことになるので、その分コストがかかってしまいます。 コストを抑えるためには「どこまで、外注するのか」を精査する必要があります。コンテンツの内容企画・戦略立案・コンテンツの作成など、どの段階をどれくらいの頻度で外注するのか、検討しましょう。全てを一任するのではなく、あくまで部分的に外注することで、外注コストを最低限に抑えることができます。

ノウハウが残らない

自社でオウンドメディアを運営する場合、時間の経過と共に、経験と知識が蓄積され、「ノウハウ」として残ります。 しかし、外注することにより、ノウハウは外注先のものとなります。外注先からコンサルティングを受けつつ、ノウハウをしていくもの一つの手でしょう。

専門知識がない

代行する業者は、「メディア運用するプロ」ではありますが、自社に関する製品やサービスのプロではありません。そのため、その分野における専門知識を有していない場合が多いです。 専門知識がないために、コンテンツ内容に不備が発生するリスクも考えられます。外注する際は、自社に関連した専門知識について、すり合わせる必要があるでしょう。

オウンドメディア構築の費用相場は?

オウンドメディア構築の相場は、デザインや必要とする機能によってさまざまです。価格帯によって、オウンドメディアとしての「質」が異なってきます。料金体制はわかりにくく、どれが「適正価格」なのか判断しにくいでしょう。

そこで、オウンドメディア構築の費用相場について、プロが徹底解説します。オウンドメディアの運営に長年携わってきたプロの知見をいかし、目的別に相場感をまとめました。それでは、オウンドメディア構築の費用相場について、解説していきます。

無料〜20万円以下の相場

できるだけコストを抑えてオウンドメディアをつくりたい方向けの費用相場です。発注先となるのは、CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)や中小規模の制作会社になるでしょう。制作期間は、1習慣から1ヶ月程度になります。制作後の運用費は、無料から1万円程度です。

WordPressなど無料のCMSを利用したものが大半を占めます。費用の内訳のほとんどは、CMSの設定となります。そのため、オウンドメディアの記事や画像などのコンテンツは、自分で用意する必要があります。デザインは、テンプレートデザインから選ぶことになるでしょう。デザインや質にこだわりがない方向けの費用相場です。

20〜100万円以下の相場

オリジナルデザインのオウンドメディアをつくりたい方向けの費用相場です。発注先となるのは、中小規模の制作会社となります。制作期間は、1ヶ月から2ヶ月程度です。機能面でいえば、Movable TypeやWorpressなど既存のCMSをカスタマイズしたものが多いでしょう。その一方で、デザインはオリジナルである場合が多いです。記事投稿などの基本的な昨日に加え、資料ダウンロード機能などの簡素なカスタマイズであれば、対応してもらうことができます。無料〜20万の費用相場と同じように、こちらの費用相場においても、オウンドメディア内の記事や写真などのコンテンツは自分で用意する必要があります。テンプレートデザインではなく、オリジナルデザインのオウンドメディアをつくりたい方向けの費用相場となっています。

100〜300万円以下の相場

オリジナルのデザインに加え、機能面にもこだわり、「戦略的な」オウンドメディアをつくりたい方向けの費用相場です。最もポピュラーな費用相場となっています。発注先は、大手制作会社もしくは中小規模の制作会社となります。制作期間は2ヶ月から4ヶ月程度です。

なお、運用費は5万円から20万円が目安となります。効果的なオウンドメディアに仕上げるには、さまざまな仕掛けが必要になります。例えば、特定のターゲット向けに、キーワードを選定し、検索で上位に上がってくるようなSEO対策です。

この費用相場では、デザインに加え、SEO対策や、セキュリティー対策といったより細部にこだわったオウンドメディア構築が実現します。オウンドメディアに関する経験や知識に乏しい場合は、機能面も含め、制作会社に一任するのが良いでしょう。

サイト構築だけでなく、事前のオウンドメディアを構築する上でのターゲット選定や、ゴール設定、それに基づいた調査なども今後の運営に大きく関わってきます。

自分の知識だけでは、補うのが難しい場合は、制作会社がサポートしてくれますので、安心してください。また、オウンドメディア内のコンテンツの一部は制作会社に対応してもらうことも可能になる費用相場です。「戦略的な」オウンドメディアを構築したい方向けの費用相場となっています。

300万円以上の相場

自社専用のCMSを開発したい方や既存のオウンドメディアを大幅にリニューアルしたい方向けの費用相場です。発注先は、大手制作会社や中小規模の制作会社となります。制作期間は、3ヶ月から6ヶ月程度です。なお、運用費は20万円以上が目安となります。

オウンドメディア の運用費用の相場

ここまでオウンドメディア構築費用について解説してきました。ですが、重要なのはその後の運用に関わる費用です。オウンドメディアは、制作後の運用によって「効果」が大きく左右されます。

他のメディアと比べ、特に運用が大切なメディアといえます。運用費の相場ですが、どの工程をどれくらいの量依頼するのかによって費用が大きく異なります。

オウンドメディアの運営ノウハウがなく、記事制作からアクセス開設までトータルサポートが必要になる場合は、月額30万円を超える可能性が高いです。

その一方で、すでに社内にノウハウがある場合は、セキュリティ対策などといった最低限のサポートのみとなるため数千円〜数万円に収まる場合が多いでしょう。それでは、運用費用の相場につい解説していきます。無料〜1万円以下の相場

費用を抑えて運用を依頼したい方向けの相場です。基本的には、サポート範囲は保守のみとなります。

1〜5万円以下の相場

有料のCMSを利用したい方向けの相場です。サポート範囲は、保守やCMS利用まで含まれます。発注先は、制作会社やCMSベンダーなどです。

5〜20万円以下の相場

簡単な分析レポートや改善に向けた運用アドバイスを依頼したい方向けの相場です。サポートの範囲は、保守・CMS利用に加え、レポートやアドバイスが含まれます。発注先は、制作会社やCMSベンダーとなります。20万円以上の相場

全面的に運用を依頼したい方向けの相場です。サポート範囲は、保守・CMS利用・レポート・アドバイスに加え、画像や記事などのコンテンツ作成やアクセス数をあげるためのコンサルティングなども含まれます。発注先は、制作会社やCMSベンダーです。

ライターステーションはオウンドメディアの運用代行に対応

ライターステーションでは、オウンドメディアの運用代行に対応しています。自社で運営するのは時間と手間がかかりますよね?自社での運営に限界を感じていませんか?本業とメディア運営を両立するのは、現実的に難しく感じてる方も多いのではないでしょうか。 ライターステーション独自の強みを活かし、お客さんの要望に柔軟に対応したオウンドメディア運用代行を行っています。

ライターステーションの特徴

ライターステーションのオウンドメディア代行には、3つの特徴があります。コンテンツ作成のプロ ライターステーションは、すでに5000を超えるメディアの制作・運用実績があります。コンテンツ作成には、高い実勢を誇り、まさに「コンテンツのプロ」です。

編集担当者がいるので、コンテンツの質の向上や、戦略立案ができます。 サイト運営ができるライターステーションでは、コンテンツの作成や記事更新だけではなく、サイト運営を代行することができます。

経験豊富なディレクターがサイト運営を行うことで、ターゲットに向け、効率よく、戦略的に情報発信することが可能になります。編集担当がいるコンテンツの制作のみを行うことで、コンテンツを量産し、情報量を充実させることは他の業者でも実現できます。

しかし、ただ単に情報を発信しているだけでは、効果的がありません。情報を発信するには、商品を買ってもらう、集客するなどの「結果を伴う」ことが重要です。ライターがコンテンツを作成し、「編集だけに特化した」編集担当がいることで、より精度の高い、コンテンツとなり、自ずと結果がついてきます。

「結果」を出す仕組みがある

実際に結果の出るオウンドメディア運営とは、どのようなものでしょうか? 結果を出す2つの秘策があります。

各分野のプロが対応

ライターステーションでは、編集・WEBマーケティング・SEO分析など、「各分野のプロ」が在籍するオールスターチームです。そのため、お客さんの要望に寄り添い、ターゲットの選定、競合他社との差別化、キーワードの選定などプロの知見を結集し、最適なキーワードを選定します。

すでに5500サイトの制作実績があります。ライターによるコンテンツの制作にとどまらず、ターゲットに訴求するサイト運営を行うことが可能なのです。

Googleのアルゴリズムは日々変化しています。しかし、ご心配は要りません。各方面のプロが在籍しているので、柔軟に対応することができます。 医師や専門家などの専門家の査読・監修も可能 現在は、多くの企業が複数のサイトを運営しています。

そのため、インターネット上では、多くの競合サイトで溢れかえっている状況です。そのような状況の中で、ユーザーは「自分にとって有益な情報がわからない」という悩みを持っています。ユーザーの悩みを解決するためにも、信頼のおける情報を提供することが重要です。

専門家による監修

「専門家の監修」により、情報の信頼性を担保すると共に、ユーザーに安心感を与えることができます。また、googleのアルゴリズムには、専門家の情報発信を優先的に評価する動きがあります。

特に医療系や美容の記事は2018年に法律が改正され、「薬機法」や「医療広告在ドライン」に則した記事が好まれる傾向にあります。 そのため、医療や弁護士といった専門家の査読・監修が可能であり、かつ、知識と経験が豊富なライターが在籍するライターステーションにお任せするのが好ましいです。

弊社でのオウンドメディアに少しでも興味をもたれた方は、お気軽にお問い合わせ下さい。 経験豊富なスタッフが迅速に対応致します。

ライターステーションに問い合わせる






シェア:
  • facebook_sns_icon
  • twitter_sns_icon
ライターステーション事務局

Blogger : ライターステーション事務局

ライターステーション事務局公式アカウント